News

2011年3月11日(金)

春休みからGWまで開催! 『MHP 3rd』とナンジャタウンのコラボ内覧会をレポート

文:電撃オンライン

『モンスターハンターポータブル 3rd』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 カプコンから発売されたPSP『モンスターハンターポータブル 3rd(以下、MHP 3rd)』と、東京都内にある“ナムコ・ナンジャタウン”とのコラボレーションイベント“MHP 3rd in ナムコ・ナンジャタウン”の報道陣向け内覧会が、本日3月11日に開催された。

 3月12日~5月29日(注:記事最後の追記を参照のこと)の期間中、ナムコ・ナンジャタウンでは最大80人が集まれる“リアル集会所”が設営される。さらに、教官とニャン次郎が登場するミニアトラクション“リアルクエスト 教官とニャン次郎からの挑戦状!”や、オリジナル景品が多数用意された“チャレンジ屋台~肉焼きガラポンG~”、さらに館内にある特定の店舗では、オリジナルステッカーが付属するデザート&フードが登場する。

“モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン” “モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン” “モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン”
▲というわけで、電撃オンラインのハンター・kbjが、内覧会取材というクエストに挑戦した!▲今回のコラボのオリジナルパスポートが数量限定で販売される。価格は大人が4,000円で、子どもが3,400円(各税込)。▲『MHP 3rd』コーナーの入り口には、ユクモ村のゲートが。すでにここから気分が高まるという人も多いのでは?

 登壇するや、手を高くあげて「ナンジャラー」とナンジャタウン式のあいさつしたのは、ナンジャタウン町長の黒田泰造さん。昨年の夏に、PSP『モンハン日記 ぽかぽかアイルー村(以下、アイルー村)』とコラボを行った際に、多くの人に何度も足を運んでいただき、大盛況だったという。明日から行われる、コラボに向けて「多くのユーザーさんにご来場いただき、コミュニティ形成の場、感動の場になることを期待しています」とコメントした。

“モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン”
▲あいさつに続いて、多くの人が来場することを期待していると語った黒田町長。前回『アイルー村』の時と比べて、4倍の規模になっているという。

 その後、『MHP 3rd』の一瀬泰範ディレクターが姿を見せる。前回『アイルー村』の反響が大きかったため、ナンジャタウンの方から、『MHP 3rd』でもコラボしたいと申し出があったという。カプコンとしても、ソフトが発売されて3カ月が経過したにもかかわらず、多くの人が『MHP 3rd』で遊んでいることを受けて「『モンスターハンター』の世界を楽しんでもらえるような場を作りたいと思い、開催することになりました」と経緯を説明した。メニューやグッズの監修は開発スタッフが行っているそうで、「ハンターにぜひ楽しんでもらいたい」とメッセージを送った。

“モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン”
▲「春休みからゴールデンウィークまで、ハンターさんたちにゲームの世界を楽しんでもらえるような場を作りたかった」と話した一瀬さん。今回のイベントにかなり期待をしている様子。
“モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン” “モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン”
▲ここで、ナンジャタウンの建国者であるナジャヴが登場し、一瀬ディレクターと除幕式を行った。赤い垂れ幕の下から、1/1スケールの教官とニャン次郎が登場。

 ナンジャアリーナでは、リアル集会所や“リアルクエスト 教官とニャン次郎からの挑戦状!”、“チャレンジ屋台~肉焼きガラポンG~”を楽しめる。入り口をくぐってすぐに、“チャレンジ屋台~肉焼きガラポンG~”があり、お金を払うと肉焼きの形をしたガラポン(抽選器)を回すことができ、缶バッヂやストラップ、コースターなどをもらえる。

“モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン” “モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン”
▲ナンジャアリーナの入り口は集会浴場への入り口のような雰囲気になっている。その左側には、グッズを購入できる“ユクモ村 道具屋”がある。
“モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン” “モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン”
“モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン” “モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン”
▲ハズレなしの“チャレンジ屋”に挑戦。何が出るかな……残念ながら、生焼け肉賞で、コースターをゲット。同行したまり蔵は、こんがり肉賞でストラップを入手していました。うらやましい!
“モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン” “モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン”
▲一瀬さんも抽選器を回していた。生焼け肉賞が出ると「うわっ、ショックだわ……練習してきます」と話し、報道陣を笑わせた。
“モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン” “モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン”
▲入った左側には、リアルクエスト“リアルクエスト 教官とニャン次郎からの挑戦状!”の受付があった。複数あるカードの中から1枚を引き、書かれているクエストに挑戦するというもの。クエストには、『MHP 3rd』のゲーム内で“こんがり肉を10個焼け”や“ナンジャタウンに隠された宝物を探せ”などさまざま。
“モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン” “モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン” “モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン”
▲あるクエストをクリアする際、同じクエストの人がいたため、一緒に挑戦した。見事にクリアして、ニャン次郎のタルの中にしまわれた“オトモアイルーチャームストラップ”をゲット!
“モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン” “モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン”
▲奥には、同時に80人が遊べるリアル集会所が設置されていた。電源タップも完備されているので、必要な時のためにACアダプターを持っていってみては?
“モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン” “モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン” “モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン”
▲他にも、肉焼きセットやユクモノシリーズをまとったプーギーやアイルーダルマもありました。
“モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン” “モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン” “モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン”
“モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン” “モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン” “モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン”
▲かなりの数のグッズが並ぶ“ユクモ村 道具屋”。購入特典として1,000円以上購入した人にはオリジナルポストカードが、2,000円以上購入した人にはオリジナルシール型ミニ携帯クリーナーがプレゼントされる。特典はなくなり次第、終了となる。

→次のページでコラボメニューを試食!

(C)CAPCOM CO., LTD.
(C)NAMCO LTD.
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
※写真のデザート・フードの写真は実物と異なる場合がある。

1 2

■“モンスターハンターポータブル 3rd in ナムコ・ナンジャタウン”
【開催期間】2011年3月12日~5月29日
【会場】ナムコ・ナンジャタウン(東京都豊島区東池袋3丁目サンシャインシティ・ワールドインポートマートビル2・3F)
【入園券】大人300円・子ども200円(園内のアトラクション・飲食は別途料金、詳しくは公式サイト参照)

データ

[an error occurred while processing this directive]

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。