News

2007年12月7日(金)

大山のぶ代さんのゲーセン秘話も!『アルカノイドDS』発売記念イベントをレポート

 本日12月7日、東京・秋葉原の「ソフマップ」秋葉原アミューズメント館で、タイトーのDS用ソフト『アルカノイドDS』の発売記念イベントが開催された。

 このイベントは、『アルカノイドDS』が12月6日に発売されたことを記念して行われたもの。司会の紹介を受けて、声優・大山のぶ代さんが登場。『アルカノイド』の大ファンで凄腕プレイヤーでもある大山さんは、まず自身と『アルカノイド』との関係を語った。

 最初から「これが素敵な男性との出会いだったらよかったんですけどね」と来場者を笑わせると、続けて『アルカノイド』との出会いを明かした。1986年にゲームショップの前を通った時「のどかな音が聞こえた(大山さん)」のがきっかけで、以来、そのゲーム――『アルカノイド』にハマってしまったという。

 仕事をしていて新幹線を乗り継ぐ時などにも、『アルカノイド』を求めて駅前のゲームセンターを探し歩いたという大山さん。「『アルカノイド』を(駅前で)見つけるとホッとした」とも話すほど。当初は、100円玉を筐体に積んでプレイしていてもすぐになくなってしまったというが、「ボール1個(ノーミス)で25万点のスコアを取った時、このゲームと相性がいいのかなと」感じたという。現時点でのハイスコアは「120万点です。でも歳とともに落ちていきますね、しばらくプレイしないとニブりますし」と語る大山さん。ちなみに120万点という記録は、全国でも数本の指に入るスコアだ。

 新たに発売された『アルカノイドDS』について大山さんは、「まだお借りして3回しかプレイしてないんですけど」と前置きしつつ、「音楽がかわいい響きで、色付きのボール(アイテム)もいろんな種類がありますね」と説明。まだ全種類のアイテムは見ていないとも話していた。本日のイベントにあたり、仕事があるとはわかっていながら「昨日の夜も、つい朝方までプレイしてしまいまして……慌てて寝ました(笑)」と、『アルカノイド』への情熱を披露していた。

 最近は『アルカノイド』の筐体が置かれているゲームセンターが少なく、執念で探していると語る大山さん。仕事などで疲れた時、筐体が置いてあるゲームセンターにタクシーで向かったことも少なくないという。そうしたこともあって「(『アルカノイドDS』は)家事をちゃちゃっと終わらせて、すぐにプレイできますね」と携帯ゲーム機に魅力を感じていた様子だった。一方で、今春に『アルカノイド』の筐体を知人から譲ってもらい、別荘に置いていることも明かしていた。

 ここでいったんトークセッションは終了。続いて、大山のぶ代さんが実際に『アルカノイドDS』をプレイするコーナーに移る。「まだ3回しかプレイしてないから……」と謙遜する大山さんだったが、パドルを握ると目つきが豹変。ミスもなく5ステージをあっという間にクリアし、観客や報道陣からどよめきが上がった。これには解説役の「アルカノイド博士」として壇上に上がったタイトーの豊田巧氏も舌を巻くほど。

 この後は、報道陣や来場者を交えた大山さんとの対戦会へ。ここでは、4人対戦の「VSモード」を用いて勝負が行われた。1回戦の報道陣との対決ではボールを落とし、惜しくも敗れた大山さんだったが、来場者との2回戦目ではその腕前を披露して見事に勝利をおさめていた。プレイ後に「緊張しました」と語った大山さんだが、そうした緊張を感じさせない見事なパドルさばきを見せつけて、ギャラリーのため息を誘っていた。

 イベント最後のコーナーはジャンケン大会。プレゼントとして、大山さんの自伝「ぼく、ドラえもんでした。」(小学館刊)と、大山さんの直筆サイン色紙が提供された。見事ジャンケンで勝ち抜いた5名は、大山さんから直々にプレゼントを受け取り、一様に笑顔を浮かべていたのが印象的だった。

 最後に大山さんは『アルカノイド』のファンに向けて、つながることの幸せを強調。「今みたいに(DS同士で)つながって対戦できるなんて、すごい時代に生きていて幸せだなと思います」と話し、「これからもずっと『アルカノイド』を通じて仲よくやっていきましょう」と挨拶。イベントを締めくくった。
『アルカノイドDS』

『アルカノイドDS』

『アルカノイドDS』
ゲームセンターでのさまざまな逸話を披露した大山さん。自身と『アルカノイド』の話について、始終笑顔で話していた。
『アルカノイドDS』

『アルカノイドDS』
大山さんが生で『アルカノイドDS』のプレイを披露。残り数個だけブロックが残っている状態でも、的確にブロックを崩すなど、丁寧なパドルさばきを見せていた。


『アルカノイドDS』
観客で『アルカノイドDS』を持っている人の中から3人を選び、大山さんとの通信対戦を行った。
『アルカノイドDS』

『アルカノイドDS』
対戦者のDS本体を見てうらやましそうにする大山さん(上写真)。対戦後には、相手とガッチリと握手を交わしていた。
『アルカノイドDS』

『アルカノイドDS』
ジャンケン大会では、大山さん自らがジャンケンを行った。ジャンケンに勝利した参加者には、こちらも大山さん自らがプレゼントを手渡し。

(C)TAITO CORP.1986,2007

データ

▼『アルカノイドDS』
■メーカー:タイトー
■対応機種:DS
■ジャンル:ACT
■発売日:発売中(2007年12月6日)
■価格:通常版 3,990円(税込)/「パドルコントローラ DS(白)」同梱版 5,040円(税込)

■『アルカノイドDS』の購入はこちら



■『アルカノイドDS(パドルコントローラ DS(白)同梱版)』の購入はこちら


■関連記事
2007年12月5日
初代登場から20年! あの『アルカノイド』がDSでリニューアル
2007年11月28日
大山のぶ代さんも参戦! 『アルカノイドDS』発売記念イベント開催

■関連サイト
『アルカノイドDS』公式サイト
タイトー


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。