ケーブル1本で接続! 本当に“薄型軽量”だったASUS15.6型外付けモニターレビュー【澤田屋ガジェット本舗】

澤田真一
公開日時

 ASUS JAPANから『ZenScreen MB16ACV』が発売中です。

 これはノートPCに外付けできる増設ディスプレイ。1,920×1,080ドットの解像度、15.6型ワイドのパネルサイズを持つ製品ですが、同時に携帯性や設置のしやすさを追求しています。

 今回は日頃からテレワークに徹している筆者が、この『ZenScreen MB16ACV』を使ってみたいと思います。

ケーブル1本ですぐに稼働!

 箱出しの瞬間というのは、どんな製品でも胸躍ります。

 しかし『ZenScreen MB16ACV』を箱から取り出した時の筆者の感想は「薄い!」ということ。僅か10.5mm、重量は約0.83kgに過ぎません。まさに「羽のような薄さ」です。

 ですがそれ以上に驚いたのは、同封されているケーブル。HDMI×USB-Cケーブルが1本、USB-C×USB-Cが1本。これらは映像出力用ですが……あれ? ACアダプターは?

 これでは製品を動かすことはできません。ASUSさん、もしかしてACアダプターを同封し忘れたのか……と思いましたが、実はこれは筆者の早とちり。この『ZenScreen MB16ACV』は、電源用のACアダプターを省いた製品です。映像出力用のケーブル1本で稼働します。おおっ、これはすごい!

仕事をしながら動画を観る

 外付けディスプレイという製品には「どのように立てるか」という問題が付きまといます。別個に専用スタンドを用意したり、接続先のノートPCの裏側に両面テープで貼り付ける製品もあるほど。

 ですが『ZenScreen MB16ACV』は、裏側に簡単なスタンドが内蔵されています。それを開くとテーブル上に立たせることができます。また、『ZenScreen MB16ACV』にはネジ穴も設置されているため、三脚を用いることも可能です。

 それでは、実際にノートPCに接続してみましょう。前述の通り、『ZenScreen MB16ACV』はケーブル1本のみで稼働するため、机の上がゴチャゴチャすることもありません。

 また、この製品自体の性能も良好で、動画視聴にはピッタリ! 仕事をサボって映画やYouTubeを観るには最適です。或いはノートPCのディスプレイで仕事をしながら、『ZenScreen MB16ACV』に動画を映すという使い方もできます。

マルチタスクの必需品

 筆者はライターとして、既に8年もしぶとく生き延びています。それ以外の仕事をしているわけではなく、本当にライター稼業のみで米を取っている身分です。

 現代のライターにノートPCは必須。そして基本は複数のブラウザを開きっぱなしです。必要に応じてブラウザを行ったり来たり、時としてタブレットを取り出したりもします。正直、かなり面倒な作業なのですが……。

 それも『ZenScreen MB16ACV』があれば、簡単に問題を解決できます。別のブラウザを常時眺めながら記事を書く、という時にはもってこいの製品です。てか、これ欲しいな。ASUSさんには悪いけど、このまま自分のものにしちまおうか……と邪なことを考えてしまうほど。

旅行に最適な携帯性

 もしも新型コロナウイルスがなければ、この製品は100%のパフォーマンスを発揮したかもしれません。というのも、これほど持ち運びに優れた製品もなかなかないからです。

 旅行に仕事道具を持ち込む際、どうしてもその重量を気にしてしまいます。空路、格安航空会社の便を利用するなら尚更です。大抵の場合は手荷物が7kgを超えると預入荷物の扱いになり、別料金を取られてしまうから。だからこそ、ノートPCも外付けディスプレイも軽いほうがいいというわけです。

 しかしこの製品は、テレワークの場面でも強みを発揮します。それだけ「ケーブル1本で接続できる」という点は強烈な意義がある、と、筆者は感じました。

 『ZenScreen MB16ACV』は、ASUSの公式ストアでは2万7,720円で販売されています。Amazon、楽天市場等でも出品されていますので、気になった方は要チェック!

関連する記事一覧はこちら