新型Switchで遊びたい良作10選8:人口を増やすだけなのに楽しい!? 中毒性高めなパズル『スバラシティ』【電撃インディー#107】

まさん
公開日時

 電撃オンラインが注目するインディーゲームを紹介する電撃インディー。今回は10月8日に発売となるNintendo Switch(有機ELモデル)を購入する人に向けた、ニンテンドーeショップで購入できるオススメのインディーゲームをピックアップしていきます。

 ウッホウホ……あ、いけない。7選目の『Ape Out』の感覚がまだ抜けていませんでした。知能を下げ過ぎてしまったので、今度はパズルゲームを紹介していきましょう。

 8選目のタイトルは『スバラシティ』。スマートフォンでも広告型の無料ゲームとして配信されていますが、Switch版は500円と値段も安く、一度ハマれば本当に長く遊べるのでコンシューマー版を買う方がオススメです。

建物をつなげてレベルを上げて……何度も遊んでしまう『スバラシティ』!

 ルールはとてもカンタン。2つ以上つながっているブロックをタッチして建物をまとめていくと、レベル2、レベル3、レベル4……とハイレベルな建物が建っていきます。そうやってレベルの高い建物を作っていき、人口を増やしていくだけ。ね? カンタンでしょ?

 もちろん、ただつなげていくだけではありません。実は、レベル10の建物になると同じレベル10同士でしかつなげることができなくなり、つなげられることも1つの建物につき1回だけというルールがあります。

 つまり、レベル10の建物をなるべく多く画面内に残しつつ、一気につなげてレベル11以上の建物を作る必要があるのです。

 どうしてもダメなときは、条件を満たすと手に入る“市長マーク”を消費することで建物を1つ消去可能。ピンチから建て直す方法もありますが、市長マークは貴重なので何度も使えません。

 うまく配置を考えながらレベル10以上の建物を残していき……あ……失敗しちゃったやり直そう……なんて考えながら遊んでいると、あれ? もうこんな時間!? ウソでしょ!? と驚愕することになるかも。本当にオソロシティなゲームです。


(C)RYUJI KUWAKI (C)FLYHIGH WORKS (C)CIRCLE Ent.

関連する記事一覧はこちら