いよいよ最終回! さまざまな想いが交錯する最終決戦の行方は…【Gのレコンギスタ再放送】

電撃オンライン
公開日時

 9月16日(木)24:30より、テレ玉で再放送される『Gのレコンギスタ』26話“大地に立つて”のあらすじを紹介します。

  • ▲劇場版『GのレコンギスタI』「行け! コア・ファイター」(特装限定版)

 G-セルフで大気圏へ突入したベルリ。その目の前に、マニィのジーラッハとマスクのカバカーリーが現れる。

 そのG-セルフの上空には、ミックのトリニティとクリムのダハック。さらにその後方には、チッカラのジャスティマとクンのマズラスター。そしてメガファウナからは、アイーダのG-アルケインとラライヤのG-ルシファーが出撃していた。

 ギアナ高地の上空に、数多のモビルスーツが集結し、激しく争い合う。また、ギアナ高地の北側には、ズッキーニ大統領が派遣したアメリア軍までが展開しつつあった。

 モビルスーツ戦が4カ所で同時に行われ、ギアナ高地の戦いは、まさに混迷を極めた。

 そして、戦いをやめさせよう駆けまわるベルリの前に、マスクのカバカーリーが立ちはだかる。数奇な運命で人生を交錯させた2人の戦いは、壮絶な一騎打ちへと発展。その結末は……。

 長く続いたベルリの旅も、いよいよ最終局面を迎えます。戦いのあと、ベルリとアイーダが選んだ道は、それぞれまったく違ったものですが、どちらも正しかったのだと信じたいです。

26話“大地に立つ”あらすじ

 戦いをやめさせるため戦場を駆けるベルリだが、強敵からの猛攻で窮地に追い込まれる。

 一方、ジュガンが率いるランゲバインとウーシァ部隊を相手に奮戦するクリムとミック。

 夜明けに染まるギアナ高地の上空で様々な想いが交錯していく……。


©創通・サンライズ

関連する記事一覧はこちら