News

2008年7月28日(月)

「デトロイト・メタル・シティ」に出演する岸尾氏は“根岸”くんに感情移入?

文:電撃オンライン

 全国のDVD取り扱い店で、8月8日に発売されるOVA「デトロイト・メタル・シティ(以下、DMC)」。その出演スタッフにインタビューを行った。

 「DMC」は、2005年より「ヤングアニマル」(白泉社刊)で連載されている同名人気コミックのアニメ化作品。オシャレなポップ音楽が好きな青年“根岸崇一”が、悪魔系デスメタルバンド「デトロイト・メタル・シティ」のカリスマギターボーカル“ヨハネ・クラウザーII世”として活躍(?)する、デスメタルギャグ漫画だ。アニメ化に加えて実写映画が今年8月23日より公開され、DS用ソフトの発売も決定している。

 今回、アニメで主人公“根岸崇一”を演じた岸尾だいすけ氏に、役を演じた感想やレコーディング時のエピソードなどについてお聞きした。

――まずは、“根岸”を演じることになった経緯を教えてもらえますか?

岸尾氏:サンプルボイスや他の作品を見ていただき、声をかけていただいたとお聞きしています。オーディションがあったというわけではありません。僕自身は、お話をいただく前に本屋でコミックを目にして、気にはなっていました。なので、どんなアニメになるのかドキドキしましたね。

――原作は読んでいたのですか?

岸尾氏:単行本の1巻が発売されていたのを店頭で見て、「デトロイト「ロック」シティじゃなくて、「メタル」なんだ」と思いましたね(笑)連載も何度かは読んだことありました。お話をいただいた時に、原作をちゃんと読んだんですが……いえ、最初から自分は「“根岸”」だと感じていました(笑)。

――収録では、1人ずつ録られたということですが、何か苦労した点や普段と違う点はありましたか?

岸尾氏:1番苦労したのは、「とにかくセリフを巻いてくれ」という指示ですね。1話10分程度という尺の中で“根岸”くんが大半をしゃべってるんです。“根岸”くんの間尺を詰めて速度を速めることで、今回のようなキャラクターになりました。でも逆にそれで、更にキャラに色がついたと思います。あとは、とにかくツボに入る作品なので、セリフを読む時に笑わないようにするのが大変でした(笑)。役自体は楽しくやれたので、よかったです。

――“根岸”が“クラウザー”に変わっていくところの演技はどうでしたか?

岸尾氏:原作にあるシーンなので、スルっと演じられました。個人的にはハジけるのも好きなので、楽しめました。

――普段の岸尾さんは、“根岸”タイプと“クラウザー”タイプ、どちらに近いと思われますか?

岸尾氏:両極端すぎて、どちらにも分けられませんね(一同笑)。ただ、“根岸”くんにはシンパシーを感じますね。自分がやりたい音楽ができないもどかしさというのには、かなり共感します。僕もやりたい仕事や芝居が出来ない事が多々あるので……この「DMC」は大好きですよ。出演できて楽しかったし、うれしかったです。

――長濱監督と一緒に仕事してみて、どうでしたか?

岸尾氏:すごく素敵な人柄の方で、やりやすい現場を作っていただいたと思います。長濱監督の作り上げたいことが分かりやすく提示されていたので、それに向かってスタッフが一丸となって頑張りました。普段、声優は音響監督の方とコミュニケーションをとることは多いんですが、監督との接点は少ないんです。でも、今回は監督ともよくお話ができ、楽しく仕事できましたね。

――作中で歌を歌われていますが、収録はスムーズにいきましたか?

岸尾氏:僕は歌は苦手なんですが、劇中歌ということで着地点もしっかりしていたので、普通のレコーディングよりもやりやすかったです。曲数はあったんですが、フレーズも短かったので、いつもこうだったらいいなと思いますね(笑)。「甘い恋人」は、“根岸”くんが本当にやりたい曲ではあるんですが、彼はそちらではイマイチという感じですから、音楽の才能がない僕とリンクして、いい感じになったのではないでしょうか。

――収録されたエピソードで、好きなエピソードを教えてもらえますか?

岸尾氏:原作もそうですが、どれも起承転結がしっかりしていておもしろいので、どのエピソードもいいですね。……何か1つを挙げるのは難しいです。全部読んでください、全部見てください!

