News

2008年7月25日(金)

今度の主人公は女性!? DS『悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印』が10月23日降臨

文:電撃オンライン

 KONAMIは、DS用ソフト『悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印』を10月23日に発売する。価格は5,250円(税込)。

 本作は、根強い人気を誇るアクションゲーム『悪魔城ドラキュラ』シリーズの最新作。DSでこれまでに発売された『悪魔城ドラキュラ 蒼月の十字架』、『悪魔城ドラキュラ ギャラリー オブ ラビリンス』を上回るアクション性と収集要素を実現している。また、前作で好評だった「クエスト」もさらにバージョンアップして登場する。

女戦士“シャノア”となり、新システム「グリフ」を駆使しステージを進めていく『悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印』。初めてプレイするユーザーから、往年のシリーズファンまで楽しめる作りとなっている。

 以下に、本作のあらすじとキャラクターについて、そして本作のシステムについてお届けする。

■あらすじ

中世の昔より幾度となくよみがえり、
人々を恐怖へと陥れてきた、魔王“ドラキュラ”。
その“ドラキュラ”がよみがえるたび、聖なる鞭(ムチ)をふるい、
人知れず戦い続けてきた「ベルモンド一族」。

彼らによって人間は闇を退け、繁栄を勝ち取ってきた。

だが19世紀初頭、「ベルモンド一族」の消息が途切れる。

闇への抵抗力を失い、時の権力者たちは
“ドラキュラ”への新たな対抗手段を探り始めた。

組織「エクレシア」は対抗手段の1つとして、この時生まれた。

志を同じくする多くの組織が作られ、
日々研さんを重ねていたが、
そのどれもが満足な成果を上げられず解体されていった。

そんな中、ついに「エクレシア」の長“バーロウ”は、
“ドラキュラ”に対抗できる驚くべき成果に辿り着いた……。

■キャラクター紹介

“シャノア”
“アルバス”
『悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印』
『悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印』
「グリフ(術式図形)」を身体に吸印することで、瞬時に術を発動できる特殊能力を持つ。幼い頃、組織に拾われ、ドラキュラ滅殺の切り札として育てられる。 “シャノア”の兄のような存在だったが、究極の「グリフ」であるエクリプスを奪い去ってしまう。「グリフ」の力を銃に込め行使することができる。

■グリフシステム

 「グリフ」とは、万物に宿る力を術式変換し、呪印へと形を変えたもの。敵が落としたり、マップに置いてある他、敵の術が発動中にも入手できる。多彩な「グリフ」を入手、装備することにより、攻撃だけでなく、さまざまなアクションを起こすことができるようだ。メイン攻撃、サブ攻撃、そして合体攻撃と装備次第でプレイスタイルが大きく変わり、組み合わせの中には特殊な効果を発するものもあるので、「グリフ」を入手したらいろいろ試してみよう。

悪魔の暗黒放射攻撃の瞬間に「グリフ」を吸収すれば、暗黒の「グリフ」を入手できる。また、マップに「グリフ」が置いてあることも。

■クエストモード

 前作で好評だった「クエスト」は、今回さらにパワーアップしている。捕われた村人たちを助け出すことにより、廃村だった村が徐々に復興。新たな「クエスト」が追加されたり、お店が開店したり、アイテムが増えたりと、ストーリーを進める上でプレイヤーを手助けしてくれる。

捕われた村人を見つけたら、「グリフ」を吸収し助けだそう。村人たちを助け出すこと、村は徐々に復興していく。

(C)1986 2008 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
※画面は開発中のもの。


データ

▼『悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印』
■メーカー:KONAMI
■対応機種:DS
■ジャンル:ACT
■発売日:2008年10月23日
■価格:5,250円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。