News

2009年11月20日(金)

『MTG』の公式大会“世界選手権2009”がローマで開催中!

文:電撃オンライン

 TCG『マジック:ザ・ギャザリング』の世界選手権2009が、イタリアのローマで開催されている。

『マジック:ザ・ギャザリング』
『マジック:ザ・ギャザリング』 『マジック:ザ・ギャザリング』 『マジック:ザ・ギャザリング』

『マジック:ザ・ギャザリング』
▲『マジック:ザ・ギャザリング』の生みの親、リチャード・ガーフィールド博士。

 世界選手権は、毎年開催される『マジック:ザ・ギャザリング』の公式大会。その詳細なレポートが、『マジック:ザ・ギャザリング』日本語版公式サイトに掲載されている。

 公式サイトの“世界選手権2009 ライブカバレージ”によれば、世界選手権2009には、総勢30名の日本人プレイヤーが参加、大会初日である11月19日に行われたスタンダードでは、前評判通り“ジャンド続唱”と呼ばれる赤緑黒のデッキが高い人気を集めているとのことだ。

 初日全勝の齋藤友晴選手をはじめ、日本人プレイヤーたちも半分の15名がこのデッキを選択。好成績を収めている。また、そんな吹き荒れるジャンドの嵐の中、白単タッチ青のデッキで初日1敗という成績を収めた石村信太朗選手にも注目してほしい。

『マジック:ザ・ギャザリング』 『マジック:ザ・ギャザリング』

 本日11月20日はゼンディカーのドラフト、明後日11月21日はエクステンデッドと、まだまだ長い戦いが待っている。今後の日本人選手の活躍に期待したいところだ。

『マジック:ザ・ギャザリング』 『マジック:ザ・ギャザリング』
▲日本代表選手。▲殿堂入り選手。

『マジック:ザ・ギャザリング』 『マジック:ザ・ギャザリング』 『マジック:ザ・ギャザリング』
▲アーティストのサイン会も実施されている。▲大会のジャッジたち。▲マレーシア代表を撃破する日本代表。

(C)1995-2009 Wizards of the Coast LLC, a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved.

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。