News

2008年3月1日(土)

新宿バルド9に稲妻走る! キン肉マン生誕29周年記念イベントにファンが大集結

 人気キャラクター“キン肉マン”が今年で生誕29(ニク)周年を迎えることを記念して、2月29(ニク)日から1週間にわたって「キン肉マン映画祭」が開催される。初日の2月29日には、スペシャルゲストを招いたイベント「29周年スペシャルナイト」が、東京の「新宿バルト9」で開催された。


 イベントが始まると、原作者であるゆでたまご先生(嶋田隆司氏と中井義則氏)がステージに登場。嶋田氏は「漫画家という職業は、ファンの人の姿を見る機会が少ないので、今日はとてもうれしいです。これからも30周年、40周年を目指してやっていきます」と話し、中井氏は「ドジ超人だった“キン肉マン”を世界の“キン肉マン”にしてくれた、20世紀の少年たちと多くの関係スタッフに心よりお礼を申し上げます」と挨拶をした。

「PRIDE」の選手入場コールでお馴染みのレニーハートさんによる入場コールで登場したゆでたまご先生。2人は「落書きみたいに書いていた「キン肉マン」が、29周年を迎えられるとは思っていませんでした」と照れながらコメントした。


 続いて、「キン肉マンの日」の認定書授与が送られた。これは毎月29日が金曜日となる日を「キン肉マンの日」として、日本記念日協会が認定したことを記念して贈られたもの。贈呈者として、TVアニメおよび劇場版「キン肉マン」のプロデューサー・田宮武氏が登壇。舞台上手から登場した“キン肉マン”より、認定書を受け取り、ゆでたまご先生に授与した。

認定書の授与式では、“キン肉マン”が認定書を持って姿を見せた。「キン肉星」の王子が、わざわざ地球に来てくれたということで、集まったファンからは歓声が上がった。

田宮プロデューサーは、「29年も前に作り出されたコミックが、まだ人気なのはキン肉パワーだと思います。このイベントのチケットもあっという間に完売したということで、ゲットされた皆さんは大変ラッキーだったと思います。ゆっくり楽しんでいってください」と語った。


 認定式が終わると、イベントのゲストが登場! お笑いコンビのバッファロー吾郎とタレントのケンドーコバヤシ氏、お笑いタレントのアホマイルドの2人と指圧野郎さん、格闘家のミノワマン、フードファイターとして活躍していたジャイアント白田氏が、壇上に姿を見せた。
 ここで、牛丼好きの“キン肉マン”に対抗して、ジャイアント白田氏による、2.9kgの牛丼を29分で食べるイベントが行われることが明らかになった。もし食べきることが出来たら、「特製チャンピオンベルト」と、2008年12月20日に発売される「完全予約生産限定 キン肉マン コンプリートDVD-BOX」が贈られるという……のだが、ここでバッファロー吾郎から物言いが! 2人は「ジャイアント白田さんなら、2.9kgの牛丼を29分で食べきる準備をしてきている」と話し、制限時間を20分にするべきと主張した。「29周年なのに20分にしたら、29にかかってないし、20分は厳しいのでは?」と会場がざわついたが、ジャイアント白田氏は「ハイ!」とあっさり承諾。ルールが変更され、あとは「吉野家 新宿4丁目」から出来立ての牛丼が届くのを待つのみとなった。

ゲスト出演者の皆さん。左からバッファロー吾郎、ケンドーコバヤシ氏、アホマイルド。

“キン肉マンソルジャー”を意識して、迷彩ズボンで登場した指圧野郎(左)と、2.9kgの牛丼に挑戦したジャンアント白田氏(中央)、超人に憧れて名前を変更したミノワマン(右)。


 牛丼を待っている間に、公式サイトで募集した「ファンが選んだベストバウト」上位作品が発表となった。約3,500通の応募から栄えある1位に輝くのは、はたしてどの試合なのか!? ファンが見守る中、10位から6位までが公開された。

