News

2005年3月14日(月)

団体戦、個人戦ともに最年少のGON選手が優勝!実力伯仲の『Halo2』全国決勝大会

 Xbox用人気FPS『Halo2』のイベント「Xbox Championship Vol.5 ~Halo2~」の全国決勝大会が、3月13日に開催された。会場となった新宿スタジオアルタには、観戦者を含め100人近くの『Halo2』プレイヤーたちが駆けつけた。

 この大会は、1月29日~2月26日の期間に全国9店舗のゲーム販売店店頭で行われた地区予選を勝ち抜いたプレイヤーたちによる決勝大会。進行役をお笑い芸人の「5番6番」が務め、終始ノリの良いボケとツッコミでイベントを盛り上げた。

 団体戦は3人1組の9チーム、個人戦は32名での戦いとなったこの日の決勝大会。まず団体戦では、決勝戦が東京代表「チームひまわり」と大阪代表「パセリ」の東西対決という図式に。「パセリ」は凄腕の双子の小学生を擁する屈強のチームとして有名とのことだが、この決勝戦でも序盤から「チームひまわり」を寄せ付けず、圧倒的な力で優勝。会場からは大きな歓声と拍手が送られた。優勝賞品はJTB旅行券15万円ということで、応援に来ていたお母さんもご満悦の様子だった。

 続いて行われた個人戦の決勝大会は、8人が1グループでの対戦。決勝の舞台には、団体戦で優勝した双子の小学生がそろって残った他、「Xbox Championship」の『Halo』優勝者であるプラズマ選手などが名乗りをあげていた。
 その注目の決勝大会でも、双子のうちのひとりであるGON選手が快調にスコアをのばし、後続の追撃を許さずに終盤で早くも順位の見えた展開に。GON選手はお母さんの声援に応えるかのように、カウントダウンが始まったときにはすでにコントローラを手放し、両手を高々と上げてガッツポーズ。終了した瞬間にGON選手の親族や友だちが猛ダッシュで駆け寄り、胴上げが行われた。GON選手の落ち着きのない照れくさそうな仕草がとても印象的。個人戦の結果は、優勝がこのGON選手(大阪)、準優勝がDF選手(大阪)、そして3位にはプラズマ選手(大阪)となり、関西勢がその強さを見せ付ける形となった。

 表彰式では、個人戦の優勝者には賞金50万円、準優勝者に賞金30万円、3位には10万円が、団体戦の優勝チームにはJTB旅行券15万円、準優勝者チームにはJTB旅行券9万円が贈呈された。オンライン対戦が盛り上がり、まだまだ熱の冷めない『Halo2』。早くも続編の登場も期待されているほどなだけに、今後も『Halo』プレイヤーの活躍には期待したいところだ。





新宿スタジオアルタで開催された「Xbox Championship Vol.5 ~Halo2~」決勝大会。進行や中継などをお笑い芸人の「5番6番」が務めた。

団体戦の決勝は「チームひまわり」と「パセリ」の東西対決に。東京代表の「チームひまわり」は惜しくが惜しくも破れ、「パセリ」が優勝を決めた。

個人戦も、前評判通りに名のあるプレイヤーが順当に決勝にコマを進め、白熱した試合展開に。中盤を過ぎたあたりから、GON選手の優勝がチラチラと見え始めていた。



優勝したGON選手にはトロフィーと楯、そして賞金50万円が贈呈された(写真上・真ん中)。最後は上位入賞者そろって記念撮影を行い、「Xbox Championship Vol.5 ~Halo2~」の幕は閉じた。


データ

■「Xbox Championship Vol.5 ~Halo2~」
<個人戦>
優勝:GON(大阪)
準優勝:DF(大阪)
3位:プラズマ(東京)

<団体戦>
優勝:「パセリ」(大阪)
準優勝:「チームひまわり」(東京)

■関連サイト
『Halo2』スペシャルサイト
Xbox.com


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。