News

2008年3月7日(金)

ハイクオリティな映像は必見!!TVアニメ「マクロスF」のキャストコメントが到着!

 2008年より放送がスタートするTVアニメ「マクロスF(フロンティア)」。今回、本作に出演する声優陣からコメントが届いた。

 「マクロスF」は、SFアニメ「マクロス」シリーズの最新作。戦闘機から人型へと変形するメカ「バルキリー」や、パイロットとヒロインの「三角関係」、そしてストーリーの要になる「歌」といったシリーズの特徴はそのままに、本作では「学園ストーリー」、「民間軍事部隊」、「未知の宇宙生物」といった新たな要素も盛り込まれるという。本作のストーリーやキャラクターなど、詳しい情報は2007年12月14日のニュース記事を参照してほしい。

 以下に、“早乙女アルト”役の中村悠一氏、“ランカ・リー”役の中島愛さん、“シェリル・ノーム”役の遠藤綾さん、“オズマ・リー”役の小西克幸氏、“ミハエル・ブラン”役の神谷浩史氏、“ルカ・アンジェローニ”役の福山潤氏のコメントを掲載する。



――まず最初に、ご自分の役柄について演じてみた感想を教えてください。

中村氏:見た目、女性と間違われるほどの美形なのに、内面は血気盛んで男らしい。そのギャップが演じていてとても楽しいです。あまり二枚目にしないでくださいという指示も助かりました(笑)。

中島さん:“ランカ”は思っていたよりもずっと元気で明るい子でした。その天真爛漫さというか、おてんばなところや一生懸命なところがうらやましいなと思っていたんですが、私にもそんな要素はあるなぁ……と、演じてみて気づきました。実は似ているのかも?

遠藤さん:プロだな、と思いました。ハッキリ言える自信が、演じていて気持ちがいいです。

小西氏:年齢のわりに、老けてます(笑)。

神谷氏:天才の役は特に難しいなぁ……と思いました。

福山氏:自分的にいろいろ難しいポイントがあるので、そこをうまくクリアできたら彼をより生き生きさせられるかなぁと感じました。

――本編の映像をご覧になっての印象をお答えください。

中村氏:CGの「VF-171」を見た時、しびれました!! あのクオリティでグリグリ動く映像をTVシリーズで見られるのは、とても楽しみです。

中島さん:とにかく映像がキレイ! 戦闘シーンは速さが……まばたきをしたら見逃してしまいそうなほどですごく驚きました。

遠藤さん:ロボットとか、あまりわからないのに、メカのカッコよさにドキドキしました。

小西氏:めちゃめちゃキレイです。びっくりしました。クオリティ高い。まず観てください。

神谷氏:とにかくすべてがハイクオリティでびっくりしました。

福山氏:とにもかくにもスゴイの一言でした。「バルキリー」はさることながら、舞台となる世界の映像は圧巻でした。

――第1話の中で、特に印象に残っているシーンや台詞は何でしょう?

中村氏:やっぱり「私の歌をきけー!」ですね。「マクロス7(セブン)」のオマージュに感激しました。あとは「もってけー」の歌が耳から離れません!

中島さん:“アルト”と“ランカ”の出会いも、ドラマティックで好きなんですが……。特に“ギリアム”と“バジュラ”の戦いがとても印象に残っています。「言われなくたってぇぇ!!」と叫びながら“バジュラ”に向かっていく“ギリアム”に心打たれました。

遠藤さん:“シェリル”の歌のシーンや「あたしの歌を聞け!」も、もちろんなんですが“シェリル”のポスターが貼られたバスが横切るシーンにはゾクゾクしました。

小西氏:「バルキリー」に乗れてすごくうれしいです。ノリノリで乗っている僕を見てください。

神谷氏:「バルキリー」の戦闘シーンは必見です!