 10位:“ウォーズマン”VS“ラーメンマン” 第21回超人オリンピック ザ・ビックファイト編
 9位:「マッスル・ブラザーズ」VS「はぐれ悪魔超人コンビ」 夢の超人タッグ編
 8位:“バッファローマン”VS“ウォーズマン” 7人の悪魔超人編
 7位:“キン肉マン”VS“キン肉マンスーパー・フェニックス” キン肉星王位争奪編
 6位:“キン肉マンソルジャー”VS“キン肉マンスーパー・フェニックス” キン肉星王位争奪編


 屈指の名バトルばかりがランクインしているが、ゲストからは「“バッファローマン”VS“ウォーズマン”はベスト3に入ると思った」や「“ウォーズマン”VS“ラーメンマン”はもっと上じゃないかな」と言った声も聞かれ、思い入れは人それぞれかなり異なる様子。

 続いて5位、4位の発表が行われ、5位は「夢の超人タッグ編」より、「マッスル・ブラザーズ」VS「ヘル・ミッショネルズ」の試合であった。自分の甘さを認識し、一度は“キン肉マン”との友情を破棄した“テリーマン”であったが、“キン肉マングレート”の戦う姿勢に再び友情を取り戻すという感動のシーンだ。「ヘル・ミッショネルズ」は、完璧の名の元に、マスクを狩り続けるコンビ。3本勝負で行われたこの試合が、ファンに支持されたようだ。
 一方の4位を射止めたのは、「キン肉星王位争奪編」の“ロビンマスク”VS“マンモスマン”の試合。「キン肉マンチーム」のブレインとも言える“ロビンマスク”と、「知性チーム」のパワーファイターで、高い実力を持つ“マンモスマン”がぶつかり合う試合がランクイン。「運命の糸」を使った試合から、真剣勝負にシフトしていく様子が、ファンの心に残ったのかもしれない。
 そして、この2戦の紹介映像は、「PRIDE」の選手紹介映像(通称「煽り映像」、「煽りV」)の制作で知られる映像作家・佐藤大輔氏による、「キン肉マン」キャラクターの「煽りV」映像であり、見終えたゲスト陣は「マジで泣きかけた(ケンドーコバヤシ氏)」、「もう一度みたい(ミノワマン)」と大絶賛であった。

 3位、2位は連続で発表された。3位は「7人の悪魔超人編」より“キン肉マン”VS“バッファローマン”が、2位には「黄金のマスク編」より“キン肉マン”VS“悪魔将軍”の戦いが選ばれた。これには、会場からは「あ~~」という納得の声が。ゲストのミノワマンは「この2試合は“キン肉マン”にとっては辛い試合だったと思うんですよ。相手は悪魔超人の大将で、一方は“悪魔将軍”。とくに“悪魔将軍”は超人のなかでも最高というファンも多いですからね」と発言し、格闘家でありながら「キン肉マン」ファンであるという一面を披露した。
 しかし、これらの試合の上となると、はたしてどの試合なのだろうか……。

ベストバウトの司会を担当したのは、アホマイルドの2人。委員長こと“ハラボテ・マッスル”と“キン肉マンマリポーサ”のコスプレ(?)をして、ネタを披露するもやや受け。最後には「俺らは確実に怒られるぞ」とビビッていた。

バトルに対する個人的な想いと「キン肉マン」に対する熱い想いをコメントしたゲスト陣。とくに映像作家・佐藤大輔氏による、「キン肉マン」キャラクターの「煽りV」に対しては、熱い発言が多く見られた。


 皆がランキングに見入る中、ここでジャイアント白田氏の牛丼が会場に到着した。オレンジの服に身を包んだ吉野家のスタッフが舞台の上に8つの牛丼が並び、イベントはスタート! はたして白田氏は、20分で2.9kgという牛丼を食べきることができるのであろうか? ランキングも気になるが、牛丼の減りも気になるという忙しい展開となった。

牛丼が運ばれるとゲストからは「いい香りだ! 1つ食べたい」や「スタッフさんはあの格好で、この寒空の下を歩いてきたんですか?」などという発言が。なお、白田氏は最初の牛丼には、七味唐辛子をかけて食べていた。


