一本道ではない、一度きりの物語を――『シン・クロニクル』のストーリーや世界観をチェック

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 セガが12月15日配信予定の新作スマートフォン用RPG『シン・クロニクル』のストーリーやゲームの世界観を紹介します。

 『シン・クロニクル』は、スマートフォン初の本格RPGとしてさまざまなゲームに影響を与え、2,500万ダウンロードを突破した『チェインクロニクル』のシリーズ後継作です。

 ロールプレイングゲーム本来の楽しさや、自分が冒険をしている、という感覚や体験はそのままに、まったく新しい世界や物語、ゲームシステムを楽しめます。

 本作のコンセプトは“運命は自ら決める。選ぶチャンスは一度きり”。各章のクライマックスで運命を決める究極の二択を迫られ、その決断がその後の壮大なストーリーに影響していきます。

 ともに歩んだ仲間たちから誰が生き残り、誰が死ぬのか。プレイヤーの選択で、自分だけの物語が紡がれていきます。

『シン・クロニクル』ストーリー

 “へルドラ”。そこは滅びが約束された世界。

 大陸の中心に開いた巨大な大穴“奈落”から、黒の軍勢と呼ばれる魔物が無限に這い出し、地上を脅かし続けていた。

 人類は、奈落を囲む巨大な障壁を築き、これを防いできた。奈落と地上の境界である大障壁を守る騎士たち。彼らは、“境界騎士団”と呼ばれた。

 深淵より湧き上がる瘴気の嵐雲。歴史上、幾度となく繰り返されてきた黒の軍勢による大侵攻“蝕”。

 へルドラ新暦491年。未曽有の蝕が襲い来る中、新人騎士であるあなたも壁の防衛にあたることとなる。

 激戦の壁上より、物語は始まる――。

『シン・クロニクル』の世界について

 大地に開いた謎の大穴“奈落”と、そこから湧き出す魔物“黒の軍勢”。プレイヤーは、“境界騎士団”の若き隊長として、それらの脅威と戦っていくことになります。

奈落

 人類が治める大地・へルドラ大陸の中心に開いた巨大な縦穴。奥底からは、闇色の魔物“黒の軍勢”が絶えず湧き出してくる。中は瘴気で満たされ、人間にとって厳しい環境となっている。

黒の軍勢

 奈落の底から湧き出す、異形の魔物。明確な意思は持たず、本能で死と破壊を振りまく。奈落には、黒の軍勢以外の魔物も生息している。

 遥か昔から繰り返される、黒の軍勢による地上への大侵攻。境界騎士団が一丸となり、人類の存亡を賭けた戦いが行われる。騎士たちにとって、最終防衛ラインである大障壁の守護は、最重要任務のひとつ。

境界騎士団

 奈落を囲む大障壁に砦を築き、黒の軍勢の侵攻から地上を守る者たち。へルドラ大陸中から、出自・身分の境なく様々な人間が集う。

 彼らが黒の軍勢に敗北すると、人類滅亡は避けられない。組織内に清濁様々な思惑を抱えながらも、人類救済のため彼らは戦い続ける。

 続報では、人類救済のために戦い続ける境界騎士団について詳しく紹介します。お楽しみに!

事前登録、クローズドβテストの参加を受付中

 『シン・クロニクル』正式リリースに先駆けて、メインストーリー第1章がまるごと体験できるクローズドβテストが、10月14日より開催されます。10月7日までテスターが募集中ですので、ぜひ応募しましょう!

 また、公式サイトのほか、AppStore、GooglePlay、Twitter、LINEで、事前登録を受付中。登録者数に応じて、ゲーム内で使用できるアイテムやキャラクターなど、ユーザーへのプレゼントが増えていきます。

公式Twitterで最新情報を発信中!

 『シン・クロニクル』公式Twitter(@sin_chronicle)では、ゲームに関する最新情報を、境界騎士団の見習い記録士・イコナがお届け中! さまざまなキャンペーンも予定されているので、ぜひチェックしましょう!


©SEGA

シン・クロニクル

  • メーカー: セガ
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2021年12月15日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

シン・クロニクル

  • メーカー: セガ
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2021年12月15日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

関連する記事一覧はこちら