News

2007年8月16日(木)

珍しく正統派?PS2『いつか、届く、あの空に。』主題歌を歌う霜月さんにインタビュー

 ティームエンタテインメントは、9月26日に 『いつか、届く、あの空に。』主題歌シングル、「星空の坂道」を発売する。価格は1,260円(税込)。

 今回発売されるマキシシングルは、10月25日にラッセルキュアから発売されるPS2用ソフト『いつか、届く、あの空に。 ~陽の道と緋の昏と~』のオープニング主題歌「星空の坂道」を収録。この曲は、物語を彩る繊細で複雑な感情を表したような楽曲で、ユーザーの気持ちを盛り上げてくれる。

 楽曲のボーカルを担当する霜月はるかさんは、PS2用ソフト『イリスのアトリエ』シリーズ等の主題歌を歌う人気アーティスト。今回、曲の収録を終えた霜月さんにインタビューを行ったので、その様子を以下に掲載する。

――曲を聴いた時の第一印象について、お聞かせください。

霜月さん:ゲームについては知った状態で曲を受け取ったので、オープニング曲にはすんなり入れましたね。キーワード「星空」とかはゲーム中にも出てくるもので、ゲームの設定といい絡みをするんではないでしょうか。私が曲の話をもらう時は、ゲームに曲が絡んでいるかを重要視しているんですよ。これは私がゲーマーだからかもしれないんですが(笑)。曲とゲームのイメージは遠いものにしたくなかったので、出きあがってきた曲に自分なりの意見を出したりもしました。結果としてこの曲は、切ない部分もありつつ前向きで爽やかな、ゲームにあった曲に仕上がったと思います。

――歌詞で印象に残っているのは、どこですか?

霜月さん:そうですね。タイトルにもなっているんですが、サビの部分にある「星空へと続く坂道~」というキーワード的な歌詞ですね。駆け上がるようなメロディに乗っかっていて、その情景が目に浮かぶので印象的でした。

――今回の収録でいつもと違っていた部分や、ここを意識したというところを教えてください。

霜月さん:今回の曲は、正統派なゲーマーズPOPソングという感じなんですよ。私が普段歌う曲は「変化球」的なものが多いんですが、正統派な感じの曲だったという部分が違うところですね(笑)。自分のなかにある、切なさを多少含んだ明るい部分を使い、爽やかな曲になるよう意識しました。歌詞が女の子の視点で書かれていて、恋愛の感情を歌っているものだったので、気持ちは込めやすかったですね。そこもいつもとは違う感じでした(笑)。

――ゲームがお好きのようですが、こちらのゲームは実際に遊ばれたんでしょうか?

霜月さん:プレイはしていないんですが、PC版のオープニングの作詞をしたので、シナリオには目を通しました。だから、作詞した歌詞にはシナリオやキャラの設定が入っていると思います。

――なるほど。では、今回の曲のイメージはキャラクターでいうと誰だと思いましたか?

霜月さん:う~~ん、“ふたみ”(※ヒロイン・“唯井(いい)ふたみ”)ですかね。シナリオを読んでいるときも絡みで気になるシーンが多かったので、自分が感情移入しやすかったというのもあるかもしれませんが……。歌うときには“ふたみ”といるシーンを浮かべながら、歌ったりしましたね。

――歌うときに、どんなことを考えながら歌いましたか?

霜月さん:さっきもちょっと出たんですが、シナリオを読んで私がなんとなく“ふたみ”にシンクロしていたというのもあって、彼女の気持ちからは離れなかったですね。これから主人公と一緒にいたいという恋愛感情をテーマに歌いました。

――収録中になにかハプニングとかありませんでしたか?

霜月さん:なにかあったかな?(笑)。けっこう慣れたスタジオだったので、収録はスムーズに行われました。ムードも和やかで、その場で意見を出してフレーズを足すとかありましたし……イメージ通りにできたと思います。

――レコーディングにあたって、げんかつぎとかをされたりしますか?

霜月さん:私は、おなかが減って元気が無くなると歌に表れるみたいで、気づかれるんですよ(笑)。曲に浮遊感を出すときに、何度もコーラスを収録するんですが、コーラスをずっとやっているとおなかが減るんです。だからスタジオに来るときは、1リットルの水と予備の食料を買ってくるようにしていきますね。……でもこれは、げんかつぎではないですね(笑)。

――毎日暑いですが、健康法など気を使っていますか?

霜月さん:クーラーのなかにいすぎるとまずいと思って、クーラーを消して部屋にいたりします。うちはインコを飼っているんですが、インコは熱帯の生き物で、適温が30℃くらいなので、クーラーをつけると寒がるんですね。かわいそうだからスイッチを切ると、今度は私が暑いという(笑)。でもクーラーを切って、窓を開けて外の空気を入れる方が健康的な気がしますね。まあ今日くらい暑いときついですね。(※インタビューを行った当日は東京は35℃を記録した)

――では最後に、ファンへのメッセージをお願いします。

霜月さん:私にしては、珍しく正統派な楽曲だと思います。ゲームのイメージにもあった爽やかな曲なので、私の新たな一面を楽しんでいただけたらと思います。

――本日はありがとうございました。






曲のイメージからテーマまで、いつもと少し違ったと語る霜月はるかさん。「しっとりした曲ではなく、盛り上がる感じのポップソング」と自身が語った「星空の坂道」は、ソフトの発売に先駆けて9月26日に発売される。

(C)2007 Lump of Sugar/Russell

データ

▼「星空の坂道」
■品番:KDSD-00154
■販売元:ソニーミュージックディストリビューション
■発売元:ティームエンタテインメント
■発売日:2007年9月26日
■価格:1,260円(税込)

■「星空の坂道」の予約・購入はこちら
Amazon
※Amazonの販売価格:1,260円(税込)

▼『いつか、届く、あの空に。 ~陽の道と緋の昏と~』
■メーカー:ラッセルキュア
■対応機種:PS2
■ジャンル:AVG
■発売日:2007年10月25日
■価格:通常版 7,140円(税込)/限定版 9,240円(税込)

■『いつか、届く、あの空に。 ~陽の道と緋の昏と~』通常版の予約・購入はこちら
Amazon
※Amazonの販売価格:6,283円(税込)

■『いつか、届く、あの空に。 ~陽の道と緋の昏と~』限定版の予約・購入はこちら
Amazon
※Amazonの販売価格:7,854円(税込)
■関連記事
2007年8月1日
PS2『いつか、届く、あの空に。』テーマ曲が9月26日発売に
2007年6月22日
それは、雨を巡る優しく切ない物語――『いつか、届く、あの空に。』がPS2に登場

■関連サイト
「星空の坂道」情報ページ
『いつか、届く、あの空に。 ~陽の道と緋の昏と~』公式サイト
霜月はるか公式サイト
ラッセルキュア
ティームエンタテインメント


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。