『ガンダムSEED』35話“舞い降りる剣”はフリーダムの初戦闘を描くシリーズ屈指の神回!

電撃オンライン
公開日時

 ガンダムチャンネルにて、『機動戦士ガンダムSEED』PHASE-35“舞い降りる剣”が配信中です。

 『機動戦士ガンダムSEED』は、2002年10月5日から2003年9月27日にかけてTBS系列で放送された作品。

 “新世紀のファーストガンダム”として作られた本作は、初代『機動戦士ガンダム』をリスペクトした要素が多く含みつつ、美麗なキャラクターデザインや、男児の心を掴むデザインのモビルスーツなど、これまでシリーズを見たことがない方にも受け入れやすい要素が多く含まれています。

 35話では、ついにフリーダムガンダムが登場。絶体絶命のアークエンジェルを救出します。後半主人公機にふさわしいクールな登場シーンは、多くのファンを虜にしました。BGMで流れるT.M.Revolutionの 『Meteor-ミーティア-』も見逃せない魅力ポイントです。

あらすじ(一部抜粋)

 アラスカでは、アークエンジェルがザフト軍と激戦を繰り広げていた。怒涛のごとく迫り来るMS部隊。主力軍をパナマ防衛に向けていた連合軍は、当然のごとく苦戦を強いられる。

 その頃、軍上層部の作戦により、意図的にアラスカ基地が放棄されたことを知ったムウは、かろうじて無事だった戦闘機に乗り込みアークエンジェルに向かう。戦いは圧倒的なザフト軍が優位に進んだ。

アークエンジェルに着陸したムウは、マリューにアラスカ放棄の真相を告げた。守備軍をオトリにしてザフトを招き入れ、基地深くに設置された超兵器サイクロプス・システムで敵味方もろとも殲滅する作戦なのだ、と。

 驚愕するマリューは、悩みながらも戦線離脱を決意。だが周囲をザフト軍に囲まれ、脱出の機会を失っていた。ジンに行く手をふさがれ、万事休すのアークエンジェル。だがその眼前に、見たことのないガンダムが翼を広げ、立っていた…キラの乗るフリーダムが到着したのだ。

 キラは敵味方、両軍に呼びかけ、戦闘海域からの離脱を呼びかける。そして間もなく、きらめく閃光、大音響と共に、アラスカ基地は灼熱の大火球に呑み込まれ、消滅した…。

■『機動戦士ガンダムSEED』に関連するアイテムを楽天で探す


©創通・サンライズ

関連する記事一覧はこちら