News

2007年6月30日(土)

スタッフの悪ノリが爆発!「撲殺天使ドクロちゃん2」スタッフインタビュー

 2007年8月11日より、アニメ情報番組「Anime-TV」で発売前に先行オンエアするOVA「撲殺天使ドクロちゃん2」のスタッフインタビューが、都内のスタジオで行われた。

 「撲殺天使ドクロちゃん」は、メディアワークス・電撃文庫から現在9巻まで発売されている人気小説。2005年にはOVA版が発売され、2007年3月にはウェブラジオ「びんかんドクロちゃんねるファイヤー!」の配信が始まった。今年2007年8月からは、第2期のOVAとして「撲殺天使ドクロちゃん2」が放送される。

 このたび、都内のスタジオにてアフレコ終了後に声優インタビューが行われたのはこちらでお伝えした。そのインタビュー後、「撲殺天使ドクロちゃん」原作者・おかゆまさき先生、監督・水島努氏、プロデューサー・川瀬浩平氏、同じくプロデューサー・伊平崇耶氏、「撲殺天使ドクロちゃん」編集担当・三木一馬氏という、制作スタッフによる制作秘話が語られたので、以下に紹介していく。なお、答えにくい場合に限り、パスが1度のみ使える。

――まずは、名前と本作における担当、そしてこの企画が始まった経緯やその感想をお聞かせください。

おかゆ先生:原作を執筆している、おかゆまさきです。原作としては、いろいろな人に見てもらえるのがうれしいと思いました。今回の話を最初に聞いたとき「もう決まっているんです」って言われたんですが、この作品のスタッフっていろいろな「ドッキリ」をやるんですよ。だからしばらくは身構えてましたね(笑)。

水島氏:監督の水島努と言います。前回はOVAだったのですが、4本はあっという間で、なんとかまたやりたいと思っていたんです。でも思うだけでやれない作品が多いので、本作はやれてよかったですね。

川瀬氏:プロデューサーをしています川瀬浩平です。経緯ですか? なんでしょう……前作が売れたから?(笑) まあスタッフも「ドクロちゃん」を好きだったので、スキを見て始めたというのが本作です。

伊平氏:プロデューサー、伊平崇耶です。もともと原作が好きで原作に負けないような映像にしたかったんですが、前回やってみて届かなかったと思ったんです。今回はチャンスをもらえたので、さらに「ドクロちゃん」の世界を突き詰めていけたらと思っています。具体的に言うと、いかに笑いを取れるかですね(笑)。

三木氏:電撃文庫「撲殺天使ドクロちゃん」の編集担当をしている三木一馬です。今回の話は、最後まで作りきってから、おかゆさんに「ウソでした」と言いたかったのですが、お金が動くので実現しませんでした(笑)。まあ、そんなことをやろうとするくらいに自由度の高い作品なんで、それが前作の成功に繋がったんだと思います。そんな作品を今回、再びやれたのでよかったですね。

――アフレコを見て、監督サイドからと原作者サイドからの感想を教えてください。

水島氏:ブランクを感じさせないと思いました。むしろ「ちょっと慣れてきているかな?」とも感じられましたね、いい意味でもそうじゃない意味でも(笑)。最近は、撲殺するのが普通に見えるんですよ。それはよくないなと。倫理的にその表現はどうなの? というところまでやるしかないですかね。あとは、前回の第1話をアフレコしたときの声優さんの混乱具合を再び見たいというのもあります。冷静に気が狂っているという作品を作っていきたいと思いました(笑)。

おかゆ先生:前回は制作サイドも力を入れすぎてヘトヘトになってしまったんですが、今回はすんなりできたんでよかったです。しかし、監督も言っていましたが、ちょっと慣れてきているかなと(笑)。視聴者はそれ以上を望んでいると思うので、次を考えてしまうようなアフレコでした。

――第1話のテーマが「しゃせい大会」ということでしたが、みなさんの「しゃせい」にまつわる思い出など語ってもらえますか?

水島氏:中学1年の時だったと思うんですが、悪いことをしているような気がしました(笑)。

おかゆ先生:罪悪感? これでエンドロールが出て、人生が終わればいいのにって思いました(笑)。

三木氏:この間、仕事中に突然なぜか元気になってきてですね(笑)、困ったことがありました。あっ! これは「しゃせい」の話ではないですね。

伊平氏:どうしていいのかわかりませんでした。だって、人に聞いたりしないじゃないですか。それが暗い思い出ですね。畳にこすりつけてました(笑)。

川瀬氏:朝ってやっぱり元気になるじゃないですか? 最近は元気がないんですよ。そろそろ引退かなと(笑)。

――「しゃせい大会」についての質問でしたが、どうやら別の「しゃせい」の話になってしまいました(苦笑)。では、お風呂に入った時にどこを最初に洗いますか?

