News

2008年3月8日(土)

クレイトスの戦いはここから始まった!PSP『ゴッド・オブ・ウォー落日の悲愴曲』

 カプコンは、2008年夏に発売予定のPSP用ACT『ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲』のあらすじや新画像を公開した。



 『ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲』は、全世界で人気を博しているACT『ゴッド・オブ・ウォー』シリーズのPSP用最新作。これまで発売されたPS2『ゴッド・オブ・ウォー』、『ゴッド・オブ・ウォーII 終焉への序曲』では語られていない、“クレイトス”が“アレス”の下で働くことになったエピソードを描いている。

■『ゴッド・オブ・ウォー』あらすじ
■『ゴッド・オブ・ウォーII 終焉への序曲』あらすじ
戦神“アレス”の下僕として10年を過ごした“クレイトス”。しかし彼は“アレス”の謀略により、妻子を殺めてしまった過去を忘れてはいなかった。戦神への復讐を誓い旅に出ることを決めた“クレイトス”は、その悪夢に終止符を打つことはできるのだろうか?
新たに戦神となった“クレイトス”は、自分に服従しないことに怒った“ゼウス”から神の力を奪われ、ただの人間に戻ってしまう。しかし、“クレイトス”はかつて神々に敗れ去った巨人族“タイタン”の力を借り、“ゼウス”に反旗を翻す!

『ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲』ストーリー
 かつて「スパルタの猛将」として剛勇を誇った“クレイトス”だが、蛮族との戦いで窮地に追い込まれたことがあった。彼は戦神“アレス”に力を借りてその窮地を脱するが、その代償として“アレス”をはじめとしたオリュンポスの神々の戦士として、幾多の戦いに臨むことになる。

 ある日、彼は戦いの中で自らの妻子を殺めてしまう。それは、彼を非情な戦士にするための“アレス”の謀略だった。それ以後“クレイトス”は、「スパルタの亡霊」と恐れられるほどの戦士となるが、同時に妻子を殺めた苦悩に苛まれてしまう。彼は“アレス”を激しく憎悪しつつも、苦悩からの解放を信じ、戦い続けるのだった……。

 その日、“クレイトス”は神々からの命によりペルシャ軍に侵攻された都市・アッティカへ降り立った。そこで彼が見たものは、おぞましく巨大な怪物の姿だった……。

本作のイベントシーンは日本語吹き替えと同時に、日本語字幕の表示が可能となった。主人公“クレイトス”を演じるのはシリーズでお馴染みの声優・玄田哲章氏。またチュートリアルなどのテキストもすべて日本語化してあるので、英語が苦手なユーザーも安心してプレイできる。

PS2で評判だった映像の美しさは、プラットフォームをPSPに移しても健在! 幻想的なギリシャ神話の世界を、圧倒的なグラフィックで描写しているので、これまでのシリーズをプレイしたことがない人も、ぜひ注目してもらいたい。


(C)2008 Sony Computer Entertainment America Inc. God of War is a registered trademark of Sony Computer Entertainment America Inc. Developed by Ready At Dawn Studios, LLC.
Designed and Developed by Sony Computer Entertainment America Inc. (C)2005 Sony Computer Entertainment America Inc. God of War is a registered trademark of Sony Computer Entertainment America Inc.
Designed and Developed by Sony Computer Entertainment America Inc. Sony Computer Entertainment America Inc. God of War and The End Begins are trademarks of Sony Computer Entertainment America Inc.

データ

▼『ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PSP
■ジャンル:ACT
■発売日:2008年夏予定
■価格:未定
■関連記事
2008年3月7日
『ゴッド・オブ・ウォー』新作がPSPで発売! 公式サイトも開設

■関連サイト
公式開発ブログ「ローカライズ奮闘記」
『ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲』公式サイト
カプコン


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。