News

2003年12月7日(日)

「サクラ大戦2004年新春歌謡ショウ」は、花組メンバーが舞台に出ずっぱり!?

 2004年1月2日から1月5日までの4日間、青山劇場で公演される『サクラ大戦』声優陣による舞台劇「サクラ大戦 帝国歌劇団・花組 2004年新春歌謡ショウ」。その公開稽古が、本日(12月7日)都内某スタジオにて行われた。

 2004年新春歌謡ショウのタイトルは「歌え♪花組~帝国歌劇団・花組奮闘公演」。1幕は年越しそばを巡るひと騒動を描いた新春ならではの人情喜劇、2幕では恒例の歌と踊りが展開する。「歌謡ショウを始めてから、来年で8年目になります。今回は花組奮闘公演と題がついておりまして、出ずっぱりの花組をやってみたいと思います。お楽しみください(広井王子氏)」とのこと。今回は1幕のお芝居から2幕のショウまで、休みなく花組が舞台に立つというこれまでとはまた違った内容となる模様だ。加えて、演出を担当する茅野イサム氏は、「新春公演は初めてなので、楽しみにしてます。今回広井氏に書いていただいた本がとても難しく悪戦苦闘しておりますが、『サクラ大戦』ならではの人情芝居を作り上げたいと思います」とコメント。今年3月に行われた「サクラ祭り」の“持ち歌交換”や“花組大喜利”もあるとのことで、ファンは花組の奮闘ぶりに期待していたい。

 公開稽古は、花組が“出ずっぱり”という1幕のとある1場面。「新宝島」時のキャストは50名近くいたが、今回はダンディ団、薔薇組の出演はなく、20名弱になるという。「はじめの頃の気持ちを思い出しながら頑張りたいと思います(横山智佐さん)」、「新しいことにチャレンジすることになって大変です(西原久美子さん)」と出演声優陣は各々「新春歌謡ショウ」の意気込みを語った。ちなみに“初心に帰って”という横山さんの言葉を受けて、伊倉一恵さんから「最初の頃は“檄!帝”の振り付けを覚えるのが大変だった。でも今はそれは完璧。“檄!帝”の振り付けは完璧なのですが……」と歌謡ショウを楽しむためのヒントも。また、今回の歌謡ショウには石坂史郎氏をはじめとする劇団扉座の面々がゲスト出演するということで、「ダンディ団や薔薇組がいなくて寂しい反面、扉座のみなさんという新しい仲間ができてうれしい(田中真弓さん)」とのコメントもあった。

 この公開稽古の模様は、12月19日18:00より「サクラ大戦ドットコム」にて無料配信される予定。稽古風景他、広井氏および出演声優陣のコメントが収録されているので、ファンはぜひチェックしておこう。なお、「歌え♪花組~帝国歌劇団・花組奮闘公演」の詳細はこちらを参照のこと。

左から広井王子氏、茅野イサム氏、横山智佐さん。演出は、夏の「スーパー歌謡ショウ 新宝島」に続いて茅野氏が担当する。

こちらは左から陶山氏、中嶋氏、そして今回ゲスト出演となる劇団扉座の石坂氏。石坂氏は1幕でお婆ちゃん役を演じるという。

今回スタジオに顔をそろえたキャスト。音楽監督の田中公平氏、李紅蘭役の渕崎ゆり子さんは都合により欠席となっていた。



そば屋を巡る物語が展開する1幕。今回花組は舞台に上がりっぱなしとのことだ。

公開稽古はおなじみの「檄!帝」で締めくくり。今回の新春歌謡ショウでは、この「檄!帝」にちょっとした楽しみが用意されているという。


データ

■「サクラ大戦 帝国歌劇団・花組 2004年新春歌謡ショウ 歌え♪花組~帝国歌劇団・花組奮闘公演」
【公演日】2004年1月2日~1月5日

■関連サイト
「歌え♪花組~帝国歌劇団・花組奮闘公演」告知ページ
サクラ大戦ドットコム
セガ


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。