News

2003年1月31日(金)

セガ、業務用ドライブゲームを応用した自動車教習所向けシミュレータの発売を開始

 セガは本日1月31日、業務用CGドライブゲームのノウハウを応用した自動車教習所向けシミュレータ「セガ・ドライビングシミュレータ」の販売を開始したことを発表した。

 「セガ・ドライビングシミュレータ」は、安全運転の向上、優良ドライバーの育成を目的に開発したもので、業務用CG基板「NAOMI2」で道路環境や交通状況をリアルに表現。エンジン音、周囲の音といった音響面や、厳密な車両車体の挙動計算を映像に反映されている他、ステアリングの反応力やABS(Antiskid Brake System:アンチロック・ブレーキシステム)の振動が忠実に再現されているのが特徴だ。また、目視による安全確認の履行をチェックできるカメラを搭載し、走行時、左右後方の安全確認を行なう受講者の動きが、教官用パソコンで確認できるという。

 セガは、「セガ・ドライビングシミュレータ」対応ソフトとして、普通一種免許の取得に使用する教習用ソフトを4種類(「危険予測教習」「急ブレーキ教習」「高速道路教習」「地域特性教習」)を順次発売していく予定。緻密に交通状況が再現された高性能なシミュレータだけに、今後すべての教習所に「セガ・ドライビングシミュレータ」が導入されることを願うばかり。これから自動車免許を取得する人は、ぜひこのシミュレータで講習を受けたいところだ。

ドライブゲームのシステムをベースに自動車教習課程に則った内容で独自開発された「セガ・ドライビングシミュレータ」。数々の名作ドライビングゲームを生み出した鈴木裕氏が監修している。

高性能グラフィックで、道路環境や交通状況をリアルに表現。走行終了後には走行結果がプリントアウトされる。


■関連サイト
セガ


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。