News

2008年7月11日(金)

キミのDNAをふるわせる「ゼーット!」の声も掲載!! 『スパロボZ』CM収録レポ!!

文:電撃オンライン

 バンダイナムコゲームスから9月25日に発売されるPS2用ソフト『スーパーロボット大戦Z』のCM収録が、都内のスタジオにて行われた。

 今回のCMにナレーターとして参加したのは、アニソン界のアニキであり、『スーパーロボット大戦(以下、スパロボ)』シリーズとも深いかかわりのある歌手・水木一郎氏。本作のタイトルに「Z」の文字が入っていることもあり、『スパロボ』シリーズチーフプロデューサー・寺田貴信氏いわく、『スパロボ』史上最速でCMナレーターに決定したという。

 では以下に、収録の様子と、収録後に水木アニキ&寺田プロデューサーにいただいたメッセージお伝えしていく。さらに、この日の収録に収録したての水木アニキのシャウトを音声データ形式でお届けするので、こちらも聞いてもらいたいんだゼーット!!

▲こちらは収録スタジオの様子。これまでにも数多くの『スパロボ』シリーズ作品のプロモーションを手掛けてきた嶋崎直登氏による指示のもと、収録は和気あいあいと進められていった。こちらのスタジオと窓を隔てた向こうには……
▲水木アニキの姿が! こちらは撮影用にポーズを取ってもらったものだが、収録は楽しそうに、かつ順調に進められていった。そしてスタジオを見回してみると、取材陣から少しはなれたところには寺田プロデューサーの姿も。

■水木アニキ&寺田プロデューサーコメント■

――今回、ナレーターに起用されたことに関してはどう思いますか?

水木アニキ:やっぱりうれしいよね! これまでも『第3次スパロボα』のCMナレーションなどをやってきましたけど。デビューからちょうど40周年の今年に『スパロボZ』が発表されたのも何かの縁かな、と。

――寺田さんは、なぜ水木さんにナレーションをお願いしたんですか?

寺田P:ぼくの知る限り、「ゼット!」と言ってカッコいい人は宮内洋さんと水木さんなんですね。で、ロボットアニメとなれば水木さんしかいないだろうと。タイトルは紆余曲折を経て今のものになったんですが、タイトルが決定した瞬間、水木さんの声が頭に浮かびましたね。ちなみに開発チームのメンバーも、みんな「ゼーット!」って水木さんみたいに言ってましたので(笑)、コレは決まりだな、と。

――ずいぶん前から、水木さんは「ゼーット!」っておっしゃってましたもんね。

寺田P:そうですね。『スクランブルコマンダー2』のCMを収録している時から言ってましたからね。

水木アニキ:昔は、「プロロロロー!」とか「ズババババーン!」が多かったんですよ。ある時、「楽しいゼーット!」って言った時に「オレ、「マジンガーZ」歌ってるんだからこれでいいじゃん!」って思ったんですよね。

寺田P:『スパロボ』のライブでも最後はみんなで「ゼーット!」って言って締めるのが印象的で、とにかく『スパロボ』方面で言うと水木さんの声しか浮かんできませんでした。タイトルを決めた時にナレーターまで決定したのは、『スパロボ』史上初めてですね。

――水木さんが本作で一番期待しているところはどこですか?

水木アニキ:実際に(『スパロボZ』の)ゲームを触ったわけではないですけれど、これまでの作品はずっと遊んできているんですが、やっぱり「Z」がタイトルに来ているということで、スーパーロボットの元祖でもある「マジンガーZ」に活躍してもらえるとうれしいなぁ、とは思っていますけどね。ずっと「マジンガーZ」を歌ってきた歌手としては、プレイするしかないよね!

――CM収録の手ごたえはいかがですか?

水木アニキ:(取材陣の)皆さんの反応がよかったので、「これはイケる!」と感じました。CMってのはやっぱりインパクトが大事だと思うんですが、先ほど映像も見させていただいたんですが、あの映像にオレの声が入ってくるとどうなるんだろうなって期待感はあります。

寺田P:水木さんの声だけで、TVに振り向いてくれるくらいになるとうれしいですよね。

水木アニキ:これは知人に言われたことなんですけれど、「水木一郎の顔はともかく声を聴いたことない人は日本にいないんじゃないだろうか」って言われたんですよね。もし本当にそうだとしたらうれしいことなんだけど、オレの声がCMで流れてきたら見てくれるんじゃないかなぁと。

寺田P:ベタといえばベタなんですけど、これをやらないわけにはいかないですもんね。

水木アニキ:例えば、他の人が「ズーパーロボット大戦、ゼーット!!」とやっていたとしても、「水木さん使えばいいのに」って声が出てくるとは思うんだよね。

寺田P:水木さんのファンに「寺田なにしてんだ!!」って言われちゃうと思うので、ココは外せないところでしたね。

――日本人に遺伝子レベルで刷り込まれた「ゼーット!」という感じですよね。ありがとうございました!

 そんな日本人に遺伝子レベルで刷り込まれている「ゼーット!」の音声データを、いちはやく公開する。ソフトの発売を待ち望んでいるファンは、下のリンクをクリックするんだゼーット!!

▲7月21日には、渋谷O-WESTで40周年記念ライブを行うなど、これからも精力的に活動している水木アニキ(写真左)と、ファンに新たな『スパロボ』を届けるべく、制作に励んでいる寺田プロデューサー(写真右)。『スーパーロボット大戦Z』の発売を待っているファンは、ソフトはもちろん水木アニキのこれからの活躍に期待していてもらいたい。

(C)サンライズ
(C)SUNRISE・BV・WOWOW
(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・毎日放送
(C)ダイナミック企画
(C)東映
(C)PRODUCTION REED 1980
(C)1983 ビックウエスト・TMS
(C)2002 大張正己・赤松和光・GONZO/グラヴィオン製作委員会
(C)2004 大張正己・赤松和光・GONZO/グラヴィオンツヴァイ製作委員会
(C)2004 河森正治・サテライト/Project AQUARION
(C)2005 BONES/Project EUREKA・MBS

データ

▼『スーパーロボット大戦Z』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS2
■ジャンル:S・RPG
■発売日:2008年9月25日
■価格:未定
 
▼『スーパーロボット大戦Z』の予約・購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。