 ここでついに気になる1位が発表に! 映像作家・佐藤氏と声優・立木文彦氏による映像を会場にいるすべての「キン肉マン」ファンが見守る中スクリーンに映し出されたのは、機械超人として第21回超人オリンピックに参加した“ウォーズマン”と、自分のために植物状態となってしまった“ラーメンマン”に涙する“キン肉マン”!
 栄えある1位に選ばれたのは、「第21回超人オリンピック ザ・ビッグファイト編」で死闘を展開した“キン肉マン”VS“ウォーズマン”であった。ファイティングコンピュータ“ウォーズマン”と火事場のクソ力で勝利を狙う“キン肉マン”との1戦には、「キン肉バスター」の初公開や、クリーンファイトに目覚め、自分の過去を語る“ウォーズマン”など、見所ばかり。1位受賞に、会場からは拍手が巻き起こっていた。

3杯目を食べ終えたジャイアント白田さん。卵は食べなくても問題ないのだが、よくかきまぜて牛丼にかけて食べていた。

ゲスト陣のベストバウトも公開された。「超人師弟コンビ」VS「ヘル・ミッショネルズ」を選んだミノワマンは「これを選んだのは、試合よりも映像が凄かったので選びました。“ロビンマスク”がマスクを取られ、その映像が出るという歴史的瞬間なんですよ。何度も一時停止して見返しました」とその理由を説明した。家にビデオがあるという人は、ぜひチェックしてほしい。


 淡々と食べていたジャイアント白田さんだったが、残り時間1分を残した時点で、残り一口。最後の一口を食べきり、お茶を飲んだ時点で完食を宣言し、会場のファンのド肝を抜いた。感想を聞かれ「おいしかったです!」と答えた同氏には、ゆでたまご先生より、特製のチャンピオンベルトと「完全予約生産限定 キン肉マン コンプリートDVD-BOX」の目録が贈られた。

卵、七味唐辛子、紅生姜などを駆使しながら、見事に20分で2.9kgの牛丼を食べきったジャイアント白田氏。418体のキンケシの使い方を聞かれて「各部屋に飾りたいと思います」と答えていた。


 1時間に渡るイベントの最後には、オープニングテーマ「キン肉マンGo Fight!」を歌いながら、串田アキラ氏が登場。会場のファンの心を1つにするパフォーマンスを披露しながら、名曲を歌い上げた。「今日はうれしくてうれしくてしょうがないです。「キン肉マン」を好きだった子どもたちが、こんなに大きくなってすごいな(笑)。ありがとう!!」と挨拶をして会場を盛り上げた。さらにはアンコールで、ゲスト陣と共に「炎のキン肉マン」を熱唱。会場のファンとMUSCLEしてイベントは終了となった。

熱い生歌を披露した串田氏。ファンやゲストは手拍子をしながら、一体となって、ライブを楽しんでいた。


 なお、2月29日には「キン肉マン GREATEST CD-BOX」と「キン肉マン 主題歌超選集」という2枚のCDが、コロムビアミュージックエンタテインメントより発売されているので、ファンはこちらもゲットしておこう。

 またイベントに先立ってマスコミを対象とした囲み取材が行われた。その時のコメントを以下に掲載するのでチェックしてほしい。



嶋田氏:シャレで29(ニク)周年に何かやろうといったんですが、こんなに盛大に祝っていただけれるとは思っていませんでした。こんなに長い作品になったのも、ファンの人に支えていただいたおかげです。作者だったのですが、キンケシを集められなかったので、この機会にDVD-BOXをゲットしたいと思います(笑)。あとは29周年ということで、実際のリングに“キン肉マン”を上げたいと妄想として思っています。プロレスを何か盛り上げることをしたいと思うので、起爆剤になってもらえればうれしいです(ミノワマン「すっげー、すっげー。対戦することになったら……幸せですね」)。

