『DQウォーク』ドラゴンのつえで使えるドラゴラムをマホカンタ相手に唱えたらどうなる?【電撃DQW日記#1056】

レトロ
公開日時

 スクウェア・エニックスのiOS/Android用アプリ『ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク)』のプレイ日記をお届けします。

 順調になかまモンスターがそろいつつあるレトロです。登録数45種類のところ、30種類まで到達しました。残り3分の1! とはいえ、性格も含めると先は相当長いですけどね。

 ちなみに、レアっぽいモンスターとしては、カメレオンマンとホークブリザードが仲間になってくれました。ホークブリザードは回復役として優れているようなので、早く育成しなければ!


 先日入手したドラゴンのつえ。メインスキルである“ドラゴラム”は呪文のため、ガードされることがなく、安定したダメージを与えられます。しかも、追加ダメージとしてメタル系にも必中で10ダメージが入るので、フィールドでのレベル上げでも非常に便利。非の打ちどころがない!

 と思ったのですが、「これ、呪文だよな? “マホカンタ”相手にはどうなるんだろう?」ということに気づいてしまいました。

 ということで、実際に“マホカンタ”相手に“ドラゴラム”を使ったらどうなるかを試してきました。

検証の舞台は?

 “マホカンタ”を使う相手は、かなり少なめです。狙って戦える相手だとほこらのアックスドラゴンが挙げられます。現在、ちょうど出現中なので、こちらを利用させてもらいました。

 ボボンガー、アックスドラゴン、ガメゴンの3体が出現しますが、マホカンタを使用するのはガメゴン。3体生き残っているときはアックスドラゴンに使用するのが確認できました。

ドラゴラムvs.マホカンタ、仁義なき戦い勃発!

 地味に下準備に苦労しました。アックスドラゴンの攻撃力はハンパなく、中途半端にHPを削ってしまったために3回攻撃されて、味方がバタバタ倒れる展開に。素直に防御を固めればよかった気もしました。


  • ▲なかなか“マホカンタ”を使ってくれないガメゴン。

 と思っていたら、運よくガメゴンが“マホカンタ”を発動! これで下準備が整いました。では、いざ“ドラゴラム”を唱えることにしましょうか!!


 このほこらの敵たちはメラ属性に耐性がありますが、この検証ではそれでも問題ありません。



 まさかの暴走! 暴走したからにはマホカンタを突き破ってダメージを与えてほしい!

 デスヨネー。2162もダメージを受けています。合掌。

 追加ダメージもしっかり被弾。完全にHPは0です。

検証結果

ドラゴラムでもマホカンタは貫通できない!

 というわけで、“ドラゴラム”もやっぱり呪文で、マホカンタ相手には無力ということがわかりました。開幕にマホカンタを使用するような相手がいるときは、ウォークモードなどで戦うのは危険が伴うと覚えておきましょう。
 






※『ドラゴンクエストウォーク』は、Google Maps Platformを使用しています。
※『ドラゴンクエストウォーク』を遊ぶ際は、周囲の環境に十分気を付けてプレイしましょう。
© 2019, 2020 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

関連する記事一覧はこちら