News

2011年2月25日(金)

アトラスのHD機初参入タイトル『キャサリン』のPS3版がトップ!

文:電撃オンライン

 2月第3週のソフト販売ランキング(集計期間:2011年2月14日~20日)は、アトラスのHD機初参入タイトルとなる『キャサリン』のPS3版が1位を獲得しました。

順位 前週 機種 タイトル名 メーカー 発売日 推定
販売数
累計
販売数
1 - PS3 キャサリン アトラス 11/02/17 138,062 138,062
2 - PS3 MARVEL VS. CAPCOM 3
Fate of Two Worlds
カプコン 11/02/17 68,844 68,844
3 1 PS3 戦国無双3 Z コーエーテクモ
ゲームス
11/02/10 49,974 268,954
4 2 PSP テイルズ オブ ザ ワールド
レディアント マイソロジー3
バンダイナムコ
ゲームス
11/02/10 33,053 250,721
5 3 PSP モンスターハンターポータブル 3rd カプコン 10/12/01 31,126 4,352,314
6 - PS3 トゥーワールド2 ユービーアイソフト 11/02/17 26,175 26,175
7 - DS 薄桜鬼 随想録 DS アイディア
ファクトリー
11/02/17 16,612 16,612
8 - X360 キャサリン アトラス 11/02/17 16,479 16,479
9 4 DS 逆転検事2 カプコン 11/02/03 14,072 176,838
10 - X360 MARVEL VS. CAPCOM 3
Fate of Two Worlds
カプコン 11/02/17 13,994 13,994

(アスキー総研調べ)
※カラーが付いているものは、今週の新作タイトル。
※本データに関するお問い合わせはアスキー・メディアワークスまで。

 『キャサリン』は、同社の人気RPG『ペルソナ』シリーズの開発チームが手掛けた完全新作タイトルで、販売実績は推定13.8万本(店頭消化率75%前後)。2007年7月に発売されたPS2『ペルソナ4』の初週実績20.8万本(累計32.8万本)にはおよびませんでしたが、今年度発売されたオリジナルタイトルとしては、DS『二ノ国 漆黒の魔導士』(レベルファイブ)の15.9万本(累計47.0万本)に次ぐ販売実績を記録するなど、非常に活発な動きを見せました。なお、Xbox 360版は8位に入っています。

 続く2位には、MARVELコミックとカプコンのキャラクターの夢の対決を実現した人気格闘シリーズ第3弾、『MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds』(カプコン)のPS3版がランクイン。販売実績は推定6.9万本、店頭消化率は70%前後でした。『MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds』は、Xbox 360版も10位にランクインしています。

 この他の新作では、ヨーロッパ生まれのファンタジーRPG『トゥーワールド2』(ユービーアイソフト)のPS3版や、幕末の乱世を舞台にした女性向けアドベンチャー『薄桜鬼 随想録 DS』(アイディアファクトリー)がトップ10圏内に初登場しています。しかしそれ以外は目立った動きもなく、PS3『戦国無双3 Z』(コーエーテクモゲームス)や、PSP『テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3』(バンダイナムコゲームス)、PSP『モンスターハンターポータブル 3rd』(カプコン)といった旧作が上位に顔を並べました。

 今週はランキングの1位~6位をPS3&PSPタイトルが独占しましたが、PSプラットフォームがトップ5を独占したのは2005年7月25日週以来、実に5年7カ月ぶりのことです。(アスキー総合研究所)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。