News

2011年3月7日(月)

『ダークソウル』でどんな体験が待ち受けるのか? 独自システム“篝火”も紹介

文:電撃オンライン

『ダークソウル』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 フロム・ソフトウェアは、現在開発中のPS3用A・RPG『ダークソウル』の新情報を公開した。

『ダークソウル』

 『ダークソウル』は、高いゲーム性が好評を博した『デモンズソウル』の開発スタッフが制作する新作ダークファンタジーA・RPG。チャレンジの果てに得られる達成感や、他のプレイヤーの存在感だけが伝わる独自のネットワークシステムなど、『デモンズソウル』の基本的なおもしろさは共通しつつも、プレイヤーのロールプレイやプレイスタイルの幅が広がるような要素が新たに盛り込まれる。その概要は、ディレクターインタビューで確認してほしい。

 今回は、『ダークソウル』ならではのシステムである“篝火(かがりび)”を中心とした情報を掲載する。

■傷ついた身体を癒すみんなの憩いの場――篝火

『ダークソウル』

 “篝火”とは、他のプレイヤーと共有できる回復・補給ポイントとして登場する『ダークソウル』の独自要素。篝火の機能は、直接火に当たることでのHP回復、“エスト”と呼ばれるHP・MP回復成分の抽出など、いくつかある。篝火から得たエストは、“エスト瓶”と呼ばれるアイテムに保存でき、そのアイテムは持ち歩くことが可能だ。

 『ダークソウル』ではエスト瓶がHP回復の標準的な手段となり、このアイテムに頼る以外には、回復の奇跡などを使用する必要がある。他にも篝火は、プレイヤーキャラクターが死んだ際の再スタートポイントにもなる。

 また篝火の周囲では、ネットワークでつながった他のプレイヤーが、ぼんやりとした幻影の姿よりも少しだけはっきりした形で視認できるようになるという。そしてどうやら、この篝火にはまだ隠された機能もあるようだ。何にせよ、マップのより奥深くへと探索するための休息地となるのは間違いない。見かけたら、立ち寄るようにするべきだろう。

■『ダークソウル』の世界に待つ凶悪なモンスターたち

 見るからに恐ろしく、実際に戦ってもやはり恐ろしいと思われる『ダークソウル』のモンスターたち。彼らと対峙するシチュエーションを紹介する。

『ダークソウル』 『ダークソウル』
▲どこが肋骨で、どこが牙を持った口腔なのか判別もつかない、おどろおどろしい敵“貧食ドラゴン”。堅いうろこと雄大な翼を持った巨大な敵だ。▲プレイヤーキャラクターに対してあまりにもサイズが大きすぎる敵“爛れ続けるもの”。炎と溶岩をまとった姿に見えるが、どこを切り口にして攻撃を仕掛けていけばよいのだろうか?
『ダークソウル』 『ダークソウル』
▲月夜の森の灰色狼。大きな狼が、プレイヤーキャラクターを見下ろす。足場に何本も刺さったように見える剣は、狼に挑んで敗れていった者たちが残した物なのだろうか……。▲ガイコツの群れが襲い掛かってきている場面。多数に囲まれた状況では、正面から相手をするのも難しいだろう。何か手はあるのか?
『ダークソウル』 『ダークソウル』
▲設定原画も掲載。ゾンビと化した巨大なドラゴンのイラスト(左)と、変わった鎧を身にまとった騎士のイラスト(右)だ。

→『ダークソウル』ではどのような体験が待ち受けるのか?(2ページ目へ)

(C)2011 NBGI (C)2011 FromSoftware, Inc.

1 2

データ

イメージ
▼『ダークソウル』
■メーカー:フロム・ソフトウェア
■対応機種:PS3
■ジャンル:ARPG
■発売日:2011年9月22日
■希望小売価格:7,429円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。