福山氏:バ、「バルキリー」が分離合体!?(に見えた変形シーン)。

――「マクロス」と言えば音楽(歌)が重要なシリーズですが、本作以外の「マクロス」で、ご自分の記憶に残っている作品名、または曲がありましたら教えてください。

中村氏:ファミコンででていた「マクロス」のゲームを当時かなりプレイしていたので、「小白竜(シャオパイロン)」は思い出深いです。

中島さん:「超時空要塞マクロス」の“リン・ミンメイ”の楽曲が特に好きで、移動中や家でよく聴いています。「シルバームーン・レッドムーン」、「マイ・ビューティフル・プレイス」はもちろん、「愛・おぼえていますか」も大好きです。思わず聴き入ってしまいます……。

遠藤さん:「マクロス7」ですね。羽根のついたマイクが飛んでいるのがかわいいなぁと思っていました。

小西氏:「マクロス」といえば“リン・ミンメイ”。小学校2年生ぐらいの時に見ていましたが、“ミンメイ”の曲がやっぱり残ってます。CDほしい。「フロンティア」で「小白竜(シャオパイロン)」の映画やらないですかね?

神谷氏:すべての作品が記憶に残っていますが、中でも「マクロスゼロ」が好きです。曲では「ランナー」(TV版「超時空要塞マクロス」のED曲)かな~。

福山氏:個人的に「マクロスプラス」が大好きで、「VOICES」という曲が好きです。

――最後に、放送を待っている読者に、これからの意気込みをお願いします。

中村氏:過去シリーズのファンの方にも、そして初めて「マクロス」に触れる方にも最高に楽しんでいただける作品にしたいと思います。ご期待ください!!

中島さん:「マクロス」の三角関係、戦闘シーン、歌という要素に加えて、学園モノという新しい要素が加わった「マクロスF」がどのような展開になっていくのか、私自身すごく楽しみです。私は声優初挑戦で不安もありますが、精一杯やるのみ! “ランカ”と中島愛、2人の成長を楽しみにしていてください。歌も声優も頑張ります!!

遠藤さん:クオリティの高さはもちろんですが、劇中の歌もかわいく格好よく素敵です。ぜひ楽しみにしてください。

小西氏:非常にクオリティが高く、ファースト「マクロス」好きの僕にとってもテンションの上がる作品になってると思いますので、期待して待っていてください。

神谷氏:皆さんの期待を裏切らないよう、頑張ります!!

福山氏:「マクロス」の新作を心待ちにされていた方も、初めての方も期待していてください!! 頑張ります!!



(C)2007 BIGWEST/マクロスF製作委員会・MBS

データ

■TVアニメ「マクロスF(フロンティア)」
【放送開始予定】2008年4月
【スタッフ】(※敬称略)
 原作:河森正治/スタジオぬえ
 監督:菊地康仁
 シリーズ構成:吉野弘幸
 キャラクターデザイン:江端里沙/高橋裕一
 メカニックデザイン:石垣純哉/高倉武史
 メカニカルアート:天神英貴
 音楽:菅野よう子
 音響監督:三間雅文
 制作:サテライト

 総監督/バルキリーデザイン:河森正治


【キャスト】(※敬称略)
 “早乙女アルト”役:中村悠一
 “ランカ・リー”役:中島愛
 “シェリル・ノーム”役:遠藤綾
 “ミハエル・ブラン”役:神谷浩史
 “ルカ・アンジェローニ”役:福山潤
 “松浦ナナセ”役:桑島法子
 “オズマ・リー”役:小西克幸
 “ジェフリー・ワイルダー”役:大川透
 “ボビー・マルゴ”役:三宅健太
 “グレイス・オコナー”役:井上喜久子
 “ハワード・グラス”役:西村知道
 “キャシー・グラス”役:小林沙苗
 “レオン・三島”役:杉田智和

■関連記事
2007年12月14日
少女の歌が流れる時、人類は新たな試練を迎える――「マクロスF」2008年スタート!

■関連サイト
「マクロス フロンティア」公式サイト
MACROSS OFICIAL WEB SITE


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。