News

2011年12月13日(火)

いよいよアニメ『アイドルマスター』もクライマックスへ! アニメPの鳥羽氏にいろいろ聞いてみました

文:電撃オンライン

 全国のプロデューサーさん、急に都心も寒い日が多くなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。電撃なにがしの『アイドルマスター』いろいろ担当・イマイチPです。現在放送中のアニメ『アイマス』、皆さんは毎週チェックされているでしょうか? 7月に放送がスタートした本作ですが、TBSでは早いもので12月に放送が終了してしまうのですね……。

 というわけで、クライマックスへと向かうアニメ『アイマス』をより楽しんでもらうべく、10月27日に発売された企画本『まるごとアイマス For You!』に掲載されたアニプレックスの鳥羽洋典プロデューサーのインタビューを、電撃オンラインでもお届けします。しかも、文字量の都合で掲載できなかった質問も加えたロングバージョン!

 ちなみに、お話を伺ったのは10月上旬。ちょうど物語が後半にさしかかったころになるので、一部ホットな質問ではなくなっていますが、ご了承ください。

『アイドルマスター』
▲鳥羽プロデューサーのインタビューをはじめ、アニメの第13話までの振り返りやPS3版『アイマス2』の攻略などが収録されている企画本『まるごとアイマス For You!』。全国の書店で絶賛発売中……だと思います、思いたい。うん。

■鳥羽洋典氏プロフィール
 アニプレックスのアニメ『アイマス』プロデューサー。原作サイドと制作現場の双方の意見を取り入れ、宣伝戦略や作品制作のさまざまな部分をとりまとめている。ちなみに、初めてのプロデュースはPSP『アイドルマスターSP』での春香とのこと。

――鳥羽さんと『アイマス』の出会いは、いつごろですか?

 プレイを始めたのは『アイマスSP』からですね。でも、Xbox 360版が発売された時から気にはなっていました。初回版の数が足りないということなどが話題になったりしてましたので。その当時はXbox 360を持っていなかったので、ネットなどでいろいろなムービーを見て「コレ、よくできてるなぁ」って。その後いろいろ調べていくうちに、アーケード版の存在とか、キャラクターそれぞれに持ち歌があるとか、そういうことも知りました。

――すぐに「アニメにしよう!」と思わなかった理由はどこに?

 『アイマス』を知れば知るほど、アニメにするのは難しいと思いました。理由の1つは、『アイマス』はファンが育てて支えているコンテンツで、2次創作の数が多く、ネタの幅も広い。皆さんがいろいろやり尽くしていたり、絵がうまい人も多い、そんな中でアニメを作るのは難しいんです。しっかりと『アイマス』を知っていて、実力のある人たちがやらないと、ファンに認めてもらえない。軽い気持ちでやったら、間違いなく失敗する可能性の方が高いなと思っていました。

――そこに今回、踏み込もうと決意した理由はなんでしょう。

 それは錦織敦史監督の存在ですね。僕は監督との付き合いも長くて、彼が『アイマス』を好きだという話はちょくちょく聞いていたんです。彼が以前在籍していたスタジオの上司の方が、バンダイナムコゲームスの坂上陽三さんと学生時代の同期だったらしく、2人が食事に行く際にその当時の上司が錦織監督を、坂上さんは石原章弘ディレクターを連れていったんです。ここでアニメ化の話が持ち上がって、僕が錦織監督から相談を受けたという流れですね。この話を聞いたとき、彼が本気で2年3年と『アイマス』に時間をささげて、それを支えるスタッフがちゃんと集まって、よい現場ができあがるのなら作品としてもスゴイものができるんじゃないかと思いました。本当に錦織監督ありきでしたね。

――そんな現場のスタッフをそろえるのも、たいへんだったのでは。

 そうですね。もちろん錦織監督も、以前から演出の経験とか、絵コンテを描くこともしていたんです。でも、今回は初めての監督ということで、今までより抱える仕事量が多いので、重要なスタッフとして演出面を支えてくれる人と作画を支えてくれる人、この2つのポジションを固める必要がありました。演出面については、高雄統子さんに入ってもらえたのが大きいです。作画を支えてくれる人というのは、趣味でも『アイマス』のイラストを描いていた錦織監督がアニメ用にデザインしたキャラ・設定を、管理してくれる人のことですね。そこで白羽の矢が立ったのが、飯塚晴子さんと髙田晃さんの2人でした。それだけじゃなく、各話の作画監督にも、実力のある方や錦織監督の後輩たちにも集まってもらったりしました。

『アイドルマスター』 『アイドルマスター』
『アイドルマスター』 『アイドルマスター』

→ちょっとずつアイドルを好きになってもらうにはどうすればいい?(2ページ目へ)

(C)窪岡俊之 (C)NBGI
(C)NBGI/PROJECT iM@S

1 2 3 4

■TVアニメ『アイドルマスター』
【放送局】TBS、MBS、CBC、RKB、BS-TBS
【放送日時】
 ・TBS……毎週木曜25:25(翌1:25)~
 ・MBS……毎週木曜26:30(翌2:30)~
 ・CBC……毎週木曜26:00(翌2:00)~
 ・RKB……毎週火曜26:25(翌2:25)~
 ・BS-TBS……毎週土曜25:00(翌1:00)~

データ

▼アニメBD『アイドルマスター(3) 完全生産限定版』
■発売元:アニプレックス
■発売日:2011年12月29日
■価格:8,190円(税込)
 
■アニメBD『アイドルマスター(3) 完全生産限定版』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼アニメDVD『アイドルマスター(3) 完全生産限定版』
■発売元:アニプレックス
■発売日:2011年12月29日
■価格:7,140円(税込)
 
■アニメDVD『アイドルマスター(3) 完全生産限定版』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『アイドルマスター2 眠り姫(1)』
■発行:アスキー・メディアワークス
■発売日:2011年12月17日
■価格:通常版 599円、ドラマCD付特装版 1,785円(各税込)
 
■『アイドルマスター2 眠り姫(1)』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『アイドルマスター2 The world is all one !!(1)』
■発行:アスキー・メディアワークス
■発売日:2011年11月26日
■価格:599円
 
■『アイドルマスター2 The world is all one !!(1)』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『アイドルマスター2 Colorful Days(1)』
■発行:アスキー・メディアワークス
■発売日:2011年10月27日
■価格:599円(税込)
 
■『アイドルマスター2 Colorful Days(1)』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『アイドルマスターオフィシャルマガジン まるごとアイマス For You!』
■発行:アスキー・メディアワークス
■発売日:2011年10月27日
■価格:1,950円(税込)
 
■『アイドルマスターオフィシャルマガジン まるごとアイマス For You!』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

『アイドルマスター』特集ページにアクセス!

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。