News

2006年8月15日(火)

菅野ひろゆき氏がプロデュース!『すくぅ~る・らぶっ!』がPS2に移植決定

 アーベルは、PS2用ソフト『すくぅ~る・らぶっ! 恋と希望のメトロノーム』を2006年12月に発売することを明らかにした。価格は通常版が7,140円(税込)、限定版が9,240円(税込)。

 『すくぅ~る・らぶっ! 恋と希望のメトロノーム』は、2005年9月に発売されたPC用ソフト『すくぅ~る・らぶっ!~そよ風のハーモニー~』の移植作で、『ミステリート ~八十神かおるの事件ファイル』などで好評を博した菅野ひろゆき氏がプロデュースしている作品。
 物語は、芸術家としての厳しい修行に嫌気がさした主人公“璃遠”が「日本に帰りたい」と父親に言うところから始まる。「やりたいことが見つからなければ画家を目指す」という条件で日本に帰ることを許された“璃遠”は、そこでさまざまな出会いを迎えることになる。
 本作では、PS2移植にあたってシナリオやCGが追加される他、PS2版オリジナルキャラクターとして“妃咲純玲”が登場するなど、PC版をプレイした人でも楽しめる内容になっている。

 以下に画像を掲載したので、PC版をプレイした人だけでなく、今まで本作を知らなかった人もぜひチェックしてほしい。

“高翔璃遠(たかしょうりおん)”
本作の主人公で、非凡なデザインセンスをもつ。大画家と呼ばれる父親に反発して日本にやってきた。
“妃咲純玲(ひめさきすみれ)”
主人公“璃遠”の先輩で紅葉学園3年生で、紅葉学園の「双頭のバラ」と呼ばれ“花恋”と人気を二分する女の子。なぜか学校を休みがち。
“桜乃涼葉(さくらのすずは)”
“璃遠”がホームステイすることになった桜乃家の一人娘。幼い頃に“璃遠”と結婚の約束をしたことを忘れずに覚えている。“璃遠”より一つ年下。
“豪徳寺萌美(ごうとくじめぐみ)”
“璃遠”のクラスの委員長。“璃遠”のことが好きで仕方ないがそれを素直に表に出せない「ツンデレ」キャラ。
“三田村花恋(みたむらかれん)”
演劇部の部長を務めるお嬢様。派手な格好で夜の繁華街を出歩く姿がたびたび目撃され、クラスで話題になっている。
“草薙麻穂(くさなぎまほ)”
“璃遠”の同級生で、感情の起伏が小さい女の子。肩にハムスターのような小動物(ハムくん)を載せている。
 
夢咲ほのか(ゆめさきほのか)”
つかみどころがなく、何を考えているのかよく分からない少女。人形やゴスロリ風の
服が好き。“璃遠”の後輩。





データ

(C)Abel Inc. (C)Hiroyuki Kanno All Rights Reserved.

▼『すくぅ~る・らぶっ! 恋と希望のメトロノーム』
■メーカー:アーベル
■販売元:ヴューズ
■対応機種:PS2
■ジャンル:AVG
■発売日:2006年12月発売予定
■価格:通常版 7,140円(税込)/限定版 9,240円(税込)

■美少女ゲーム・アニメの情報ページ「G-net」

■関連サイト
アーベル


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。