『スペードの国のアリス ~Wonderful White World~』プレイレポ前編は世界観&キャラクターに注目

ガルスタオンライン
公開日時

 オトメイトの新ブランド・QuinRose rebornの最新作『スペードの国のアリス ~Wonderful White World~』が、ついに2021年9月30日に発売を迎えました♪ 本作は“Wonderful White World”と“Wonderful Black World”の二部作となっており、本作では“帽子屋屋敷”と“白の領土”のキャラクターが攻略対象です。

 ガルスタオンラインでは、第一部『スペードの国のアリス ~Wonderful White World~』の魅力を前後編に分かれてレポート! 前編の今回は、作品の世界観&キャラクター紹介を中心にお届けします。

 “記憶喪失”や“引っ越し”など、本作をプレイするうえで欠かせないキーワードもぜひチェックしてくださいね。

 本作のOP&ED主題歌を歌うのは、『ハトアリ』シリーズではおなじみのヒサノさん♪ PC版『ハートの国のアリス』からプレイしていた筆者は、令和の時代にヒサノさんの歌声とともに新作をプレイできる喜びを噛みしめました。

物語は弾丸が飛び交う危険な不思議の国
記憶喪失の少女 ・アリスの運命は?

 主人公・アリス=リデル(名前変更可)は現実主義で、夢見がちなところがまったくない普通の女の子。そんな彼女が白ウサギを追ってきたスペードの国は、メルヘンな景色とは正反対の戦争真っただ中な危険な世界でした。

 湖でおぼれていたところを助けられた主人公。彼女はすべての記憶を失っていました。

 スペードの国には4つの領土があり、領土を巡って住人たちが戦争を繰り広げています。この世界では時間の概念が曖昧で、朝と昼、夕方と夜がランダムに訪れます。また、住人たちはそれぞれ“役”を担っており、それを持たない人々は顔なしと呼ばれています。


 各領土は一定のタイミングで起こる“引っ越し”によって再編成され、新しい国へと移り変わります。主人公自身、これまでもさまざまな世界を渡り歩いてきましたが、そこで過ごした記憶は抜け落ちてしまっています。そんな彼女はこの世界において“余所者”という特別な存在。住人たちは“余所者”である主人公に好意を寄せ、それぞれの世界で交流を深めてきました。覚えていないのに、どこか懐かしく感じる“危険な男”たち。主人公はスペードの国で彼らと再び交流を深め、自分が今もこの世界に留まっている理由を探す決意を固めるのでした。

領土を巡って争いを繰り広げる4つの領土の住民たち

 本作では主人公が4つの領土のうち、どこに滞在するかを決めて、それぞれの住民との個別ルートが展開していきます。本作『Wonderful White World』で攻略できるのは、帽子屋屋敷のブラッド=デュプレとエリオット=マーチ、トゥイードル=ディー&ダム、そして白の領土のルイス=キャロルとクイン=シルバーです。個別ルートに入るまでの共通ルートのゲーム画面と共に、彼らの魅力を紹介していきましょう。

帽子屋屋敷

 “帽子屋”こと、ブラッド=デュプレが治める、マフィアの帽子屋ファミリー。広大な屋敷を中心に、市街地を支配しています。屋敷では紅茶をこよなく愛するブラッドを中心に、定期的にお茶会が開催されています。

ブラッド=デュプレ(声優:小西克幸)
※第一部『Wonderful White World』攻略対象キャラクター

 帽子屋ファミリーのボスで、自分で動くよりも企みごとをするのが好きな影の司令役。非常に有能な切れ者ですが、常に気だるそうにしています。面白いことが好きな享楽的な性格で、緻密な計画を自らの手で穴だらけにして楽しむことも……。

 主人公の記憶喪失を知っても動じず、涼しい笑顔に余裕すら感じさせるブラッド。彼が“すがすがしい友情”と語ると、不穏さを感じずにはいられません。くせ者な彼の手の中で、甘い刺激たっぷりな恋が待っていそう。

