News

2004年2月18日(水)

「サッカーゲームの中では別格」。『ウイイレ7インター』発売記念イベント開催!

 本日2月18日、渋谷のLA FABRIQUEにてコナミの新作サッカーゲーム『ワールドサッカー ウイニングイレブン7 インターナショナル(ウイイレ7インター)』の発売記念イベントが開催された。

 本イベントは、明日2月19日に発売を控えた『ウイイレ7インター』を一足早く体験できるというもの。会場には、多くのウイイレファンが熱心にプレイして、新データや追加要素などの確認を行っていた。
 また、イベントの後半には『ウイイレ7インター』で解説を担当した中西哲生氏と、ライターやパーソナリティなど多方面で活躍するフローラン・ダバディー氏の2人によるトークイベントが行われた。

 このトークショーでは、「『ウイイレ』は、日本のサッカー選手もみんなプレイしていますよ」(中西氏)、「海外の選手も『ウイイレ』を楽しんでいます」(ダバディー氏)と、『ウイイレ』シリーズがサッカー選手の間でも好評を博していることが明かされた。また、今回解説を担当した中西氏は「『6』では約130センテンスだった収録数が、今回は1,300センテンスと10倍になっています。ジョン・カビラ氏の代わりに僕が『ゴール!』と言うなど、いろいろな“裏ボイス”も収録してあるので楽しみにしてください」など、解説収録の苦労と魅力を語った。

 また、この後はゲームマニアとしても知られるダバディー氏によるデモプレイと、来場者との『ウイイレ7インター』対戦が行われた。同氏は「徹夜で遊んじゃうんですよ。1週間で30時間ぐらい遊んでいます」という『ウイイレ』ファン。本日の対戦は3戦すべて引き分けという結果に終わったが、コアなファンが集まっていたイベントであったことを考えると、相当な腕前の持ち主であることは間違いないようだ。

 ダバディー氏によれば「僕は100タイトル以上サッカーゲームをプレイしてきたけど、『ウイイレ』シリーズはその中でも別格。完成度が非常に高い」とのこと。長年サッカーを見続けてきた同氏が認める『ウイイレ7インター』を、サッカーファンはぜひプレイしてみよう。

試遊台は常時満員。来場者同士で対戦する姿も見られた。

中西哲生氏(左)とフローラン・ダバディ氏(右)。2人ともかなりの『ウイイレ』ファンだ。

自分のプレイを自ら解説するダバディー氏。星5つのCOM相手でも余裕。

来場者との対戦では、クロアチアを選択したダバディー氏。カウンター主体の「泥臭い」戦術が好みとのこと。

対戦したプレイヤーにはコナミグッズが進呈された。


データ

▼『ワールドサッカー ウイニングイレブン7 インターナショナル』
■メーカー:コナミ
■対応機種:PS2
■ジャンル:SPG
■発売日:2004年2月19日
■価格:通常版 6,980円(税別)/プレミアムパッケージ 12,980円(税別)
※Amazonの販売価格:通常版 5,933円(税別)
※プレイステーション・ドットコム・ジャパンの販売価格:通常版 6,980円(税別)/プレミアムパッケージ 12,980円(税別)

■『ワールドサッカー ウイニングイレブン7 インターナショナル』(通常版)の予約・購入はこちら
Amazon
プレイステーション・ドットコム・ジャパン

■『ワールドサッカー ウイニングイレブン7 インターナショナル』(プレミアムパッケージ)の予約・購入はこちら
プレイステーション・ドットコム・ジャパン

■関連サイト
『ワールドサッカー ウイニングイレブン7 インターナショナル』公式サイト
コナミ


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。