News

2008年7月24日(木)

Xbox 360で自作ゲームの販売が可能に! 海外で今秋にスタート

文:電撃オンライン

 マイクロソフトは、米国で開催されたゲーム開発者技術カンファレンス「Gamefest 2008」基調講演において、アマチュアゲーム制作者がXbox LIVE マーケットプレースを通じてXbox 360用の自作ゲームを販売できるシステムを提供すると発表した。

 サービスは「Xbox LIVE コミュニティー ゲーム」と名づけられており、すでに北米ではベータ版がスタートしている。先日発表された、今秋のXbox 360 ダッシュボード改編に合わせて、米国などの海外ではサービスが正式スタートする予定だ。ただし現時点で、日本でのサービス提供時期は未定となっている。

 ゲームを配信したい制作者は、XNAクリエーターズクラブに加入して、自作ゲームを投稿する。クラブメンバーによるレビューを通過した作品に限り、販売が行えるようになる。販売価格は3段階あり、200~800マイクロソフトポイントの中から価格を任意に設定。ゲーム制作者は、その総売上のうち最大70%を受け取れる。

 同社は、Xbox 360用ゲームを簡単に開発できる環境「XNA Game Studio」を無償提供しており、ゲーム開発に対する門戸を広げる取り組みを進めている。今回の動きは、そうした流れを一層加速させるものになりそうだ。

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。