『モナーク/Monark』10/14発売! ミステリアスな“怠惰の契約者”駿河台こころのイベントをチラ見せ

カワチ
公開日時

 10月14日発売予定のPS5/PS4/Switch用ソフト『モナーク/Monark』の特別企画。バディとなる駿河台こころの出会いのイベントを実際のゲームプレイを通じて紹介します。

駿河台こころ

声優:小岩井ことり


 新御門学園高等部1年生のミステリアスな少女。高IQのギフテッドで、海外の大学を中退して編入してきました。

 図書館にひきこもる“怠惰の契約者”。安心安全が心情で、傷つけることや傷つけられることを嫌っています。

第一部 駿河台こころ編 被虐報復ノ亡者

 こころちゃんは図書室に入ると出会うキャラクターで、“怠惰の契約者”。学園を安全なものにしたいという彼女は、主人公に一年生校舎にいる憤怒の契約者を倒したいと相談をしてきます。




 こころちゃんは“予知分析”のちからを持っており、主人公の力が必要だと分かっており、彼が来るまで待っていたそうです。



 一年生校舎に入ると、なかには血痕が。校舎から逃げようとした生徒が殺されたことが判明します。

 さらに、中には言い争いをして殺し合いをする生徒も。そんななか、オカルト趣味の不気味な少年・碇谷昴が姿を表します。



 彼はこころだけは校舎に閉じ込めようとせず、特別扱いしているようですが、はたして……?


 なお、彼女を連れて保健室や部室に行くと、女の子を連れていることを驚かれたりからかわれたりする展開に。驚く仲間たちとあくまでクールなこころちゃんの対比もおもしろいので必見になっています。




プロデューサー林風肖さんからのコメント

 駿河台こころはチェスの「ビショップ」がモチーフのキャラクターです。ビショップは盤面を斜めに動く駒。彼女の言動や精神性も(世間の普通や平均と比べると)斜めっています。

 また、契約者である彼女は「怠惰」という単語をテーマにした人間性やバックストーリーを持ちます。「モナーク/Monark」における「怠惰」という欲求の定義は「賢く手堅くあろうとする意思や欲」となっています。賢いが故に諦観し、怠惰になるという解釈があります。

 「怠惰」の理由や、彼女がなにに諦観をしているのか。それは、その運命に寄り添うことができれば明かされます。

 小ネタですが、キャラクターの名前には、それぞれ象徴するテーマの単語の一部を含めています。

日向 望:希望の「望」
弓田信哉:信仰の「信」
館 凌太郎:暴食の「食」

 彼女の場合には、駿河台こころ(心)という字列のなかに、怠惰の「怠」の文字を分解していれています。(良ければ、このほかのキャラクターでも散りばめられている単語を探してみてください)


カワチ:RPGとビジュアルノベルが好きなゲーマーで、誰にも気付かれないようなマニアックな小ネタを記事に織り込むのが好き。深みのあるゲームが好きかと思えば、本当は肌色が多ければなんでもいいビンビン♂ライター。




© FURYU Corporation. / Developed by LANCARSE Ltd.

関連する記事一覧はこちら