News

2007年10月20日(土)

2008年放映予定のTVアニメ「H2O」に出演するメインキャストたちが明らかに!

 2008年より放映開始予定のTVアニメ「H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~(以下、H2O)」の、キャスティング発表記者会見が都内にて行われた。

この日行われた記者会見に出席した声優陣。左から成瀬さん、櫻井さん、小清水さん、田中さん、榊原さん。

 「H2O」は、2006年6月に美少女ゲームブランド・枕がリリースしたPC用AVG『H2O -FOOTPRINTS IN THE SAND-』を原作としたTVアニメ。幼少期に死別した母親の故郷へ引っ越してきた男子学生“弘瀬琢磨”と、転校先で彼が出会う少女たちとの心の交流が描かれていく。
 監督は、TVアニメ「ココロ図書館」のキャラクターデザインや、劇場アニメ「BLEACH MEMORIES OF NOBODY」の絵コンテや演出を勤めた橘秀樹氏が担当。シリーズ構成は「ローゼンメイデン」シリーズ、「アイドルマスター XENOGLOSSIA」などで知られる花田十輝氏が手掛ける。

 記者会見には、他人との接触をかたくなに避ける少女“小日向はやみ”を演じる櫻井浩美さん、そそっかしくて世話好きな学級委員長“神楽ひなた”役の田中涼子さん、神出鬼没の元気娘“音羽”役の成瀬未亜さん、いつも陽気なクラスのムードメイカー“八雲はまじ”役の榊原ゆいさん、そして主人公“弘瀬琢磨”役の小清水亜美さんが出席した。以下に、出演陣のコメントを掲載していくので興味があるという人はぜひ目を通していただきたい。

――それぞれが演じるキャラクターの紹介をお願いいたします。

櫻井浩美さん(以下、櫻井):“はやみ”は、“琢磨”くんと同じクラスで隣の席の女の子ですが、男の子が苦手な部分があり、クラスで孤立する場面もあります。性格的には気の強い女の子で、腕力に訴えたりという場面も(笑)。“琢磨”くんのことも最初は拒絶していますが、だんだん心を開いて行く部分も見られたらな、と思います。

成瀬未亜さん(以下、成瀬):なんだかサバイバル生活をしているらしいじゃないですか?

櫻井:そうですね、山奥にこっそり住んでいます。

田中涼子さん(以下、田中):“ひなた”は、“琢磨”が転向してきたクラスの委員長です。何かというと“琢磨”くんの世話をいろいろと焼いたりしています。また、名のある名家のお嬢さんらしいんですけど、偉そうにするところが全然なく、クラスの人気者でもあります。でも、なぜか“はやみ”ちゃんとはぎこちないというか冷たいところがあるんですよ。アニメでその謎が解けるかもしれません。

成瀬:“音羽”は、自称「時ノ音の精霊」です。とっても元気で明るく“琢磨”くんを元気付けるような立ち位置のキャラクターです。いつもタックルで現れて彼のことをぶっ飛ばします! アニメ版の“琢磨”くんにもガンガンぶつかって行くつもりなので、よろしくお願いします。

小清水亜美さん(以下、小清水):じゃあ、バリバリやり返したいと思います(笑)。

榊原ゆいさん(以下、榊原):(“はまじ”は)ロングヘアで人懐っこいクラスのムードメーカー的な存在です。みんなとすぐ仲よくなれる感じの子なんですけど「“琢磨”くんを好き好きオーラ」を発しちゃっています。とってもキュートな子なので、どうストーリーに絡んでひっかき回すのかが楽しみです。

――(小清水さんに質問)“琢磨”役に決まった時はどう思われましたか?

小清水:男の子役はほぼ初めてで、レギュラーで、しかもメインでやらせていただくのは緊張するというかプレッシャーに勝てるんだろうかという不安はあります。でも、せっかくいただいたチャンスなので、“琢磨”というキャラクターを素敵に演じていければと思います。

――公式サイトの企画で「あなたの思春期体験」をメールで募集してますが、皆さまの思春期体験などがあればお願いします。

櫻井:高校生の時に10キロマラソンがあったのですが、2年生の時に休んでしまって、別の日に高校の近くの公園で走らされたんです。すると後ろから自転車に乗った中学校の男友だちが制服姿で走ってきて、「何してんの?」と声をかけられたんです。私はもう汗だくの状態だったのに、そのまま10分ぐらい併走されたんですよ。顔もぐちゃぐちゃですごく恥ずかしいのに「最近どうよ?」みたいに軽く話しかけられて、すごく切なかったです。

