News

2011年12月16日(金)

人気ACTシリーズ最新作『モンスターハンター3(トライ)G』が2位以下に大差をつけて首位

文:電撃オンライン

 12月第2週のソフト販売ランキング(集計期間:2011年12月5日~11日)は、大人気ハンティングアクション『モンスターハンター』シリーズの最新作、3DS『モンスターハンター3(トライ)G』が2位以下に大差をつけてトップに立ちました。2009年8月に発売されたWii『モンスターハンター3(トライ)』をベースに、新たなモンスターや武器・防具が追加された今作。本体同梱版やスライドパッドパックを含んだ販売実績は推定52.5万本と、発売2日間で50万本を突破。店頭消化率はほとんどのお店で85~90%に達するなど、非常に好調なスタートを切りました。

 ちなみに初週実績52.5万本は、先週発売された『マリオカート7』の42.2万本を上回り、3DS歴代トップ。また、出荷本数の違いで一概に比較はできませんが、ミリオンヒットを記録したWii版(発売週52.7万本/累計109.9万本)とほぼ同じような出足となりました。任天堂ハードにとってゲームコア層の獲得は、これまで常に課題とされてきましたが、本作が今後どこまでゲームコア層を取り込めるか、次週以降の動きに注目したいと思います。

 続く2位と3位には、先週トップの3DS『マリオカート7』と3DS『スーパーマリオ 3Dランド』が顔を並べました。販売実績は『マリオカート7』が18.0万本(累計60.2万本)、『スーパーマリオ 3Dランド』が8.8万本(累計71.4万本)でした。一方、ハード市場では、前記3タイトルの活躍によって、3DSが前週比73.5%増の35.7万台と急伸。3DSが発売された2月21日週の37.4万台に次ぐ週間セールスを記録するなど、値下げ効果と有力タイトル群の発売により、ここにきて一気に販売実績を伸ばしてきました。ちなみに、3DSの累計販売台数は今週末時点で326万台に達し、発売から約9か月半で300万台を突破しています。

 この他、今週は世界中で人気を博したRPG『The Elder Scrolls』シリーズの最新作、『The Elder Scrolls V:Skyrim』のPS3版が4位にランクインしたのをはじめ、誰でも簡単にバトルが楽しめるPS3用対戦アクションゲーム『ドラゴンボール アルティメットブラスト』や、DS『とんがりボウシとおしゃれな魔法使い』といった人気シリーズの最新作が上位に初登場。旧作では、クリスマスを目前に控え、任天堂ハードの定番・キャラクター作品が総じて販売実績を伸ばしています。(アスキー総合研究所)

順位

前週

機種

タイトル名

メーカー

発売日

推定
販売数

累計
販売数

1

-

3DS

モンスターハンター3(トライ)G

カプコン

11/12/10

525,138

525,138

2

1

3DS

マリオカート7

任天堂

11/12/01

179,757

602,216

3

3

3DS

スーパーマリオ 3Dランド

任天堂

11/11/03

88,157

713,503

4

-

PS3

The Elder Scrolls V:Skyrim

ベセスダ・ソフトワークス

11/12/08

76,271

76,271

5

2

PS3

機動戦士ガンダム EXTREME VS.

バンダイナムコゲームス

11/12/01

63,940

399,830

6

-

PS3

ドラゴンボール アルティメットブラスト

バンダイナムコゲームス

11/12/08

45,050

45,050

7

-

DS

とんがりボウシとおしゃれな魔法使い

KONAMI

11/12/10

44,324

44,324

8

7

Wii

星のカービィ Wii

任天堂

11/10/27

41,024

318,225

9

-

X360

The Elder Scrolls V:Skyrim

ベセスダ・ソフトワークス

11/12/08

32,364

32,364

10

-

PSP

とある科学の超電磁砲(レールガン)

アスキー・メディアワークス

11/12/08

31,448

31,448


(アスキー総研調べ)

※カラーが付いているものは、今週の新作タイトル。
※本データに関するお問い合わせはアスキー・メディアワークスまで。

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。