電撃ドットコム > 電撃オンライン > 緊急特別企画 創造への挑戦 ナムコ・ワンダーエッグの軌跡


■花博で芽吹いた「ハイパーエンターテイメント構想」~テーマパーク出展を正式に発表~

 そして、花博も終わりに近づいた'90年9月27日。ナムコは二子玉川東地区へのテーマパーク出展を正式に決定。当時、社長室広報センターに在籍していた太田誠(現、テーマパーク事業本部部長)は、この頃からワンダーエッグのオープニングプロモーションを一手に担うことになる。
「社の経常利益以上の投資を賭けるという、まさに一大事業として記者発表を行いました。とはいえ、まだ細部まで決まっていない状態でのリリース作成には四苦八苦しましたよ」(太田談)

 テーマパークの名称は、ナムコ・ワンダーエッグ。何が誕生するかわからないこの"魔法の卵"は、記者発表を行う担当者ですら全容を把握できていなかったようだ。しかし、花博で芽吹いた「ハイパーエンターテイメント構想」は、着々と花開こうとしていたのである。

 ちなみにこの名称は、地名の"二子玉川"に因んでもいるそうだ。

社長室広報センターに在籍していた太田は、まだ詳細の決まっていないワンダーエッグのリリース作成に四苦八苦した(イメージ図)