News

2004年5月14日(金)

『流行り神』初回限定版の特典は、「紫の鏡」などの“都市伝説”をドラマ化したCD!

 日本一ソフトウェアは、8月5日に発売を予定しているPS2用ソフト『流行り神(はやりがみ) 警視庁怪異事件ファイル』の初回限定版に、特典としてドラマCD「怪異事件ファイル」を同梱することを明らかにした。

 『流行り神』は、現代社会の中に噂として広がる“都市伝説”を題材にした、テキストタイプのホラーアドベンチャーゲーム。プレイヤーは警視庁の刑事となって、身の回りで起きるさまざまな怪事件を解明していく。

 初回限定版の特典CD「怪異事件ファイル」には、“都市伝説”をテーマにしたシナリオが多数収録。「紫の鏡」や「メリーさん人形」など、1度は耳にしたことがあるようなホラーエピソードが1話あたり約10分のボリュームで収められている。

 なお本日5月14日、都内でドラマCDの収録が行われ、ストーリーテラーを担当する佐久間紅美さん、各シナリオに出演している落合祐里香さん、下和田裕貴氏が取材に応じてくれた。各出演者は、「進行役は物語の冒頭部分にしか登場しないので、最初から怖い雰囲気を出すのではなく、つかみどころがない不思議な感じを意識しました。客観的な視点で怖い話を楽しんでいます。」(佐久間さん)、「自らの意思ではないところで、事件に巻き込まれる恐怖心を追体験してもらいたい」(下和田氏)、「人形の役を演じる物語では、人形になったつもりで楽しくやらせてもらいました」(落合さん)と、CDの内容や意気込みなどをそれぞれコメント。加えて、「なるべく夜中に1人で聴いてほしいです」(落合さん)、「3話に出演していますが、3つの役どころではまったく異なる状況を演じているので、違いを楽しんでください」(下和田氏)、「都市伝説の」と特典CDの聴きどころなどをアピールしてくれた。

 『流行り神』初回限定版は、通常版と同じ価格の6,090円(税込)で発売。特典CDが付属するお得な商品となっているので、このゲームの購入を予定している人は迷わず初回限定版を入手しておきたい。

特典ドラマCDの出演者たち。左から鈴木勝美氏、佐久間紅美さん、山田美穂さん、下和田裕貴氏、石塚さよりさん、落合祐里香さん、井上悟さん、中村繪里子さん。

ドラマCDのシナリオを手がけた井上恵一氏(左)は、「収録している物語は実際に噂として広まった有名なものをベースにしています。もとになっている噂話を知らない人も楽しめるように作りました」とアピール。


データ

▼『流行り神 警視庁怪異事件ファイル』
■メーカー:日本一ソフトウェア
■対応機種:PS2
■ジャンル:AVG
■発売日:2004年8月5日
■価格:6,090円(税込)

■関連サイト
『流行り神 警視庁怪異事件ファイル』公式サイト
日本一ソフトウェア


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。