エリオット=マーチ(声優:最上嗣生)
※第一部『Wonderful White World』攻略対象キャラクター

 ブラッドの相棒で、帽子屋ファミリーのナンバー2。愛らしいウサギ耳と、気さくなお兄さんという印象とは裏腹に、元犯罪者の脱獄囚という過去を持つ。にんじん料理が大好きなのに、にんじんそのものは嫌いという風変わりなこだわりが……。

 主人公との再会を手放しで喜んでくれるエリオット。見た目は逞しいマフィアですが、愛嬌たっぷりなその姿はウサギならぬ、大型犬のよう。しかし、その親近感とは別に、気に入らないことが起こったら3秒も考えずに銃をぶっぱなす短気さは健在の様子。

トゥイードル=ディー(声優:八代 拓)
※第一部『Wonderful White World』攻略対象キャラクター

 帽子屋屋敷の門番を務める、通称“ブラッディ・ツインズ(血まみれの双子)”。どちらが兄で弟かは曖昧で、その立ち位置は一定ではありません。本作では大人の姿で登場しますが、中身は子どものまま。双子の片割れ・ディーは、休憩と休日が大好き。

トゥイードル=ダム(声優:天﨑滉平)
※第一部『Wonderful White World』攻略対象キャラクター

 冷めた考え方をする、クール&ドライな双子の片割れで、お金が大好き。ディーとふたりで無邪気に振舞っているけれど、そのほとんどは悪意に裏打ちされるもの。仕事をさぼってはエリオットに注意され、乱闘に発展しています。

 斧を手に距離を詰め、主人公に喜んで抱きつく双子。再会を喜んでいるはずなのに、その口からは物騒な言葉のオンパレードです。2人がどんな絡みを見せてくれるのかドキドキしますね。

 夢魔・駅長のナイトメア=ゴットシャルクが治めている領土。他の領土とは違い、領土争いとは一線を引いた中立的な立ち位置を取っています。住人たちを汽車で運ぶ役割を担っているものの、事故や汽車の故障によるトラブルが続出しています。

ナイトメア=ゴットシャルク(声優:小野友樹)

 人の心を読み、夢に入り込む能力を持つ夢魔。病弱で、頻繁に吐血しているのに病院が嫌い。主人公とはハートの国からの知り合いで、夢の中でよく会っていました。じつは、主人公を最初にこの世界に引き入れるのを手伝った人物でもあります。

 各領土を行き来する際に欠かせない汽車を管理する駅の駅長として登場するナイトメア。しかし、早くもその役割を重荷に感じているようで、部下であるグレイに頼り切っています。それを指摘され、一気に体調を悪化させる姿は通常運行のよう。

グレイ=リングマーク(声優:中井和哉)

 駅での執務を実質取り仕切っている、ナイトメアの部下。以前は出世欲に駆られ、彼を暗殺しようとしたことも……。あまりにどうしようもないナイトメアを見ていられず、世話を焼くうちにそれが定位置になってしまった、苦労人でもあります。

 アリスを気遣う、大人で常識人なグレイ。そんな彼にとっても、ひとすじ縄ではいかない駅の運行は悩みの種のよう。第二部では、ゆっくり再会の喜びを噛みしめることができるのでしょうか……。

ボリス=エレイ(声優:杉山紀彰)

 シニカルな笑みが特徴の、自由気ままなチェシャ猫。空間を切り取って、別の場所につなぐ能力を持っています。ナゾナゾが大好きで、問題を出してくるものの、答えを言わずに去ってしまうことも。本作では駅に滞在して、駅長を手伝っています。

 他の住民と違い、領土間を自由に行き来するボリス。飛び道具のような存在の彼ですが、主人公に対する執着が強く、独占欲を抱きがち。駅という新たな拠点で、主人公とどんな刺激的な恋の駆け引きを見せてくれるのか楽しみです。

サーカスの団長/監獄の所長

ジョーカー(声優:興津和幸)

