News

2007年11月20日(火)

TVアニメ「彩雲国物語」のドラマCD第3弾が12月に発売!声優陣からコメントも到着!

 マリン・エンタテインメントは、「アニメ 彩雲国物語 ドラマCD 第三巻 みんな朝を目指してる」を12月21日に発売する。価格は2,940円(税込)。


 このCDは、角川ビーンズ文庫のライトノベル「彩雲国物語」を原作とする、同名TVアニメ作品のドラマCD第3弾。今回は、主人公の少女“秀麗”(CV:桑島法子さん)が朝賀へ向かう前に、“静蘭”(CV:緑川光氏)や“燕青”(CV:伊藤健太郎氏)たちと過ごす穏やかな日が描かれる。
 収録を終えた声優陣にコメントを寄せてもらったので、以下に掲載する。

▲収録に参加した声優陣。後列左から鳥海浩輔氏、宍戸留美さん、神奈延年氏、佐々木瑶子さん。前列左から仙台エリさん、伊藤健太郎氏、桑島法子さん、緑川光氏、浪川大輔氏。


●桑島法子さん(“紅秀麗”役)
 「彩雲国物語」では、珍しく女子が集まって、キャッキャッと会話ができてなんだか幸せでした! 「茶州編」が終わるさびしさとともに……。

●関智一氏(“紫劉輝”役)
 「茶州編」のCDドラマだったので出演できるか危ないところでしたが、ギリギリ出演することができました。セーフ。

●緑川光氏(“し静蘭”役)※「し」は草冠に「此」
 今回はいろいろな“静蘭”を堪能できてお得だと思います(笑)。キメるところはピシッとキメてますので、お楽しみに♪

●森川智之氏(“藍楸瑛”役)
 今回は第3巻の収録でした。台本を読ませていただいて、最初のころの「彩雲国物語」の雰囲気を感じました。ほんわかしていて、のどかで、そして演じているとなぜかお腹が減ってくるという温かい雰囲気があって楽しかったです。

●檜山修之氏(“李絳攸”役)
 あいかわらず“絳攸”は道に迷っています。道には迷っても人生には迷わないようにと願っております。頑張れ“絳攸”!

●伊藤健太郎氏(“浪燕青”役)
 初のCDドラマ、とても楽しかったです! アニメでは語られなかったエピソードを堪能。“燕青”って、いい奴だよなぁ……。

●浪川大輔氏(“杜影月”役)
 楽しく演じさせてもらいました。まわりの皆様もいつもと変わらず、安心して演じられました。

●仙台エリさん(“香鈴”役)
 今回のドラマCDは、前回までの2作品とは少し違った雰囲気。ドラマティックな……というよりは日常風景を切り取ったようなストーリーで、現場も「のほほん」としていました。

●鳥海浩輔氏(“茶克洵”役)
 CDドラマでの出演は初めてでしたが、あいかわらず楽しかったです。

●宍戸留美さん(“茶春姫”役)
 アニメ以上に“春姫”さんの人柄がでた作品でした。女性としてすごくあこがれます。1人の男性を愛し自立している“春姫”さん、大好きです。

●神奈延年氏(“鄭悠舜”役)
 「彩雲国物語」のCDドラマは初めてだったので、絵がないのが少し寂しかったです。でも、悠舜の厳しい一面が出せて、楽しかったです。

●佐々木瑶子さん(“柴凛”役)
 ドラマCDには初めて出演させていただきましたが、いつもの男勝りな“柴凛”とはまた違った楽しげなシーンが多く、とても新鮮でした!


(C)雪乃紗衣・角川書店/NHK・総合ビジョン

データ

▼「アニメ 彩雲国物語 ドラマCD 第三巻 みんな朝を目指してる」
■発売元:マリン・エンタテインメント/フロンティアワークス
■品番:MMCC-4114
■発売日:2007年12月21日
■価格:2,940円(税込)

■関連サイト
マリン・エンタテインメント


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。