田中:中学生の時、テニス部に入っていまして。テニス部に憧れの先輩がいたんですが、告白とか大胆なことができなくて、ずっと憧れていただけで終わりそうだったんですね。でも、「せめて最後に思い出を!」ということで先輩の卒業式に部の皆で挨拶に行ったんです。「こういう時こそ、伝説の第2ボタンをもらうんじゃないか」と思い出して、先輩を追いかけたんですよ。ダッシュで校門まで走っていって、「せ、先輩!だ、だだ第2ボタンください!」と言いました(笑)。ですが、なにぶんダッシュで行ったもので私も汗だくでときめきモードはならず、「あ、いいよ、はい」「ありがとうございます! お疲れ様でした! ……あれ? こんなはずじゃあ」という感じに(笑)。ときめきが欲しかったんですけど、そうはならず、切なかったということで。

成瀬:中学生だった頃、好きな男の子がいたんですよ。その子は明るいクラスのムードメーカー的な男の子だったんですけど、私はクラスの中でも地味っ子で、そんな私が彼の目にとまるために考えたのが「彼にあだ名をつけよう!」というもので。で、彼と同じ班になった時にあだ名で呼びかけてみたんです。彼は驚きながらも受け入れてくれたんですが、クラスの子に「なんであんな風に呼んでるの?」と言われてしまい、ひゅるるるる、と勇気がしぼんでいってしまいました。

榊原:私はガンガン行く派で、好きになると伝えないと気がすまないんですけど、今、すごく手が届かない思いを抱いていまして。もう少しで手が届くところにいるんですけど、声もかけられない、セキュリティもすごい、ガードが固い。いろいろ作戦を考えたんですけど、関係者以外立ち入り禁止なので行けませんでした。車で走る彼を……ライコネン様を生で見ることができたんですけど、いかんせんちっちゃかった!!(笑) 双眼鏡を使って興奮しながらも、ガンガン行く派派なので、いつ伝えようかな? と考えています。今年はもう伝えるチャンスがないので来年に持ち越しになってしまい、今が思春期? のような感じです。(ライコネン様は)既婚者なのでそれもまた切ない感じです。

小清水:中学時代に好きだったアイドルです。写真集を集めたり、記事を切り抜いたりしていたのですが、そのアイドルが夢に出てきたら、写真で見ていた時と同じようにペラペラだったんです(笑)。生で見に行くことも大事だなと思いました。

――テレビ版のオープニングテーマを榊原さんが歌うことになりましたが、主題歌に対する意気込みをお願いします。

榊原:まだ曲をいただいていない状態ですが、制作スタッフさんたちがすごく気合を入れて作っていただいているので、いい歌に仕上がるんじゃないかという予感はしています。また、『H2O』の世界観は独特なものがあるので、いい歌をもっと生かしきれるように歌いたいと思いますので期待していただけたらな、と思います。

――最後に、皆様にメッセージをお願いします。

櫻井:いろんな謎があると思うので、それが解明されていくところを楽しみにしていただければと思います。また、魅力的なキャラクターたちの中でお気に入りのヒロインを見つけていただければな、と思います。

田中:各ヒロインの抱えている気持ち、生い立ち、問題などが“琢磨”くんによってどういう風に変化していくのかを楽しみにしてほしいです。

成瀬:今日はたくさんの人に集まっていただけてとてもうれしかったです。アニメの『H2O』はこれから始まりますが、ちょっと変わった空気感があるアニメだと思います。私たちも頑張りますし、スタッフも頑張ってくれると思うので、ぜひ応援してください。

榊原:こんなにたくさんの方がいらっしゃってくれると思っていなかったので、すごい注目作品になっているんだなと感じます。覚悟を決めて現場に挑みたいと思っておりますが、歌の収録もありますし、キャストとして参加できることに誇りを持っております。みんなで一身となっていい作品を作れるように頑張っていきたいです!

小清水:男の子スイッチを入れて頑張っていきたいと思います。どれだけ頑張れるか、温かい目で見守ってやってください。

――ありがとうございました。
























(C)2008 『H2O』製作委員会

データ

■TVアニメ「H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~」
【スタッフ】(敬称略)
 原作:枕(『H2O -FOOTPRINTS IN THE SAND-』)
 監督:橘秀樹
 シリーズ構成:花田十輝
 キャラクターデザイン:奥田淳
 美術監督:高橋和博(じゃっく)
 色彩設計:上谷秀夫
 音響監督:高寺たけし
 編集:田熊純(アクタス編集室)
 音響制作:HALF H・P STUDIO
 アニメーション制作:ZEXCS

【キャスト】(敬称略)
 “弘瀬琢磨”役:小清水亜美
 “小日向 はやみ”役:櫻井浩美
 “神楽ひなた”役:田中涼子
 “音羽”役:成瀬未亜
 “八雲はまじ”役:榊原ゆい
 “田端ゆい”役:安田未央

■関連サイト
「H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~」公式サイト


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。