SIEが『スパイダーマン』を手掛けたゲーム開発会社・Insomniac Gamesを買収

電撃オンライン
公開日時

 SIEは、PS4用ソフト『Marvel’s Spider-Man(スパイダーマン)』や『ラチェット&クランク』シリーズを手掛けるゲーム開発会社であり、長年SIEのパートナーであるInsomniac Games, Inc.のすべてを買収することについて、正式契約を締結しました。

 本買収を通じ、SIEのソフトウェアタイトル制作部門をグローバルに統括するSIEワールドワイド・スタジオ(SIE WWS)は、Insomniac Gamesを14番目のスタジオの一員として迎え、プレイステーションプラットフォーム専用のソフトウェア開発における創造性と革新性を追求し、強力に推進していくとのことです。

 Insomniac Gamesは、『スパイロ・ザ・ドラゴン』や『ラチェット&クランク』、『RESISTANCE』などのプレイステーション向け人気シリーズを手がけたゲーム開発会社であり、その功績は数々の受賞を通じて認められています。

 最近ではSIE、Insomniac Games、Marvel Gamesの協業のもと2018年9月に発売したPS4用ソフト『Marvel’s Spider-Man』は、世界累計実売本数が7月28日時点で1,320万本を突破し、2018年におけるPS4用ソフトの中でもっとも評価の高い作品の1つです。

 さらに、Insomniac Gamesはその得意とするユーモア溢れるインタラクティブ性の高い世界観や独特なストーリー性に加え、現場で協力しながらゲーム制作を進めていく企業文化への評価も高く、2005年以降20の賞を受賞しています。

 SIEは本買収により、20年以上にわたりInsomniac GamesとSIEとの間で築き上げてきた強固な信頼関係を基盤に、長年培ってきたSIE WWSのクリエイティビティをより一層発揮し、オープンワールドかつストーリー性を重視したゲーム開発を強化することで、より魅力的なプレイステーションならではのエンタテインメントを届けていくとのこと。

 なお、Insomniac Gamesの今後の経営については、今までと変わらずInsomniac Gamesのマネジメントチームが、SIE WWSの San Mateo Studioと連携しながら進めていく予定です。

 また、本買収は関係当局の承認取得などの後に完了となります。買収額を含む金銭的条件などについては、契約条件により公表していません。

SIE WWSチェアマンのショーン・レーデンさんからのコメント

 Insomniac Gamesは、業界でもっとも高く評価されている開発会社の1つであり、ストーリー性の高いゲーム開発力には定評があります。

 彼らとは、長年にわたり強固なパートナーシップを築いてきましたが、今回、同スタジオがSIE WWSのファミリーの一員となることを心より嬉しく思います。

 同スタジオを迎え入れることで、SIE WWSはこれまでにも増して、世界中の皆様がお楽しみいただけるプレイステーションならではのゲーム体験を創造してまいります。

Insomniac Games社長兼CEOのテッド・プライスさんからのコメント

 Insomniac GamesがSIE WWSファミリーの一員となることで、私たちのビジョンでもある“ポジティブで、人の心に残る感動を創造していく”ことを実現できる機会がさらに広がることでしょう。

 創業以来、プレイステーションとは特別な関係を築き上げてきました。今回のパートナーシップは、両社の可能性を広げるものであり、『Marvel’s Spider-Man』の功績はそれを証明しています。

 今後、長年のパートナーでもあるSIE WWSの一員として、私たちの成長を促進させることで、多くのファンの皆様に、より革新的で新しいゲーム体験をお届けできるよう取り組んでまいります。

※画像は公式Twitterのものです。
(C) 2019 Sony Interactive Entertainment Inc.