水島氏:最近は加齢臭が気になるので、耳の裏からですね(笑)。

おかゆ先生:股間節かな。暑くなってきて、ちょっと歩くとすぐに股関節が痛くなるのでそこからです。

三木氏:……(しばらく考えて)パスで。

伊平氏:自分は上の方から洗います。最初にシャンプーで頭を洗って、ついでに体中の毛をシャンプーで洗ってます(笑)。

川瀬氏:……ぢゃあチ●チンで(笑)。股間からです!(※三木氏もこの答えを言おうとしたが、オチてしまうので遠慮した様子)

――次の質問です。1話でビンカンサラリーマンが登場しましたが、あなたの体で1番敏感なところはどこですか?

全員:……これは同じでしょ(笑)。

――同じですか?

全員:満場一致でアソコです(笑)。

――それでは、また2話のお風呂シーンをネタにした質問です。混浴してみたいと思った女性は誰ですか?

水島氏:え~~! したくない人ならいるけど、したい人なら片っ端からじゃないですか?(笑)

三木氏:自分は、加○あいですね。いろいろな意味で(笑)。

伊平氏:なら、鈴木□理奈かな~。いろいろな意味で(笑)。

川瀬氏:米△涼子でお願いします(笑)。

水島氏:ならオレはラ×ス長官かな。政治とかについて語ってみたい(笑)。

おかゆ先生:すみません、オレもそれに入っていいですか?(一同爆笑)。

――では、最後に作品を楽しみにしている人へメッセージをお願いします。

川瀬氏:さらにパワーアップして帰ってきたので、ぜひ楽しんでください。

伊平氏:「ハチャメチャ」とか「シュール」といわれる作品はよくありますが、この作品ほど計算された作品はないと思います。ぜひみなさんに知ってもらいたいです。

三木氏:そもそもこの本をつくったのは、後にも先にもマネできないという部分を意識してつくりました。アニメもそれが立証されているので、ほかで見れないものを見たいなら、ぜひ見てもらいたいです。

おかゆ先生:DVDの映像特典は本編の3倍くらいのボリュームが収録されています。それをぜひ見て、「ドクロちゃん」ワールドをすべて楽しんでください。

水島氏:小説と読み比べてほしいです。おかゆさんへの挑戦でもあるんですが、「映像にするとこうなるんだよ」ということを比べてもらいたいですね。楽しいことをやっていると幸せになれるということを見てる人にもわかってもらいたいです。あとですね……ネタはいろいろ入っているんですが、悪意は1つもありません。そこは理解してもらいたいです。


インタビューというよりは、恥話(?)を披露してくれたスタッフの面々。前列左より「撲殺天使ドクロちゃん」編集担当・三木一馬氏、プロデューサー・川瀬浩平氏、「撲殺天使ドクロちゃん」原作者・おかゆまさき先生、水島努監督、伊平崇耶プロデューサー。女性声優には聞けなかった本音(?)をタップリ語っていただいた。

























































(C)おかゆまさき・メディアワークス/木工ボンド部

データ

■TVアニメ「撲殺天使ドクロちゃん2(セカンド)」
【放送局】tvk、シーエスGyaO
【放送開始日】
 ・tvk……8月11日(24:00~)
 ・シーエスGyaO……8月13日(24:30~)ほか再放送あり

【スタッフ】(敬称略)
 原作:おかゆまさき(メディアワークス電撃文庫)
 キャラクター原案:とりしも
 監督/脚本:水島努
 キャラクターデザイン:古賀誠
 音楽:あかづきかおる
 音響監督:岩浪美和
 制作:ハルフィルムメーカー
 製作:木工ボンド部

【キャスト】(敬称略)
 “ドクロちゃん”役:千葉紗子
 “草壁桜”役:高木礼子
 “水上静希”役:川澄綾子
 “サバトちゃん”役:釘宮理恵
 “ザクロちゃん”役:渡辺明乃
 “田辺さん”役:黒河奈美
 ほか
■関連記事
2007年6月30日
今度はTVアニメでぴぴるぴ~♪ 「撲殺天使ドクロちゃん2」アフレコレポート

■関連サイト
「撲殺天使ドクロちゃん2」公式サイト
ジェネオンエンタテインメント


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。