News

2011年6月17日(金)

重力を操るA・AVG『GRAVITY DAZE(仮)』インタビューで気になるアソコをほじる

文:電撃オンライン

『GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 PlayStation Vitaのオリジナルタイトルとして期待を集める『GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動(仮称)(以下、GRAVITY DAZE(仮))』。先日開催されたE3期間中に、ロサンゼルスで行われた本タイトルのインタビューを掲載する。

 「重力を操るってどういうこと?」「どんなストーリーなの?」などなど、本タイトルの気になるアソコについて、クリエイティブディレクターの外山圭一郎さんに直撃インタビュー!(記事:野村一真)

『GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動(仮)』

■開発の経緯

『GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動(仮称)』

――“重力を操る”というアイデアをゲームに使おうと思われた発想の根源はどこにあったのでしょうか?

 このゲームの発想は、あるビジュアルイメージから生まれました。私はバンド・デシネの巨匠、メビウスが描く空中に人や物が浮いているようなイメージが昔から好きでして、PS3の開発が始まり新たな機能を使って何かできないかという話が上がった時、“SIXAXISの機能を使って、コントローラを傾けることで世界の重力が傾く”という、浮遊感を表現できるようなゲームが作れないかなと思ったんです。これに関連するアイデアをぼちぼちためていったのですが、このたび、PS Vitaに搭載されている精度の高いジャイロが重力をコントロールするアイデアと相性がよさそうだということで、作品として形にすることにしました。

――メビウスが描く世界を意識した上で世界観を作られているんでしょうか?

 そうですね。たまたまというか『SIREN』チームの主要スタッフに、そういったイメージが好きな人がいっぱいいまして、彼らに「やらない?」と声をかけていきました。

――となると、設定画などをかなり作り込まれた上で制作されたのですか?

 ええ。緻密(ちみつ)な設定を起こすのに長けた人材が弊社のスタジオにはたくさんいるので、細部までかなりこだわっています。このあたりの設定作成は『SIREN』のスタッフが担当していますね。本作は大きな街がメインの舞台となるのですが、看板の1つをとってもいちいち細かく作り込んでいますので、ゲーム中でさまざまなギミックを詳細に見ていくと、とてもおもしろいと思いますよ。街頭TVで流れている映像も、作品世界のなかで起きている何らかの事件だったりします。

――時代設定はどのあたりになるのでしょうか? 画面写真や映像を見る限り、中世の時代設定のようにも見受けられますが……。

 中世ではなく、文化レベル的には現代を意識しています。モデルにしているのは、北欧や東欧の街並みで、古い建物もあれば、近代的な乗り物などもあるという雰囲気です。わりとなんでもありな感じになっていますね。

『GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動(仮称)』

――ストーリーの大筋についてお聞きします。主人公の少女の他に、もう1人重力を操る少女がいるようですが、2人の絡みが中心となってストーリーが展開していくんでしょうか?

 はい。そのあたりを想像していただければ。記憶を失った主人公の少女が、1つの大きな街に放り出されているところからゲームは始まります。街は“重力嵐”という現象に襲われているのですが、主人公はその重力嵐で困っている人々を助けていくことになります。最初は周囲の人々をトラブルに巻き込んでしまい、“迷惑者”の扱いを受けてしまうのですが、徐々に理解者が増えていき、ストーリーが進むにつれ彼女自身が成長していきます。そんななかで、映像で公開されたもう1人の謎の重力使いの少女と絡むことになって……。こんな感じでストーリーが展開していきます。

――重力の発想とは直接関係がないと思いますが、空を飛ぶシーンとかを見ると、映画の『ハンコック』を思い出しました。偶然なのか『ハンコック』でも、すごい力を持ったキャラクターが2人ぐらいいたような気が……。この映画を参考にされたことはありましたか?

 例のちょっとだらしない飛び方とかは、スタッフに『ハンコック』を観せて参考にしてもらったりしました(笑)。でも、本作のストーリーの根底にあるのは、私自身が子どものころに見た1970年代のアニメの無国籍感とか、ちょっとクールな感じのライバルがいるとか、そういったイメージに近いですね。『魔女っ子メグちゃん』とか(笑)。今作は『SIREN』のような暗くて複雑なテーマではなく、わかりやすくしたいと思っています。元気の出る爽快なストーリーにしたいですね。

――『SIREN』のようなホラーものだけが外山さんのお好みというわけではないんですね。そっち方面のイメージが強いのでちょっと意外でした(笑)。

 実は怖いのを観るのは苦手なんです(笑)。でも、作るとなると楽しいんですよ。ずっとホラーをやり続けてきたおかげで、ホラーではできないことのアイデアがたまってきていたので、それをどこかで使いたいなと思っていました。

→次のページでは、ゲームの内容に迫る!(2ページ目へ)

(C)Sony Computer Entertainment Inc.

1 2

データ

▼『GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動』
■メーカー:SCE
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:アクションADV
■発売日:2012年2月9日
■希望小売価格:5,695円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。