バンナム新作『コードヴェイン』特異な能力を持つ主人公をおさらい

電撃オンライン
公開日時

 バンダイナムコエンターテインメントよりPS4/Xbox One版が9月26日、PC(Steam)版が9月27日に発売されるアクションRPG『CODE VEIN(コードヴェイン)』。本作に登場するキャラクターを、改めて紹介します。

 『コードヴェイン』は、強敵と危険が待ち受けるダンジョンに、バディとともに挑む探索アクションRPGです。崩壊を迎えた世界を舞台に、血を吸うことで超常的な力と人間性を保つ“吸血鬼(レヴナント)”と呼ばれる者たちのドラマが描かれます。

 本記事では、プレイヤーが操作する主人公についておさらいします。主人公は、プレイヤーがキャラメイクすることができ、自分好みの見た目にすることが可能です。

主人公

 閉ざされた地“ヴェイン”に残されたレヴナントの1人。血の渇きに抗い生き延びるためヴェインを彷徨う中で、同じ境遇に置かれた仲間たちと出会い行動をともにします。


血涙と血涙の泉

 主人公が持つ特異な能力の1つ“血涙の泉の再生”は、自らの血を与えることで、枯れ果て実を結ぶことのない血涙の泉に再び命を吹き込むことができます。


  • ▲主人公が血を垂らすと、枯れ果てていた木がまばゆい光とともに再生、再び血涙が実るように。

  • ▲主人公は各地に存在する“ヤドリギ”も活性化できます。この特殊な力の正体とは……。

 レヴナントの渇きを癒すことができる、人間の血の代替物となる“血涙”。堕鬼の血液は練血の発動などには活用できますが、血の渇きを癒すことはできません。

 閉鎖されたヴェインの世界に存在する人間の数は限られており、血涙の確保が吸血鬼が自我を保ち続けるために重要な鍵となっています。血涙は“血涙の泉”と呼ばれる植物に木の実のように実ります。

 つねに血の渇きに苛まれるレヴナントたちにとって、まさに生命線とも呼べる血涙ですが、瘴気の蔓延により血涙の泉が次々と枯れ、その入手が日々困難になってきています。


  • ▲“血涙の泉”に実る“血涙”。世界が赤い霧に覆われレヴナントたちが滅びの危機に直面した時、突如としてその姿を現したという。

吸血鬼の記憶の残滓

 主人公が持つ特異な能力の1つ“記憶の残滓”は、“血英”と呼ばれる吸血鬼の記憶の結晶に触れることで、その持ち主の記憶の断片を追体験できます。


  • ▲主人公が触れることで血英に残された持ち主の記憶が流れ込んでくる。その際にはかなりの苦痛が伴うようです。
  • ▲記憶の回想シーン。持ち主の視点からその時の記憶の断片が再生されます。
  • ▲“血英”。生死問わず、レヴナントたちの記憶の断片が結晶と化したもの。ヴェインの中に散見されています。

仲間たちの記憶

 探索の過程では仲間たちの喪われた記憶が明かされていきます。自らも忘れてしまった過去を知ったその先に待つ過酷な運命とは……。

  • ▲記憶を取り戻し、自らの想いの源流を知ったルイ。辛い記憶と向き合い探索を続ける決意をします。
  • ▲ルイの記憶の一端。彼がまだ学生だったころの記憶のようです。通っている先は何の施設でしょうか。
  • ▲凄惨な事件を思わせるシーン。彼も深くかかわっているようですが……。

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

CODE VEIN(コードヴェイン)

  • メーカー: バンダイナムコエンターテインメント
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2019年9月26日
  • 希望小売価格: 8,200円+税

CODE VEIN(コードヴェイン)

  • メーカー: バンダイナムコエンターテインメント
  • 対応機種: Xbox One
  • ジャンル: ARPG
  • 配信日: 2019年9月26日
  • 価格: 8,200円+税

CODE VEIN(コードヴェイン)(ダウンロード版)

  • メーカー: バンダイナムコエンターテインメント
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 配信日: 2019年9月26日
  • 価格: 8,200円+税

CODE VEIN(コードヴェイン)

  • メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
  • 対応機種:PC
  • ジャンル:ARPG
  • 配信日:2019年9月27日
  • 価格:8,200円+税