『Marvel’s Avengers』はI can do this all day!? gamescom2019でのプレイレポ&開発プレゼンでは新情報も

電撃PlayStation
公開日時

 2020年5月15日にスクウェア・エニックスから発売予定のPS4/Xbox One/PC/Stadia用ソフト『Marvel's Avengers(アベンジャーズ)』

 E3 2019でトレーラームービーが公開されて以降、世界中のファンが注目している本作は、欧州最大のゲームイベントgamescom2019にてデモ版の試遊を提供。記事ではそのプレイ体験を語るとともに、その後のプレゼンで開発スタッフが開示してくれた本作の概要をあらためて紹介していきたい。

5人のヒーローが次々登場!
彼ららしいアクションを思う存分堪能

 今回体験できたのは、E3 2019公開のトレーラームービーに出てきたゴールデン・ゲート・ブリッジでの戦いの一節。謎の武装集団によるテロでそこかしこが爆破されるなか、現地に居合わせたヒーローたちが対処に向かう、そんな状況からデモプレイが始まった。

 最初に操作できたのはソー。近接弱攻撃、近接強攻撃(長押しで溜め攻撃)、回避行動、ジャンプ、ガード、そしてL2で照準を合わせR2で撃つ射撃行動といったアクションが可能だった。L1、R1ボタンに対応した特殊能力的なアクションもあり採用できる行動はかなり多彩。

 とはいえアクション自体の難度はさほど高くなく、“プレイヤーが各々自由に行動を選択しつつ、気持ちよく敵をなぎ倒せる”というところに重点をおいたつくりだと感じた。

 とにかくアクションが爽快でカッコイイ(コレ重要)! 敵との位置関係などに応じて自然とモーションが変わったりと、映画などでのイメージどおり彼ら“らしさ”全開のアクションを堪能できるのは嬉しい限り。

 その後はフィールドを移動するにつれてミッションがアップデートされ、ソー、アイアンマン、ハルク、キャプテン・アメリカ、ブラック・ウィドウ……と5人のヒーローを次々と操作できた。

 アイアンマンは自由に空を飛べてレーザーを放ったりシールドで攻撃を防げたりするしキャップ(キャプテン・アメリカ)はヴィブラニウムの盾を投げて複数の敵をなぎ倒せるし、ハルクは壁を蹴って移動したり敵兵をつかんで武器にしたりとパワフルさ満点だし、ナターシャ(ブラック・ウィドウ)は銃による連射に加え敵の攻撃をつかんで投げ飛ばせるしで、アベンジャーズならではの動きを自分で繰り出しつつ戦えるのは、いちファンとしてだいぶ爽快感を感じられた。

 すでに公式のプレイングムービーが公開されているので、まずはぜひこちらで圧巻のアクションを確認してほしい。

育成、ハクスラ要素などやり込みも充実
他プレイヤーと遊べる“Warzone missions”も

 今回我々が試遊できたのは、ちょうどムービーに登場したのと同じ内容。これは“HERO Missions”と呼ばれるソロ用モードで、ゲームの完全オリジナルストーリーが展開されるとのこと。

 さらに、開発のプレゼンによると本作にはもう1つ“Warzone missions”というモードがあり、こちらは多数の敵が押し寄せる広大なフィールドで、オンラインを介した他プレイヤーとともに戦う大規模戦闘を味わえるのだとか。

 これまでAvengersの映画を観てきた人ならなんとなく想像できると思うが、つまりワガンダでのサノス軍との正面衝突に代表されるあの大迫力戦闘がゲームでも味わえる……ということであろう。期待せずにはいられない。

 また、ミッションクリアなどで得られるスキルポイントを消費し、スキルツリー形式で各ヒーローの新たな特殊能力を獲得できるなど、育成面でのやり込みもあるようだ。

 各種ミッションをクリアするなどでヒーローのギア(見た目の変更が可能なパーツ)を入手でき、そのなかには特殊な能力(Gear PERK)を秘めたものもあるそうで、いわゆるハクスラ的な要素もある。かなり長いこと楽しめるつくりになっていそうだ。

 今回はあくまで数十分触れたのみだが、それだけでも本作の魅力は大いに感じられた。肝となるのは、オリジナルストーリーを楽しめること、アクションの爽快感、そして育成と戦闘両面での奥深さだ。

 戦闘時に採用できる行動がじつに多彩なため、同じヒーローを使ったとしてもプレイヤーごとに遊びの体験は千差万別。育成やハクスラによる変化も考慮すれば、ゲームとしての奥深さはかなりのものとなるだろう。

 個人的には、その奥深さがうまくゲームの攻略面に活かせるつくりになっていてほしいなと願う。どんな行動をしてもただ敵をなぎ倒せるというのでは早々に飽きが来てしまうだろうから……。

 育成で手に入れた能力や各種アクションをうまく使ってミッションをクリアするやりがいを残しつつ、爽快感を味わえて、しかもそれがファンが納得するレベルで『Avengers』らしさを感じられなければならない。

 物語ももちろん重要。筆者のような素人がちょっと考えただけでも制作のハードルは高そうだなあなどと思うが、すでに公開された映像を見るだけでも本作が『Avengers』の名前にふさわしい力作となるであろうことは容易に想像できる。PS4でのβテストが予定されているなどまだまだこの先多くの情報が出てくるはずなので、今後も発売を楽しみに待ちたいと思う。

(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.