News

2012年1月20日(金)

今年も『アイマス』はいろいろあるらしい!? 新年最初のライブイベント“THE IDOLM@STER WINTER C@RNIVAL!”をレポ!

文:電撃オンライン

 TVアニメ『アイドルマスター』のライブイベント“THE IDOLM@STER WINTER C@RNIVAL!”が、1月15日に東京都内のShibuya O-EASTで行われた。

 このイベントは、TVアニメ『アイドルマスター』の出演声優陣によるイベント。アニメの内容を振り返りつつ、出演陣によるライブやトークが行われた。各部の出演者は次の通り。この記事では、昼の部の模様をレポートする。

■イベント出演者(※敬称略)

【昼の部】
中村繪里子(天海春香役)/長谷川明子(星井美希役)/下田麻美(双海亜美/真美役)/浅倉杏美(萩原雪歩役)/仁後真耶子(高槻やよい役)/沼倉愛美(我那覇響役) 他

【夜の部】
中村繪里子(天海春香役)/長谷川明子(星井美希役)/下田麻美(双海亜美/真美役)/浅倉杏美(萩原雪歩役)/仁後真耶子(高槻やよい役)/原由実(四条貴音役) 他

 イベントは、TVアニメ版のプロデューサーによる影ナレでスタート。聞き慣れた社長とは一味違った親近感の沸くナレーションに、会場のプロデューサーたちからも歓迎の声が上がる。また、ここで影ナレから今回のイベントがBD&DVD8巻の特典として収録されることが明らかになった。

 続いて、TVアニメの名場面を編集したPVがスクリーンに映し出されたが、すでに会場はケミカルライトをスタンバイ状態。PVのBGMとして使われていた『READY!!』はオフボーカルにもかかわらず、「フゥフゥフゥフゥ!」とハイテンションなコールが入る。

 PV上映後、ステージに出演者6人が登場。ライトに照らされ、『READY!!』を元気に披露した。歌い終えた6人は、ここで一旦トークに移る。仁後さんが「今日のイベントは映像に残るので……」と触れると、他の出演者たちからも「たくさんカメラが入っているから気を抜かないように!」と会場のプロデューサーたちに檄(げき)が飛んでいた。

『アイドルマスター』

 トークで会場が温まってきたところで、特別ゲストとして四条貴音役の原由実さんと、音無小鳥役の滝田樹里さんがハッピ姿でステージに駆けつけた。ステージはこのまま、声優陣がそれぞれ自分の演じるキャラクターが一番輝いていたシーンを選ぶ“アイマストークカーニバル”に移る……予定だったのだが、滝田さんと原さんがコーナーの説明をしようとしてしどろもどろに。見かねた中村さんから「その台本、何が書いてあるの?」と聞かれた滝田さんは「日本語が書いてあります」と返し、会場の笑いを誘っていた。

『アイドルマスター』

 そんなドタバタもありつつ、まずは滝田さんが選ぶ“小鳥が一番輝いていたシーン”が映像とともに披露された。滝田さんが選んだのは、第21話“まるで花が咲くように”のラストで、小鳥がバーで『花』をしっとりと歌うシーン。滝田さんは「控えめなところもありながらも、歌を歌いたいという彼女の思いが出ていました」と選んだ理由を語っていた。

 続いては、沼倉さんが選んだ響のシーン。沼倉さんが挙げたのは、第15話“みんな揃って、生放送ですよ生放送!”内の1コーナー“響Challenge!”だ。放送終了までにスタジオにたどり着くマラソンに挑戦する響を見て、沼倉さんは「出番がいっぱいあってかわいい。何回見ても笑えるシーンです」と話していた。

→トークコーナーはまだまだ続く!(2ページ目へ)

(C)窪岡俊之 (C)NBGI
(C)NBGI/PROJECT iM@S

1 2 3

関連サイト

『アイドルマスター』特集ページにアクセス!

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。