News

2012年1月27日(金)

【週刊 俺の妹P続】ハイスペックな沙織&加奈子の姉たちはゲームにどう絡むのか!? そして新規衣装の黒猫Live2D映像も公開!

文:電撃オンライン

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブルが続くわけがない(初回特装版)』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 3月29日にバンダイナムコゲームスから発売される、PSP用ソフト『俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブルが続くわけがない(以下、俺の妹P続)』。その特集ページ“週刊 俺の妹P続”の第3回をお届けする。

 本作は、伏見つかさ先生が執筆する電撃文庫『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』(イラスト:かんざきひろ先生)をゲーム化したもの。内容は、2011年に発売されたPSP用ソフト『俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブル』の続編。ストーリーは、伏見先生総監修の完全オリジナルとなっており、さらに伏見先生が自ら書き下ろしたシナリオも収録される。

 今回紹介するキャラクターは、第2回で紹介した来栖加奈子(くるす かなこ)の姉・彼方(かなた)と、メインヒロインの1人である沙織・バジーナこと槙島沙織(まきしま さおり)の姉・香織(かおり)の2人。さらに記事の最後には、黒猫のLive2D映像をどこよりも早く掲載しているので、お見逃しなくっ!

来栖彼方(CV:釘宮理恵)

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブルが続くわけがない』
加奈子の姉で沙織の恩人。オタクサークル“小さな庭園(プリティーガーデン)”の元メンバー。職業は漫画家で、主に“月見里がんま”というペンネームを使っている。沙織・バジーナのトレードマークである“ぐるぐる眼鏡”は、もともと彼女のものだった。ゲームでは、加奈子ルート、沙織ルートなどに登場。

槇島香織(CV:桑島法子)

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブルが続くわけがない』
沙織の姉。オタクサークル“小さな庭園”を創設・主催していた。結婚を機にサークルは解散しており、現在はプロゲーマーとして活躍中。沙織ルートでは、原作では描かれなかった彼女の秘密が明らかになる。

●彼方&香織が気になる人は……

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブルが続くわけがない』

 ゲームでは初登場となる彼方と香織だが、現在発売中の原作小説『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の第9巻には2人が登場するエピソード“カメレオンドーター”が収録されている。

 このエピソードでは、沙織がどうして“沙織・バジーナ”を名乗るようになったのか、そのルーツについても語られているので、前作のゲームから入った人は、読んでおくといいだろう。

 →次ページではリファイン版本編のCGや
黒猫の新規衣装Live2D映像などを掲載!!(2ページ目へ)

(C)伏見つかさ/アスキー・メディアワークス/OIP
(C)2012 NBGI
※記事中のゲーム画像は開発中のものです。

1 2

データ

イメージ
▼『俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブルが続くわけがない(初回特装版)』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:ADV
■発売日:2012年5月17日
■希望小売価格:6,981円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

イメージ
▼『俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブルが続くわけがない』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:ADV
■発売日:2012年5月17日
■希望小売価格:5,981円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。