中井氏:2人で29年間、一筆入魂でやってきました。これからも2人で二人三脚で頑張っていきたいと思います。

串田氏:ボクは「キン肉マン」を歌うことで、芸能生活がドンドン延長されています(笑)。今年で39周年になりましたが、まだまだ続けるつもりです。そしてまだまだ「キン肉マン」を歌い続けるつもりです。

バッファロー吾郎:29周年の2月29日の金曜日に、僕らの小学校時代に憧れだった方々とご一緒できたことを感謝しています。

ケンドーコバヤシ氏:ボクも今年でちょうど29歳で「キン肉マン」と同じ(バッファロー吾郎「違いますよね?」)……えっと、36歳でした。これからも「キン肉マン」を読んでいきたいです!

ミノワマン:子どものころから見て、憧れまして、今この場に入れることが幸せです。「キン肉マン」からは「友情」や「超人」ということを学び、名前も変えました。これからも影響を受けると思いますが、“キン肉マン”に近づけるように頑張ります!(嶋田氏「今度行われる「DREAM」頑張ってください。10万円の席を買いました!」)


 「キン肉マン映画祭」は、1984年から1986年までに公開された劇場版7作品を1日1作品と、公式サイトで募集した「ファンが選んだベストバウト」上位作品が上映される。
 またイベント会場となる「新宿バルト9」では、ステージで「キン肉マン立像」、「カフェオアゼ」で12月に発売されるDVD-BOXの封入特典「復刻版キンケシ(全418体)」の展示が行われる他、カフェ利用者に限定で「キン肉マン特製コースター」が贈られるので、昔見ていたファンや、最近新たに好きになったというファンで、近郊に在住の人ははぜひ足を運んでおこう。

会場となる「新宿バルト9」のチケット売り場の上には、“キン肉マン”の立像が! またフロアには、原作に登場した「黄金のマスク」や「銀のマスク」、「超人オリンピック チャンピオンベルト」に「超人タッグトーナメント トロフィー」が展示されている。

「復刻版キンケシ」が3月上旬より、バンダイより発売される。2月29日には会場販売で「キンケシ」の先行発売が行われ、一心不乱にガチャガチャを回すファンの姿が見られた。

「カフェオアゼ」でドリンクを注文した先着2,000名に、オリジナルコースターが1種類配布される。また、「カフェオアゼ」では、418体のキンケシを始めとするグッズを展示している。


(C)ゆでたまご/集英社・東映アニメーション

データ

■「~キン肉マン生誕29周年記念~キン肉マン映画祭」概要
【開催期間】2008年3月1日~3月7日
【会場】新宿バルト9
【料金】全席指定 一般 1,800円(税込)/大学・高校生 1,500円(税込)/中学生・小人(3歳以上)・シニア 1,000円(税込)

▼「完全予約生産限定 キン肉マン コンプリートDVD-BOX」
■品番:DSTD-02797
■発売元:東映アニメーション・東映ビデオ
■販売元:東映
■発売日:2008年12月20日(店頭予約締切 2008年7月13日)
■価格:105,000円(税込)
■特典
 ・復刻版キンケシ 全418体付き(復刻版ミニブック全30種付き)
 ・ボーナスディスク付き
 ・豪華ブックレット付き
 ・全DISCピクチャーレーベル仕様

■「完全予約生産限定 キン肉マン コンプリートDVD-BOX」の予約・購入はこちら
Amazon

▼「キン肉マン GREATEST CD-BOX」
■販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
■品番:COCX-34777-34781
■発売日:発売中(2008年2月29日)
■価格:7,875円(税込)

■「キン肉マン GREATEST CD-BOX」の購入はこちら
Amazon

▼「キン肉マン 主題歌超選集」」
■販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
■品番:COCX-34782
■発売日:発売中(2008年2月29日)
■価格:2,900円(税込)

■「キン肉マン 主題歌超選集」の購入はこちら
Amazon

■関連サイト
「~キン肉マン生誕29周年記念~キン肉マン映画祭」詳細ページ
キン肉マン29周年記念サイト


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。