 辺鄙な場所に建つ、バーのミステリアスな店主。知っている気がするけれど思い出せない、思い出してはいけないカード。主人公が領土を行き来する合間に現れ、意味深な言葉を口にします。“ホワイト”と“ブラック”、会うたびに違う表情を見せることも。

 ときにはバーの店主、そして時にはカジノのディーラーとして神出鬼没なジョーカー。主人公を導いてくれるようで、本心の読めない、不思議な魅力を持つ人物です。第一部と第二部、ストーリーが進む中で、その存在は大きなカギとなりそう。

白の領土

 教皇クイン=シルバーが治める領土。ここに属する者たちは信仰によって団結しており、ユニコーンを神の遣いとして崇めています。しかし、教団という形式を取っているものの、実態はマフィアと等しいようで……。

ルイス=キャロル(声優:津田健次郎)
※第一部『Wonderful White World』攻略対象キャラクター

 教団所属の神父で、自称・輝ける白の騎士。神父を名乗る一方で、躊躇なく人を殴ったり銃殺するような物騒な人物です。マフィアである帽子屋屋敷との因縁も浅からぬようですが、今は本人曰く「ぬるま湯のような」立場に満足しているそう。

 本作最大の謎と言っても過言ではない(!?)ルイス・キャロル。といっても、スペードの国の住人が語るには「偽物のルイス=キャロル」なのだとか……。主人公のことを「怪獣ちゃん」と呼び、親しげな彼ですが、危険人物であることには違いありません。

クイン=シルバー(声優:浅沼晋太郎)
※第一部『Wonderful White World』攻略対象キャラクター

 白の領土の領主。聖職者らしい微笑みを浮かべる一方で、悪巧みに長けた黒い面も持ち合わせています。他の領土に対して積極的に社交をしかけるタイプで、黒の領土のハンニバルとは正反対のタイプ。自分と似たタイプのブラッドのことは好ましく思っていないようです。

 “白の領土”という名前に相応しく、爽やかで清廉潔白な印象を抱かせるクイン。しかし、丁寧な言葉の裏には拒絶や残酷さを秘めた本音が混じることも……。彼の内面に、どのような闇が広がっているのか。気になって仕方がありません!

黒の領土

 ハンニバル=ゴールドが治める領土で、ライオンをシンボルとしています。ならず者が集まっているため、領土内で内輪揉めによる紛争が後を絶ちません。武闘派のハンニバルが、その腕っぷしと王者の風格で治安を保っています。

ハンニバル=ゴールド(声優:石川界人)

 圧倒的な暴力による支配で黒の領土を治める領主。人の上に立つにふさわしい威厳のある振る舞いを見せるが、じつは人間嫌い。社交性に乏しく、独りで楽しく遊べるテーブルゲームを好みます。本人はそのギャップを隠しているけれど……。

 初対面の主人公にも、優しく親身になってくれるハンニバル。懐の広さを感じます。自室にこもって、いつもとは違う姿を見せてくれる時のギャップがとても可愛いです。第二部で攻略する際に、どんな恋愛模様を見せてくれるのか楽しみですね。

エース(声優:平川大輔)

 ハートの騎士にして、赤の騎士。本作では“黒の騎士”として、ハンニバルが治める黒の城を拠点としています。方向音痴で不運な彼は頻繁に迷子になっています。いつも笑顔で主人公を振り回す、困った人でもあります。

 スペードの国では、友人であり上司でもある“時計屋”と引き離され、落ち込んでいたエース。主人公との再会に喜ぶもつかの間、彼女の記憶喪失を知りショックを受けます。

 “引っ越し”による配置替えで黒の領土の住民となった彼。波乱の予感がします。

 いかがでしたか? 表と裏の二面性、さらにはその枠でも隠し切れない危険さを秘めた、魅力的なキャラクターがたくさん登場する本作♪ 次回お届けする後編では、そんな彼らと出会う共通ストーリーをプレイレポートします!

©2021 IDEA FACTORY

関連する記事一覧はこちら