News

2002年12月7日(土)

笑う角には福来たる!「サクラ大戦新春歌謡ショウ初笑い七福神」稽古も順調に

 本日12月7日、都内某所で「サクラ大戦 帝国歌劇団 2003年新春歌謡ショウ」の公開稽古が行われた。この「2003年新春歌謡ショウ」は2003年1月3日より公演される『サクラ大戦』声優陣による舞台劇。演目は「初笑い七福神」で、現在稽古は順調に進んでいる模様だ。

 毎年この時期になると行われる公開稽古だが、今回もプロデューサーの広井王子氏をはじめ、横山智佐さん(さくら役)、高乃麗さん(マリア役)、西原久美子さん(アイリス役)、渕崎ゆり子さん(紅蘭)、田中真弓さん(カンナ役)、岡本麻弥さん(織姫役)、伊倉一恵さん(レニ役)、折笠愛さん(あやめ&かえで役)、陶山章央氏(大神役)とおなじみの面々がそろい踏み。稽古前のインタビューでは、まず広井氏が「新春歌謡ショウということで、お客様にはぜひ手放しに笑っていただきたい。一部では笑って笑って、2部では歌って踊ってという感じなので、よろしくお願い致します。」と挨拶。次いで出演者たちが各々「新春歌謡ショウ」についての意気込みなどを語ってくれた(以下各出演者コメント)。

横山さん「今回の七福神は、ドリフ的な要素のある喜劇なので、知ってる人には懐かしい、知らない人には新鮮な笑いが楽しんでいただけると思います。」
高乃さん「今回は念願の大阪公演もあるので、はりきっています。ビッグゲストの家中宏さん(葵叉丹役)がいらっしゃるので、がんばりたいと思います。」
西原さん「大阪の方は笑いに厳しいのでしょうか? ちょっとそこが心配(笑)。新春歌謡ショウは夏公演の舞台とは全然違いますが、楽しくなるように頑張ります。」
渕崎さん「懐かしい曲が蘇ります。振り付けが全部変わって私たちを苦しめてるんですけど、見る人にはとても新鮮に感じてもらえると思います。みなさん一緒に騒ぎましょう!」
田中さん「最初に七福神と聞いたときに予想したものと見事に全然違いました。大阪公演もあるので、今回何を食べさせてもらえるか楽しみにしてます。正月に餅食ってカンナが死んだなんてことにならないように気をつけます(笑)。」
岡本さん「前回新春歌謡ショウに出れなかった分もがんばります。みんなでよい年を迎えましょう。」
伊倉さん「とても可愛いらしい毘沙門天を演じます。毘沙門天というよりもバイキングのビ○ケみたいな(笑)。大阪に行けるのがとても楽しみです。バカバカしい笑いを楽しんでいただけたらと思います。」
折笠さん「パンフレットであやめ姉さんを見て、うれしさと懐かしさが込み上げてきました。私自信、久しぶりにあやめを演じるのが楽しみです。あやめとかえでを演じ分けられるかが心配です(笑)。」





公開稽古前のインタビュー。出演者たちはみんな大阪公演を楽しみにしているとのことだった。(写真下)左から広井氏、横山さん、高乃さん、西原さん、渕崎さん、田中さん、岡本さん、伊倉さん、折笠さん、陶山氏。

インタビュー後には、先日誕生日を迎えた渕崎さんのお祝いも。おめでとうございます。



「檄!帝」と新曲の公開通し稽古。新曲は明るくノリの良い曲調で、新春のムードにはピッタリ。この他にも既存の曲でも振り付けが新しくなったものが多数あるとのこと。ファンはお正月の公演をお楽しみに!


データ

■「サクラ大戦 帝国歌劇団・花組 2003年新春歌謡ショウ 初笑い七福神」
【東京公演】1月3日~1月7日
【大阪公演】1月11日、12日

■関連サイト
「サクラ大戦 帝国歌劇団・花組 2003年新春歌謡ショウ」告知ページ
サクラ大戦ドットコム
セガ


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。