『モナーク/Monark』10/14発売! 生徒会長でしっかり者の女の子、日向望のイベントをチラ見せ

カワチ
公開日時

 10月14日発売予定のPS5/PS4/Switch用ソフト『モナーク/Monark』の特別企画をお届け。今回はバディとなる日向望のイベントを実際のゲームプレイを通じて紹介。また、プロデューサーである林風肖さんのコメントも合わせて掲載します。

日向 望

声優:黒木ほの香

 新御門学園高等部3年生。学園に異変が発生する前は生徒会の会長として活動していました。気さくで親しみやすい性格とまじめでキッチリとした気質から多くの生徒に好かれています。


 また、学園の異常事態を解決するために発足された“真生徒会”の会長です。

第一部 日向望編 愚者盲目ノ救世主

 バディとなるキャラクターを選べる本作ですが、最初は望ちゃんで固定。彼女の第1部をクリアすることでほかの3人のストーリーを選ぶことができるようになります。そのため、望ちゃんは全プレイヤーが最初に遊ぶことになるシナリオで、世界観の説明を兼ねています。

 霧に覆われた学園で最初に出会う3人のうちのひとりが望ちゃん。目を覚ました主人公に手を差し伸べるなど、優しい性格であることが分かります。

 妹の千代が学園外からの電話に出たことで、異界に迷い込みます。そこで人ならざるものに襲われますが、保険医のカケル先生によって助けられ、さらに謎の存在であるバニタスによって主人公が“虚飾の権能”という能力を与えられます。


 無事に学園に戻った主人公と望ちゃんですが、そこに生徒会長の一橋鞍馬が登場。彼は“本校舎”と“他校舎”の関わりを絶ち、霧の広がるエリアに踏み入れないように監視しているということ。


 混乱する生徒たちを、たやすく沈静化していたということですが、なにやら裏がありそう……?

 その後、学園を探索する主人公と望ちゃんですが、そのなかで望ちゃんが怖がりであることも判明。意外な一面も見せてくれます。



 ふたたび異界に入ったふたり。自分に戦う力がないことに落ち込む望ちゃんですが、バニタスから精神を具現化する“思装”を教えてもらい、彼女も主人公と肩を並べて戦うことになります。その後も盛り上がる展開になるのですが、そこから先はぜひゲームをプレイしてみてください!




プロデューサー林風肖さんからのコメント

 日向望はチェスの「ナイト」がモチーフのキャラクターです。彼女の精神性は騎士めいていて、だからこそ盾を持ち、「あなた」や「なにか」を命がけで守ろうとがんばります。

 望という漢字は「つま先立ちをして月を眺めるひと」の形が元になっているという説があるそうです。そんな漢字を名前にもつ彼女もまた、願いのために「つま先立ち」をして、ちょっと無理するキャラクター。あなたを守ろうと寄り添ってくれる彼女と共に過ごす時間のなかで、彼女の「つま先立ち」に触れることができれば――等身大の彼女を知ることができれば。

 きっと、印象がガラリと変わると思います。


カワチ:RPGとビジュアルノベルが好きなゲーマーで、誰にも気付かれないようなマニアックな小ネタを記事に織り込むのが好き。深みのあるゲームが好きかと思えば、本当は肌色が多ければなんでもいいビンビン♂ライター。


© FURYU Corporation. / Developed by LANCARSE Ltd.

関連する記事一覧はこちら