実写版『カウボーイビバップ』山寺宏一や若本規夫ら日本語キャストが決定

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 Netflixは、11月19日から独占配信予定の実写ドラマ版『カウボーイビバップ』の日本語版吹き替えキャストを発表しました。

 また、日本で配信中の原作アニメが、10月21日より全世界配信されることも発表しました。

 以下、リリース原文を掲載します。

Netflixシリーズ「カウボーイビバップ」日本版声優決定&オリジナルアニメ配信決定

 世界最大級のオンラインエンターテインメントサービスを提供するNetflixは、Netflixとトゥモロースタジオが制作を手がける、初の実写版 Netflixシリーズ「カウボーイビバップ」を、11月19日(金)よりNetflixにて全世界独占配信致します。

 この度、本作の日本版吹き替えのキャストとして、主人公スパイク・スピーゲルを山寺宏一、ビシャスを若本規夫、フェイ・ヴァレンタインを林原めぐみ、ジュリアを高島雅羅、ジェット・ブラックを楠大典が演じ、ほかに垂木勉、長沢美樹、土師孝也、堀内賢雄、磯辺万沙子、朴璐美、緑川光の豪華キャストの参加も決定した。

 23年の時を超え再びスパイクを演じることになった山寺宏一は、「カウボーイビバップは僕にとって本当に大切な作品です。実写版が作られる事を心待ちにしていました。アニメ版へのリスペクトを強く感じ感動しています。今回スパイクを見事に演じているジョン・チョーさんの演技に合わせつつ、自分が演じてきたスパイクの雰囲気もしっかり出せればと思っています。実写版ならではの設定や展開も多々あります。ビバップを好きだった方にも、全く知らなかったという方にも楽しんでいただけたら嬉しいです!」と熱い想いを寄せた。

 また、日本のNetflixでは既に配信中のアニメシリーズが、10月21日(木)からNetflixにて全世界配信されることも決定した。原作アニメシリーズの監督を務めた渡辺信一郎は、全世界190カ国での配信について、「カウボーイビバップの世界が、20年以上経った今、そしてこれからも続いていくのは、驚きでありとても光栄です」と喜びを語った。

 1998年以来多くのファンを魅了してきたアニメ版、そして11月19日(金)から配信となる待望の実写版「カウボーイビバップ」がこの秋、世界に新たな感動と興奮を巻き起こす。シー・ユー・スペースカウボーイ!

<実写版> Netflixシリーズ「カウボーイビバップ」について

 「カウボーイビバップ」は、通称“カウボーイ”と呼ばれる3人の賞金稼ぎが、それぞれの過去から逃れようとアクション満載の激しい戦いを繰り広げる、宇宙を舞台にした西部劇。

 個性豊かで命知らずなスパイク・スピーゲル (ジョン・チョー)、ジェット・ブラック (ムスタファ・シャキール)、フェイ・ヴァレンタイン (ダニエラ・ピネダ)は、はみ出し者とひねくれ者が集まった3人組。彼らは高額な賞金を狙って、太陽系にはびこる凶悪な犯罪者たちを追跡します。

 しかし、賞金首たちとの乱闘を繰り返しながら軽口をたたいている日々も長くは続かず、彼らの背後には暗い過去の影が迫ります。

 人気アニメシリーズを原作とした実写版「カウボーイビバップ」で製作総指揮を務めるのは、Midnight Radioのアンドレ・ネメック、ジェフ・ピンクナー、ジョシュ・アッペルバウム、スコット・ローゼンバウム、トゥモロースタジオのマーティ・アデルスタインとベッキー・クレメンツ、株式会社サンライズの浅沼誠、佐々木新、尾崎雅之のほか、ティム・コディントン、藤村哲也、マイケル・ケイトルマン、マシュー・ウェインバーグ、クリストファー・ヨストら。ネメックはショーランナーも担当します。

 また、原作アニメシリーズの監督である渡辺信一郎が本シリーズの監修を務めるほか、原作アニメの楽曲を担当した菅野よう子が本実写版でも再び音楽を手掛けます。

 なお、本シリーズには、ビシャス役のアレックス・ハッセルとジュリア役のエレナ・サチンも出演します。

日本版キャスト
スパイク・スピーゲル:山寺宏一
ビシャス:若本規夫
フェイ・ヴァレンタイン:林原めぐみ
ジュリア:高島雅羅
ジェット・ブラック:楠大典
パンチ:垂木勉
ジュディ:長沢美樹
テディ・ボマー:土師孝也
グレン:堀内賢雄
マオ:磯辺万沙子
シン:朴璐美
リン:緑川光

配信
11月19日(金)より、Netflixにて全世界独占配信(全10話)


関連する記事一覧はこちら