News

2008年3月28日(金)

【TAF2008】劇場アニメ「HIGHLANDER ハイランダー」製作発表会見開催!

 7月5日より新宿バルト9他で公開予定の劇場アニメ「HIGHLANDER ハイランダー~ディレクターズカット版~(以下、HIGHLANDER ハイランダー)」の製作発表会見が、本日3月28日に「東京国際アニメフェア2008」にて行われた。

 「HIGHLANDER ハイランダー」は、1986年にシリーズ1作目が公開された「ハイランダー」シリーズの20周年を記念して制作される長編アニメーション作品だ。監督を務めるのは、「獣兵衛忍風帖」のソード・アクション描写が評価されている川尻善昭氏。アニメーション制作は、「千年女優」や「時をかける少女」などを手掛けるマッドハウスが担当する。今回の制作発表会見には、川尻氏をはじめ、プロデューサーの丸山正雄氏と齋藤優一郎氏らが登壇した。

 まず、「HIGHLANDER ハイランダー」のオファーがあった時のことについて3人は次のように語った。「この話があった時、川尻くんじゃないとやらないつもりでした。あとは、おもしろかったシリーズ1本目をどうやってアニメーションで出して行こうかなと考えましたね(丸山氏)」、「やっぱりきたか、みたいな感じがありましたね。僕もシリーズ第1作は好きだったので、それを新しい主人公、設定でやるのは魅力的な企画だと思いました。ただ「ハイランダー」は海外で支持されている作品なので、ファンの人たちに楽しんでもらえるような作品を作りたいと思いました(川尻氏)」、「マッドハウスでは、海外作品は最近多くなってきているんですが、外国の人と一緒になって作品を築き上げていくのは大変でしたね。意思の疎通の問題といいますか。言葉も違えば目の色や宗教も違いますし。作品を高めていくところにたどり着くまで時間が掛かりました。最終的にはそこを乗り越えて、一つのチームとして作品を作り上げることができました。その結果が今日なのではないかと思います。(齋藤氏)」。

 その後は本作に出演する声優陣からのビデオメッセージが上映された。ビデオメッセージには、主演の小栗旬氏と、朴ろ美さん(「ろ」は王へんに「路」)、山寺宏一氏の3人が登場し意気込みを語った。「HIGHLANDER ハイランダー」には、この他高山みなみさんや林原めぐみさん、日野由利加さん、小林沙苗さん、石塚運昇氏、屋良有作氏、富田耕生氏といった豪華なキャストが出演する。

 キャスティングについて登壇者たちは、「考え得る最高のキャスティングです。現場は盛り上がっていましたし、とても自信があります(丸山氏)」、「アフレコは現在最終段階に入っています。小栗さんはイメージにぴったりです(齋藤氏)」、「希望した通りのキャスティングができました。アフレコはトラブルもなく順調に進んでいます。小栗が山寺さんを前にどれだけやれるのかなと楽しみにしていたんですが、十分互角に渡り合っていると思います(川尻氏)」とそれぞれ満足げに話していた。最後は川尻監督からファンへ向けて、「キャストもスタッフも、最高の人たちが揃って力を合わせて作りました。見て損はないできになっていますので、ぜひ劇場に足を運んでください」というメッセージが贈られ、会見は終了となった。
「HIGHLANDER ハイランダー」
左から、丸山氏、川尻氏、齋藤氏。川尻氏は本作について、「アクションシーンもそうだけど、ロマンスも重要です」と話していた。
「HIGHLANDER ハイランダー」

「HIGHLANDER ハイランダー」

「HIGHLANDER ハイランダー」

「HIGHLANDER ハイランダー」
ビデオメッセージで登場したキャストの3名。左から山寺氏、小栗氏、朴さん。3人は「頑張ります!」と作品への意気込みを熱く語っていた。
「HIGHLANDER ハイランダー」



データ

■「東京国際アニメフェア2008」
【開催日】2008年3月27日~30日
 ※27日、28日はビジネスデー、29日、30日はパブリックデーとなる。
【開催時間】10:00~18:00(最終日のみ17:30)
【開催場所】東京ビッグサイト 東1・2・3ホール他
【入場料】
 ・当日……大人:1,000円/中高生:500円
 ・前売……大人:800円/中高生:400円
 ※前売券は2008年2月1日より販売開始。
 ※小学生以下、65歳以上および障害のある方と介助の方は無料。

■関連記事
2008年3月27日
【TAF2008】世界最大級のアニメイベント 「東京国際アニメフェア2008」が開幕!

■関連サイト
マッドハウス
「東京国際アニメフェア2008」公式サイト


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。