News

2004年10月14日(木)

『テイルズウィーバー』課金方法を変更!複数のサーバーでの利用も可能に

 ネクソンジャパンは、10月20日より現在サービス中のPC用オンラインゲーム『テイルズウィーバー』の課金方法を変更する。

 『テイルズウィーバー』は、月額2,000円(税込)の料金コースのみのシステムとなっていたが、変更後は30日ごとに価格設定された「マンスリーパス」とプレイ時間で分けられた「タイムパス」を導入。今後料金コースは、「マンスリーパス」が30日2,000円、60日4,000円、90日5,000円、180日9,000円(すべて税込)の4種類、「タイムパス」が3時間500円、5時間700円、10時間1,000円の3種類が用意される。
 加えて、これまで1つのサーバーにのみマスターIDを作成する仕様だったが、変更後は全12サーバーすべてにマスターIDが作成可能となる。
 料金の課金方法が増え、より多彩なプレイスタイルが選択できるようになった『テイルズウィーバー』。なお、10月20日以降に新規にマスターIDを作成した場合、その日から1週間のプレイが無料になるサービスも行われる予定だ。





『テイルズウィーバー』は、ストーリー性を重視した新感覚MMORPG。スキルや魔法を組み合わせて、オリジナル必殺技を作り出すことも可能だ。

TalesWeaver is a trademark of Softmax Co.,Ltd.
(C)2004 Softmax Co.,Ltd. All rights reserved.
(C)2004 Nexon Corporation and Nexon Japan Co.,Ltd. All rights reserved.

データ

▼『テイルズウィーバー』
■メーカー:ネクソンジャパン
■対応機種:PC(オンライン専用)
■ジャンル:RPG
■正式サービス開始日:2004年9月21日
■プレイ料金:月額 2,000円(税込)
■10月20日以降のプレイ料金
・マンスリーパス:30日2,000円/60日4,000円/90日5,000円/180日9,000円(すべて税込)
・タイムパス:3時間500円/5時間700円/10時間1,000円

■関連サイト
『テイルズウィーバー』公式サイト
ネクソンジャパン


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。