News

2007年2月28日(水)

『ロックマンゼクス』から数年の時を経て『ロックマンゼクスアドベント』が降臨!

 カプコンは、DS用ソフト『ロックマンゼクス アドベント』の最新画像を公開した。発売日は2007年予定。

 本作は、2Dアクションゲームの傑作『ロックマン』シリーズの最新作で、『ロックマン』20周年記念タイトルの第2弾となる。舞台は前作の『ロックマン ゼクス』から数年後。プレイヤーは“グレイ”、“アッシュ”という2人の主人公を操り、さまざまなボス、罠が待ち受けるステージを突破していく。ストーリーは“グレイ編”、“アッシュ編”の2本が用意されており、ゲーム開始時にどちらかを選択することになるとのことだ。
 今回は、主人公2人とそのライバル2人、そして新たなるロックマンの姿をメインに、各種アクションの画像を紹介していこう。

■ プレイヤーキャラクター ■

グレイ(14才)

「ボクは失敗作なんかじゃない……!
 ボクだって……ボクだって……ロックマンだ!」

 とある研究所でコールドスリープ状態にあった少年。戦闘に巻き込まれて目覚めたとき、自分のことはなにひとつ覚えていなかった。 「失敗作は処分する」と宣言する少女“パンドラ”の攻撃を受け、状況も飲み込めないまま研究所を飛び出すことになる。

【グレイの眠っていたカプセル】
 研究所にあったカプセルの数は5つ。そのうち4つは、すでに何者かが覚醒したあとだったという。

 

アッシュ(15才)

「勝手に決めつけないでくれる?
 これはアタシの人生。アタシの物語なんだ」

 本作のもう1人の主人公で、凄腕のハンター。連合政府「レギオンズ」の依頼を受け、ライブメタル・モデルAを盗んだ違法ハンターを追っている。金にはうるさいが、正義感は強く、曲がったことや違法性のある依頼は受けようとしない。


【“アッシュ”の飛行挺】
 ハンターギルドから支給された、機動性を重視したスプリントタイプの飛行挺。

■ ライブメタル・Aの力で ■
2人の主人公が
変身(ロックオン)!

ロックマン・モデルA

 ロックマンとは、ライブメタルに結晶化された知識を再生するためのシステム(R.O.C.K.システム)に適合して変身(ロックオン)したヒトのこと。戦うたびに経験を蓄積して成長を遂げるロックマン・モデルAは、究極のロックマンと言っても過言ではない。

ライブメタル・モデルA

「オイラを呼んだのはお前か?いいぜ、
追われる者同士、力を貸してやるよ!!!」 
違法ハンターによって遺跡から発掘された意志を持つ金属。世界に関わる重大な情報がおさめられていると言われる。

■ 敵キャラクター ■

プロメテ(年齢不詳)
パンドラ(年齢不詳)

「さあ……楽しもうじゃないか!
あの男が仕組んだ運命のゲームを!」

“パンドラ”と行動を共にし、ハンターから「死神」と呼ばれ恐れられている少年。ライブメタル・モデルAを空輸中のハンターを追う途中に“アッシュ”と出会う。

「あなたは……わたしと同じ……
 ロックマンのひとり……
 でも……めざめが早すぎた……」

“プロメテ”と行動を共にし、ハンターから「魔女」と呼ばれ恐れられている少女。“グレイ”をロックマンの失敗作と告げ、処分しようとする。

■ アクション ■

  今作の大きな特徴の1つが、ロックマンに変身する前でも攻撃ができるということ。もちろん、ジャンプやしゃがみ歩きなども可能。ステージによっては、変身前の状態で攻略したほうが有効な状況などもあるのだろうか……?

通常モード
【しゃがみ歩き】
【銃で攻撃】
ロックマン・モデルAモード
【壁ジャンプ】
【ダッシュジャンプ】
【バスターショット】
【チャージショット】
【ホーミングショット】

 

■開発者緊急コメント&スクープ写真入手!
「アドベント(Advent)」という言葉には、聖者の降臨、到来、出現といった意味があります。前作の“ヴァン”や“エール”とは違う新たな主人公や、とある重要な秘密を持つライブメタル・モデルAなどの登場を予感させる……という意味で「アドベント」と名付けました。ほかにもさまざまな意味が込められているのですが、あとはゲームをプレイしてのお楽しみということで」
厚い氷を蹴破る謎の人物。ロックマン・モデルAとは違うようだが……。


(C)CAPCOM CO.,LTD.2007 ALL RIGHTS RESERVED.

データ

▼『ロックマンゼクス アドベント』
■メーカー:カプコン
■対応機種:DS
■ジャンル:ACT
■発売日:2007年発売予定
■価格:未定

■関連サイト
『ロックマンゼクス アドベント』公式サイト
カプコン


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。