News

2010年2月4日(木)

主役がレベル1でもなんとかなる? 『クラシックダンジョン』の魔装陣を解説

文:電撃オンライン

『クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 日本一ソフトウェアは、2月18日に発売するPSP用ソフト『クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣(ふよくのまそうじん)~』の新情報を公開した。

 本作は、2Dグラフィックの表現に定評がある日本一ソフトウェアが放つ、ドットグラフィックのアクションRPG。禁断の地、約束の場所、理想郷などなど、さまざまな形でウワサされている伝説の地“マノアカズ”で戦う冒険者の姿が描かれる。今回は、第1報では紹介しきれなかったシステム“キャラクターメイク”と“魔装陣”について、特に詳しく紹介していく。

【キャラクターメイク】

 本作に登場するプレイヤーキャラクター(主人公)は9人。ただし、その他に最大10人までオリジナルキャラクターを作成することが可能だ。もちろんオリジナルキャラクターは容姿を変えることができ、ドット単位で描くこともできる“おえかきエディタ”が搭載されている。

『クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~』 『クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~』
▲オリジナルキャラクターは、最初に職業を決める。職業は、習得する魔装陣、魔法&技、ステータスの成長率に影響を与える。戦士はスタンダードなものが多く、商人はリスクが高めのトリッキーなものがそろっている。
『クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~』 『クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~』
▲レベルアップ時に習得する技も職業ごとに異なる(左)。また条件を満たせば、主人公とオリジナルキャラクターのどちらも、別の職業に転職することができる。転職をくり返せばどんどん強化可能!(右)
『クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~』
▲敵を倒すと、魔装陣に参加したキャラクター全員に経験値が与えられる。この時、脇役でレベルアップするとSP、ATK、DEFなどが上がりやすい。主役ではHPやマナ(後述)が上がりやすくなっている。

●おえかきエディタとは?

 オリジナルキャラクターの見た目を変える“おえかきエディタ”。ドット単位で一からキャラクターをデザインすることが可能だ。基本のデザインパターンが複数用意されているので、それをアレンジしてもいい。

『クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~』 『クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~』 『クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~』
『クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~』 『クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~』 『クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~』
▲正面、背後、左、右の4方向について、データを作成すればOK。このグラフィックデータは、最大64体分を保存しておくことができる。メモリースティックを介して、他のプレイヤーとグラフィックを交換することも可能だ。
『クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~』 『クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~』
▲作ったキャラクターが、そのままゲーム内を動き回る。思うままにキャラクターをデザインしてみよう。
『クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~』
▲基本となるデザインパターン。これをもとにアレンジして、グラフィックデータを作るのもいいだろう。

→魔装陣の使い方が戦いのカギ!(2ページ目へ)

(C)2010 Nippon Ichi Software, Inc.

1 2 3

データ

▼『クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~』
■メーカー:日本一ソフトウェア
■対応機種:PSP
■ジャンル:A・RPG
■発売日:2010年2月18日
■価格:UMD版 5,229円(税込)/ダウンロード版 4,000円(税込)
 
■『クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~』UMD版の購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

この商品を買った人はこんな商品も買っています (Amazon.co.jpより)

Facebookコメント

注目記事

週間アクセスランキング

[集計期間2014年 08月16日~08月22日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。