News

2008年7月30日(水)

和風ホラーAVGの金字塔『零』シリーズの最新作が明日発売!

文:電撃オンライン

 任天堂は、明日7月31日にWii用ソフト『零~月蝕の仮面~(つきはみのかめん)』を発売する。価格は6,800円(税込)。

 世界中で高い評価を得ている和風ホラーAVGの最高峰が、これまでの特徴を踏襲しつつ、新たにWiiで登場! 本作は、任天堂、テクモ、そして『キラー7』などで知られる人気ゲームクリエイター・須田剛一氏率いるグラス・ホッパーマニファクチュアが開発を担当。“水無月流歌(みなずきるか)”をはじめとする、複数の視点で進行する物語が特徴で、プレイヤーは章ごとに異なるキャラクターを操作して真相を究明することになる。

 舞台は、怨霊が巣食う不気味な島「朧月島(ろうげつとう)」で、日本家屋や廃病院が主な探索場所となる。お馴染みの心霊カメラ「投影機」を使った霊の封印要素は健在で、ヌンチャクのコントロールスティックで移動、Wiiリモコンで懐中電灯と射影機を操作する。

『零~月蝕の仮面~』 『零~月蝕の仮面~』 『零~月蝕の仮面~』

(C)2008 Nintendo / TECMO,LTD.

データ

▼『零~月蝕の仮面~』
■メーカー:任天堂
■対応機種:Wii
■ジャンル:AVG
■発売日:2008年7月31日
■価格:6,800円(税込)
 
■『零~月蝕の仮面~』 の予約・購入はこちら
Amazon TSUTAYA online

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。