News

2007年3月12日(月)

キノ&エルメスがコメディを!?「電撃文庫ムービーフェスティバル」OPアニメ収録レポ

 2007年4月21日より全国の劇場にて公開される「電撃文庫ムービーフェスティバル」の、「スペシャル・オープニング・アニメ」の収録が都内のスタジオにて行われた。

 「電撃文庫ムービーフェスティバル」で上映される映画は、学園を舞台にした伝奇アクション「劇場版 灼眼のシャナ」、人間“キノ”と言葉を話す二輪車“エルメス”の旅を描いた「劇場版 キノの旅 -the Beautiful World- 病気の国 -For You-」、ハイテンションなギャグコメディ「いぬかみっ! THE MOVIE 特命霊的捜査官・仮名史郎っ!」の3本。いずれも、電撃文庫(メディアワークス刊)で人気の高い小説の映画化作品だ。
 映画本編の上映前には、小説でおなじみのキャラクター“シャナ”や“キノ”、“よう子”たちがSDキャラクターとなって競演する、「スペシャル・オープニング・アニメ」を見ることできる。今回、このOPアニメのアフレコが行われた。

 収録後に、「劇場版 キノの旅」に声優として出演する前田愛さん(“キノ”役)と相ヶ瀬龍史氏(“エルメス”役)から、アフレコの感想やファンへのメッセージをいただいたので以下に紹介していく。

●前田愛さん(“キノ”役)
「収録自体は結構短いものだったんですが、他の作品の声優さんとお仕事するということが今までなかったので、すごく楽しかったです。OPアニメでは、キャラクターはSDのかわいらしいビジュアルになるということで、収録するときにちょっとそのへんを意識したんですが、“キノ”自身にあまり変化はなく「そのままでいいよ」と言われてしまいました(笑)。
 「映画を見る前に楽しいオマケが見られた!」という感じで、見てくださった方がお得な気分になるといいなと思います。映画本編はもちろん、OPアニメも期待を裏切らない出来になっていますので、楽しみにしていてください!」

●相ヶ瀬龍史氏(“エルメス”役)
「原作の設定を超えて、違う作品の声優さんたちと収録ができたことは楽しかったです。それぞれのキャラクターを生かしたストーリーになっているので、かなり楽しめます。「シャナ」や「いぬかみっ」とはまた別のテンポで進む、「キノ」組のやりとりに笑っていただければと思います。
 3作品のいろんな要素がまざっているOPアニメは、本編と同様「電撃文庫ムービーフェスティバル」の見どころのひとつだと思いますので、ぜひこちらも見てください。」

電撃文庫ムービーフェスティバル

電撃文庫ムービーフェスティバル
「電撃文庫ムービーフェスティバル」のスペシャル・オープニング・アニメの収録を行った“キノ”役の前田愛さん(画像左)と、“エルメス”役の相ヶ瀬龍史氏(画像右)。
電撃文庫ムービーフェスティバル
「劇場版 キノの旅」の見どころについては、「“イナーシャ”ちゃんがとってもかわいらしいので、ぜひそこに注目していただければと!(前田さん)」、「いつも通りの「キノの旅」の世界観が楽しめる作品に仕上がっているので、安心して見ていただけると思います(相ヶ瀬氏)」とのことだ。

(C)高橋弥七郎・メディアワークス/『灼眼のシャナ』製作委員会
(C)時雨沢恵一・メディアワークス/劇場版『キノの旅』製作委員会
(C)有沢まみず・メディアワークス/犬神使い派遣協会

■関連サイト
「キノの旅 -the Beautiful World-」公式サイト
「電撃文庫ムービーフェスティバル」
角川映画


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。