『アルゴナビス』GYROAXIAが札幌で熱唱。初のリアルワンマンライブで会場も熱狂!

電撃オンライン
公開日時

 ブシロードが提供する『BanG Dream!(バンドリ!)』発のボーイズバンドプロジェクト『ARGONAVIS from BanG Dream!』に登場するバンド・GYROAXIA(ジャイロアクシア)によるライブ“GYROAXIA LIVE 2021 -火花散ル-”が9月26日に開催されました。


 本記事では、“GYROAXIA LIVE 2021 -火花散ル-”の模様をレポートします。

GYROAXIAが出身地の札幌で初のワンマンライブを開催

 本ライブは、GYROAXIAの出身地という設定の札幌で開催されたワンマンライブ。GYROAXIAが行うワンマンライブとして、有観客でのリアルライブは今回が初めて。

 さらに、出身地でのライブともなると特別な意味合いもあり、会場に詰めかけたファンたちが開演を非常に楽しみにしている様子がうかがえます。

 そんなライブは、ボーカルの旭 那由多を演じる小笠原さんが「REVOLUTION」の最初のフレーズをアカペラで歌い始めて開幕しました。演奏中に「帰ってきたぜ、札幌!全力でついてきな」と那由多らしく会場をあおれば、それに答えるように声を出せない分、大きな動きなどで応えます。

 「EGOIST」の最後のサビ前にはいままでにはない形となるメンバー紹介を挟むなど、演奏のアレンジ以外にも新しい姿を見せるGYROAXIA。激しいシャウトから始まる「BURN IT UP」も激しいパフォーマンスで会場を圧倒します。

 続く楽曲の「GETTING HIGH」は曙 涼役の秋谷さんがベースを演奏しながら、随所でシンセサイザーを使用するGYROAXIAでも珍しい形の楽曲。それでも、GYROAXIAらしさもふんだんに盛り込まれており、いざ演奏が始まれば、秋谷さんが演奏前に言った「盛り上がる準備はいい?」という言葉に答え、準備万端で飛び跳ねる姿は非常に印象的でした。


 「DANCING PARANOIA」は、今回初披露のラップが多用されていて疾走感がある激しい新曲。「DANCING PARANOIA」を一気に演奏して最後まで走りきれば、ライブの定番曲でありながら大きくアレンジされた「LIAR」では、小笠原さん、橋本さん、真野さん、秋谷さんが一列に横に並んで演奏する場面も見られました。

 MCで、真野さんが札幌でライブができることの喜びを伝えれば、それに答えるようにほかのメンバーも話したところでライブグッズの紹介を行います。秋谷さんがライブグッズの収益について話そうとすれば、橋本さんがそれを止めようとするといった、楽曲の演奏時とは一味違ったキャラクターとしての一面も見られたところで、「GET MYSELF」の演奏を開始。





 「FAR AWAY」と続けた後には、「旭 那由多。俺はお前を手放さない」という言葉から橋本さんが歌う新曲「STORM」が初披露。

 そんな「STORM」は、橋本さん演じる里塚賢汰が歌う前に話した言葉を表すようなまっすぐな楽曲。そんな演奏が終われば、ステージからいなくなっていた小笠原さんが再び、ステージに現れて「BREAK IT DOWN」を高らかに歌い上げます。

 そして、ドラムソロで始め、小笠原さんがメガホンを使う演出の「WORLD IS MINE」、「SCATTER」と連続で演奏し、いよいよ最後の楽曲へ。

 ここで披露された新曲「火花散ル」は激しいドラムが特徴の楽曲。それでもドラムの宮内さんが楽しそうに叩いている姿はかなり印象的でした。サビでは、一気にスローな感じになったと思ったら再び激しく演奏して会場を翻弄。楽曲の名前通り、火花が上がる演出も相まって深く記憶に残る楽曲でした。



 アンコールでは、いままでのライブのように、キャラクターを演じる素のキャストの“じゃいろあくしあ”として登場するのではなく、あくまで最後までGYROAXIAとして登場。

 新しい衣装に着替えた彼らが披露したのは「MANIFESTO」。そして、MCでメンバーが一言ずつ会場のファンに想いを伝えた後に本当の最後となる「IGNITION」の演奏を開始。

 すべての楽曲の演奏を終えた後には、小笠原さんが那由多として自分の歌唱が終わったのでステージから出ていこうとしますが、美園礼音役の真野さんがそれを制止。そして、挨拶をしようとしない小笠原さんを宮内さんがメンバーをフォローする界川深幸として挨拶させる場面もあり、最後までGYROAXIAとしてステージに立ったライブの幕が閉じました。

公演概要

「GYROAXIA LIVE 2021 -火花散ル-」

日程:2021年9月26日(日)
会場:Zepp Sapporo
出演:GYROAXIA(旭 那由多:小笠原 仁、里塚賢汰:橋本真一、美園礼音:真野拓実、曙 涼:秋谷啓斗、界川深幸:宮内告典)

セットリスト

1. REVOLUTION/GYROAXIA
2.EGOIST/GYROAXIA
3.BURN IT UP/GYROAXIA
4.GETTING HIGH/GYROAXIA
5.DANCING PARANOIA/GYROAXIA
6.LIAR/GYROAXIA
7.GET MYSELF/GYROAXIA
8.FAR AWAY/GYROAXIA
9.STORM/里塚賢汰 from GYROAXIA
10.BREAK IT DOWN/GYROAXIA
11.WORLD IS MINE/GYROAXIA
12.SCATTER/GYROAXIA
13.火花散ル/GYROAXIA
En1.MANIFESTO/GYROAXIA
En2.IGNITION/GYROAXIA

©ARGONAVIS project.
PHOTO:西槇太一

関連する記事一覧はこちら