――普段の岸尾さんはどういった音楽が好きなのでしょうか?

岸尾氏:最近はあまり音楽を聞かなくなってしまったんですが、昔はデスメタルまではいかないまでも、ヘビーメタルやハードロックが好きでした。デスボイスにふれたのは初めてだったんですが、ちょっとやってみたいと思いました。スウェーディッシュポップも初めての体験だったのですが、それはそれで心地いいですし、音楽には無限の可能性があると感じましたね。

――できあがった作品は、もうご覧になりましたか?

岸尾氏:先日ネットで配信されていたのを、観ました。やっぱりおもしろかったです。音声だけでもおもしろかったのに、絵もついて、自分が想像していた以上のものになっていました。あとよく尺が入ったなと感じましたね。テンポ感を出してくると思っていたのですが、あんなすごいテンポだと思わなかったのでビックリしました。テンポよく見れて、ドンドン進行していくので、全話観るのが楽しみです。

――では最後に、作品を楽しみにしている人へメッセージをお願いします。

岸尾氏:僕も一生懸命に演じましたし、スタッフも一丸となって作りました。BOXの方もスキがない仕様で、手に取って驚いたので、そこも皆さんに驚いていただければと思います。気合が入りすぎているくらいに入っている作品なので、「DMC」を楽しんでいただければと思います。期待は裏切りませんし、予想以上のものになっています! ぜひこの夏は「Go To DMC」で、よろしくお願いします!!

「仕事がやりやすい現場で、“根岸”くんを楽しく演じられた」と語っていた岸尾氏。アニメ版「DMC」は、8月8日に全国のショップで発売される。

(C)2008 アニメ「デトロイト・メタル・シティ」製作委員会

■OVA「デトロイト・メタル・シティ」
【スタッフ】(※敬称略)
 原作:若杉公徳
 連載:ヤングアニマル(白泉社刊)
 監督:長濱博史
 作画監督:島村秀一
 美術監督:小林七郎
 音響監督:たなかかずや
 アニメーション制作:STUDIO4℃
 他

【キャスト】(※敬称略)
 “ヨハネ・クラウザーII世”役:うえだゆうじ
 “根岸崇一”役:岸尾だいすけ
 “ジャギ(和田真幸)”役:中野裕斗
 “カミュ(西田照道)”役:保村真
 “資本主義の豚(梨元圭介)役:松山タカシ
 “DMC ファンA”役:前田剛
 “DMC ファンB”役:矢部雅史
 “佐治秀紀”役:永嶋柊吾
 “ニナ”役:名塚佳織
 “デスレコーズ社長”役:小林愛
 “ジャック・イル・ダーク”役:竹内力
 “相川由利”役:長澤まさみ
 “外園誠”役:松山ケンイチ
 “山野花江”役:加藤ローサ
 “沢井 スペルマン 剛”役:李闘士男
 他

データ

▼「デトロイト・メタル・シティ 魔王生誕盤」
■発売・販売元:東宝
■品番:TDV18225D
■発売日:2008年7月11日
■価格:666円(税込)
 
▼「デトロイト・メタル・シティ 魔王生誕盤」の購入はこちら
Amazon
▼「デトロイト・メタル・シティ DVD-BOX(4枚組)」
■発売・販売元:東宝
■品番:TDV18226D
■発売日:2008年8月8日
■価格:13,230円(税込)
 
▼「デトロイト・メタル・シティ DVD-BOX(4枚組)」の予約・購入はこちら
Amazon
▼「デトロイト・メタル・シティ Vol.1」
■発売・販売元:東宝
■発売日:2008年8月8日
■価格:3,990円(税込)
 
▼「デトロイト・メタル・シティ Vol.1」の予約・購入はこちら
Amazon
▼「デトロイト・メタル・シティ Vol.2」
■発売・販売元:東宝
■発売日:2008年8月8日
■価格:3,990円(税込)
 
▼「デトロイト・メタル・シティ Vol.2」の予約・購入はこちら
Amazon
▼「デトロイト・メタル・シティ Vol.3」
■発売・販売元:東宝
■発売日:2008年8月8日
■価格:3,990円(税込)
 
▼「デトロイト・メタル・シティ Vol.3」の予約・購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。