News

2008年3月28日(金)

歩兵の視点からリアルな「ガンダム」を描く『ガンダムオペレーショントロイ』始動

 バンダイナムコゲームスは、2008年発売予定のXbox 360用ソフト『ガンダム オペレーショントロイ』の情報を明らかにした。

 本作は、TVアニメ「機動戦士ガンダム」で繰り広げられた戦争を、兵士としての視点からリアルに描いたとしたら」というテーマで作られた1人称視点のシューティングゲーム。プレイヤーは「地球連邦(以下、連邦)」または「ジオン軍」の一兵卒として、シングルモードミッションや最大10人が参加できるマルチプレイ戦を戦い抜いていくことになる。

 本作のキモとなる戦闘では、生身で敵と相対する以外にも、18メートルを超す巨大兵器「モビルスーツ(以下、MS)」に乗り降りして戦闘することも可能となっている。

 以下に、本作のゲームモードや、登場する兵科(兵士の種類)、モビルスーツなどを紹介していこう。

■ゲームモード■












<シングルモード>
つぎつぎと与えられる指示(ミッション)をこなし、先へ進んでいくゲームモード。レーダーに常に映し出される「WAYPOINT」が目指すべき目標地点となる。「すべての敵を倒す」などの、与えられたミッションをすべて完了するとステージクリア。
 シングルモードは、すべて決められたシチュエーションで戦う。状況によって、MSから自由に乗り降りできない場合もある。用意されたミッションは、連邦・ジオンともに5つずつの計10ミッション。最後のミッションをクリアするとエンディングとなる。シングルモードは本ゲームの操作を一通りマスターできるようになっている、いわばチュートリアル的なモードである。




<マルチプレイモード>
「アサルト」、「コンクエスト」、「サバイバル」という3種類のルールが存在する。本作のメインとなるモードで、「XboxLIVE」のゴールドメンバーシップが必要となる。




「アサルト」
連邦とジオンで2つのチームに分かれて戦う。基本的には、制限時間内にどれだけ相手を倒せるかを競うルールだが、歩兵状態でMSを倒すといったように、弱いものが強いものを倒すとより高いスコアを稼げるようになっている。チーム内でボイスチャットをすることも可能なので、力をあわせて相手チームを倒す作戦を立てられる。







「コンクエスト」
陣地を占領するルール。全部で5つある占領ポイント(柱)のうち、4つを占領すれば勝利となる。ポイントを占領するには、歩兵状態で近付く必要があるので、周囲に敵がいない時でもMSやスナイパーに気を配る必要があるだろう。制限時間内に決着がつかない場合、終了時点で占領ポイントの多い方が判定勝ちとなる。



「サバイバル」
自分以外の全プレイヤーが敵になり、お互いを倒しあうルール。画面左側に自分が倒した数が表示され、制限時間内により多い敵を倒したプレイヤーの勝利となる。「アサルト」と同様、弱いものが強いものを倒すと高得点を入手できる。ボイスチャットは全員と会話することになるので、うまく利用するといいだろう。



「ハンガー」
マルチモードでは、いずれも事前に自分が乗って出撃するMSを選んだり、MSの武器を選んだりすることができる。それを行う場所がハンガーだ。最初は基本MSである「RGM-79 ジム」と「MS06J ザクII」しか選択できないが、マルチモードをプレイしていくことで、徐々にMSやMSの武器、MSカラーなどのバリエーションが追加されていく。

■兵科■


兵士はMSから降りても戦えるよう、対モビルスーツ兵器を所持しており、MSを失っても兵士が生きていれば戦い続けることができる。マルチプレイモードでは、3種類の兵科の中から1つを選択して戦うことになる。それぞれ得手不得手があるので、しっかりと特性および携行武器を見極めたうえで戦いに臨みたいところだ。ちなみにどの兵科でも、ナイフとピストルは共通して携行することになる。




■アサルト……対兵士の兵器が充実。携行武器は、アサルトライフル・グレネードランチャー・ハンドグレネード。



■スナイパー……遠距離からの対兵士・対モビルスーツ戦に優れる。スナイパーライフル・グレネードランチャー・ハンドグレネードを携行する。



■アンチタンク・MS……その名の通り、対車両・対モビルスーツ兵器を携行する。その反面、対人装備には乏しい。携行武器は、ロケットランチャー・ショットガン・スモークグレネード・地雷。

■登場MS■


「RX-75 ガンタンク」
長距離支援に特化したMS。MSというよりは移動砲台に近く、機動性が犠牲になっているが、高い火力と耐久力を誇る。武装は固定武装のみで、武器の換装は行えない。





「RGM-79 ジム」
「RX-78 ガンダム」をもとに設計された連邦軍のもっともスタンダードな量産機。汎用性が高くクセがないので扱い易いが、突出した性能もない。生産コストも低く、物量で勝利する戦術に適した機体。



「RGM-79 [G]陸戦型ジム」
先行試作量産された陸戦用MS。RGM-79と同様に汎用性が高いMSではあるが基本性能は「RGM-79」より若干高い。ロングレンジビームライフルを装備することでスナイパーとして活躍することもできる。




「MS-06J ザクⅡ」
「一年戦争」でジオン軍の主力となった量産型MS。戦争のあり方を大きく変えた機体で完成度が非常に高く、この機体をベースにさまざまなバリエーションが制作された。汎用性が高く、兵士たちが好んで使用した機体でもある。



「MS-05 旧ザク」
ジオン軍が開発した史上初のMS。機体としてはすでに旧式の部類に入るが、汎用性の高さとコストの安さから、現役で運用されている。



「MS-07B グフ」
対MS戦を想定して開発された陸戦用MS。白兵戦能力が高く、近接武器であるヒートソードに加え、固定武装としてヒートロッドと5連装75mmマシンガンを装備。その他の武装も近距離戦闘向きである。



「MS-09 ドム」
ジオン軍の局地戦用重MS。重装甲でありながらホバー移動によって高機動力を実現している。主武装としてジャイアントバズを装備している。"

(C)創通・サンライズ

データ

▼『ガンダム オペレーショントロイ』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:STG
■発売日:2008年発売予定
■価格:未定

■関連サイト
『ガンダム オペレーショントロイ』公式サイト
バンダイナムコゲームス


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。